Eugène Bigot est un chef d'orchestre et compositeur français, né le 28 février 1888 à Rennes et mort à Paris le 17 juillet 1965.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Eugène Bigot est un chef d'orchestre et compositeur français, né le 28 février 1888 à Rennes et mort à Paris le 17 juillet 1965.
  • ウジェーヌ・ビゴー(Eugène Bigot, 1888年2月28日 - 1965年7月17日)は、フランス出身の指揮者。レンヌの生まれ。1905年からパリ音楽院でクサヴィエ・ルルーに和声法、アンドレ・ジェダルジェに対位法、ポール・ヴィダルに作曲法を師事。1909年からはヴェルサイユの砲兵連隊に入隊しながら勉学をつづけ、1912年に音楽院を卒業した。1913年にはシャンゼリゼ劇場の合唱団の指揮を任されたが、ほどなく第一次世界大戦に従軍している。戦後は、コンセール・パドルーのヴィオラ奏者として音楽活動を再開し、バレエ・スエドワのデジレ=エミール・アンゲルブレシュトの助手になった。1923年にはフィリップ・ゴーベールの指揮するパリ音楽院管弦楽団の副指揮者となり、1925年にはシャンゼリゼ劇場の首席指揮者に転出した。1927年にはプティ・パリジャン放送の指揮者を1934年まで務め、その後はラムルー管弦楽団の指揮者をしたり、アンゲルブレシュトの設立するフランス国立放送管弦楽団に手を貸したりしている。第二次世界大戦後は、パリ音楽院の教授として辣腕を振るい、リールやストラスブール、マルセイユなどパリ周辺の放送局でも演奏活動を展開した。1957年にパリ音楽院の座を退いてからはブザンソン国際指揮者コンクールの審査員長を務め、小澤征爾などにも助言指導を行っていた。晩年はエクサン・プロヴァンス音楽祭で指揮法のマスター・コースを開いていたが、パリで死去。
  • Eugène Bigot (28 February 1888 in Rennes, Brittany, France – 17 July 1965 in Paris) was a French composer and conductor. He also taught at the Conservatoire de Paris where his notable pupils included Émilien Allard, Louis de Froment, Henri-Claude Fantapié, António Fortunato de Figueiredo, Karel Husa, Paul Kuentz, Jean-Bernard Pommier, Pierre Rolland, and Mikis Theodorakis.
  • Eugène Bigot (* 28. Februar 1888 in Rennes; † 17. Juli 1965 in Paris) war ein französischer Komponist, Dirigent und Musiklehrer.
dbpedia-owl:bnfId
  • 13891509j
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:sudocId
  • 082303932
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:viafId
  • 27251148
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 728007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110936812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:après
prop-fr:avant
prop-fr:bnf
  • 1.2002263776E12
prop-fr:class
  • artist
prop-fr:dnb
  • 123937280 (xsd:integer)
prop-fr:id
  • mn0002175452
prop-fr:nom
prop-fr:période
  • 1935 (xsd:integer)
prop-fr:sudoc
  • 82303932 (xsd:integer)
prop-fr:viaf
  • 27251148 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Eugène Bigot est un chef d'orchestre et compositeur français, né le 28 février 1888 à Rennes et mort à Paris le 17 juillet 1965.
  • ウジェーヌ・ビゴー(Eugène Bigot, 1888年2月28日 - 1965年7月17日)は、フランス出身の指揮者。レンヌの生まれ。1905年からパリ音楽院でクサヴィエ・ルルーに和声法、アンドレ・ジェダルジェに対位法、ポール・ヴィダルに作曲法を師事。1909年からはヴェルサイユの砲兵連隊に入隊しながら勉学をつづけ、1912年に音楽院を卒業した。1913年にはシャンゼリゼ劇場の合唱団の指揮を任されたが、ほどなく第一次世界大戦に従軍している。戦後は、コンセール・パドルーのヴィオラ奏者として音楽活動を再開し、バレエ・スエドワのデジレ=エミール・アンゲルブレシュトの助手になった。1923年にはフィリップ・ゴーベールの指揮するパリ音楽院管弦楽団の副指揮者となり、1925年にはシャンゼリゼ劇場の首席指揮者に転出した。1927年にはプティ・パリジャン放送の指揮者を1934年まで務め、その後はラムルー管弦楽団の指揮者をしたり、アンゲルブレシュトの設立するフランス国立放送管弦楽団に手を貸したりしている。第二次世界大戦後は、パリ音楽院の教授として辣腕を振るい、リールやストラスブール、マルセイユなどパリ周辺の放送局でも演奏活動を展開した。1957年にパリ音楽院の座を退いてからはブザンソン国際指揮者コンクールの審査員長を務め、小澤征爾などにも助言指導を行っていた。晩年はエクサン・プロヴァンス音楽祭で指揮法のマスター・コースを開いていたが、パリで死去。
  • Eugène Bigot (28 February 1888 in Rennes, Brittany, France – 17 July 1965 in Paris) was a French composer and conductor. He also taught at the Conservatoire de Paris where his notable pupils included Émilien Allard, Louis de Froment, Henri-Claude Fantapié, António Fortunato de Figueiredo, Karel Husa, Paul Kuentz, Jean-Bernard Pommier, Pierre Rolland, and Mikis Theodorakis.
  • Eugène Bigot (* 28. Februar 1888 in Rennes; † 17. Juli 1965 in Paris) war ein französischer Komponist, Dirigent und Musiklehrer.
rdfs:label
  • Eugène Bigot (musicien)
  • Eugène Bigot
  • Eugène Bigot
  • ウジェーヌ・ビゴー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:disciple of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:élèves of
is foaf:primaryTopic of