Ettore Bastianini (né à Sienne le 24 septembre 1922 et mort à Sirmione le 25 janvier 1967) est un chanteur lyrique.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ettore Bastianini (né à Sienne le 24 septembre 1922 et mort à Sirmione le 25 janvier 1967) est un chanteur lyrique.
  • Ettore Bastianini (* 24. September 1922 in Siena; † 25. Januar 1967 in Sirmione) war ein italienischer Bariton.
  • Ettore Bastianini (Siena, Toscana, 14 de setembre de 1922 - Sirmione, Brèscia, 25 de novembre de 1967) fou un baríton italià.Després d'una primera dedicació a l'esport, s'orientà envers el cant i el 1945 debuta com a Baix (veu)baix a Ravenna en el paper de Colline de La bohème. El 1948, debutà en La Scala de Milà, on aviat cridà l'atenció pel seu sòlid timbre; envers l'any 1952, canvià de registre i a partir de llavors es distingí encara més com a baríton.Per la temporada 1953-1954, cantà La traviata i Il trovatore en el Metropolitan de Nova York, el que suposà la seva consagració com a gran cantant internacional. El 1956, tornà La Scala envoltat en una aura d'èxits. Cantà Un ballo in maschera, i en la temporada següent interpretà Nabucco i Il pirata. Tornà el 1958-1959 amb Ernani i un any més tard amb el celebre Poliuto al costat de Maria Callas i Franco Corelli.El seu prestigi fou enorme per la força de la seva veu, no gaire atenta a matisos però sí a imposar-se en escena amb un timbre admirable i poderós, prestigi el qual tardà molts anys ha esvair-se entre els aficionats i que li obrí les portes dels estudis discogràfics.Fou diagnosticat amb càncer de gola en 1962 però seguí actuant. Les seves actuacions anaren perdent qualitat i el 1965 fou xiulat durat una funció de la Tosca. Un tumor al cervell posà fi a la seva carrera a finals de 1965, morint dos anys més tard. En la seva ciutat de Siena li posaren el seu nom a un carrer.
  • Ettore Bastianini (September 24, 1922 – January 25, 1967) was an Italian opera singer who was particularly associated with the operas of Verdi.
  • Ettore Bastianini (24 de Setembro de 1922 - 5 de Janeiro de 1967) foi um barítono italiano, particularmente associado as óperas de Giuseppe Verdi. Teve uma carreira internacional de sucesso durante os anos 1945 e 1965, morrendo tragicamente de cancro em 1967. Começa a sua carreira profissional como baixo, trabalhando em casas de óperas em Itália e em tournée pelo Egipto e Venezuela, durante a década de 1940. Em 1952 inicia a sua carreira como barítono, sendo aclamado e reconhecido rapidamente aparecendo, consequentemente, nas maiores e melhores casas de ópera Europeias e Estados Unidos. Apresentou-se frequentemente no La Scala de Milão entre 1954 até 1963 e na Ópera Estatal de Viena entre 1958 até 1964. Foi também membro do Metropolitan Opera de Nova Iorque entre 1954 até 1957 e novamente em 1965, último ano de sua carreira.
  • Ettore Bastianini (Siena, 24 settembre 1922 – Sirmione, 25 gennaio 1967) è stato un baritono italiano.
  • エットーレ・バスティアニーニ(Ettore Bastianini, 1922年9月24日 - 1967年1月25日)は、イタリアのバリトン歌手。特にヴェルディのオペラで優れた歌唱を残した。シエナで父親不在の貧しい家庭に生まれ、地元の合唱団にバスとして参加、兵役の後1946年に『ラ・ボエーム』(プッチーニ)のコッリーネ役で初舞台を踏む。バス歌手としてもそこそこの評価を得ていたらしく、1948年には『エディプス王』(ストラヴィンスキー)のティレシアス役でスカラ座デビューも果たしている。しかし彼は低域の発声に困難を感じバリトンに転向するため休業、再研鑽する。再デビューは1952年、地元シエナのリンノヴァーティ劇場で『椿姫』(ヴェルディ)のジョルジョ・ジェルモン役。以後1953年にはメトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)、1954年にスカラ座(バリトンとして)、1958年にはウィーン国立歌劇場にデビューするなど、世界的な活躍を開始する。気品のある、そして若干の哀愁を帯びた声色、滑らかなレガート、正確な発音などで、特にヴェルディのオペラにおけるバリトン役、『エルナーニ』(国王ドン・カルロ)、『リゴレット』、『トロヴァトーレ』(ルーナ伯爵)、『椿姫』(ジェルモン)、『仮面舞踏会』(レナート)、『ドン・カルロ』(ロドリーゴ)、『運命の力』(ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス)においてその評価は今日でも高い。また、舞台上での演技の巧拙に関しては両論あるものの、その端正な顔立ちと凛々しい舞台姿は多くの女性ファンを虜にしたという。ソプラノでレナータ・テバルディとマリア・カラス、テノールではマリオ・デル=モナコ、ジュゼッペ・ディ・ステファーノ、フランコ・コレッリなど群雄割拠の「オペラ黄金時代」1950年代にあってそれら大歌手と共演して数々の名舞台、名録音を残している。ひとつ惜しまれるのは『オテロ』のイヤーゴ役の全曲録音を残さなかったことであった。1960年に英デッカ・レコードは指揮カラヤン、共演テバルディ、デル=モナコというキャストで同曲の録音を開始したが、バスティアニーニはカラヤンと曲作りを巡って衝突、急遽アルド・プロッティに交代させることで録音が完成している。1962年に発声に何らかの支障を感じ、診察を受けたバスティアニーニを待っていたのは、咽頭癌という診断結果であった。外科手術の可能性も検討されたようだが、歌手生命を絶たれる事態を恐れた彼は放射線治療を選択する。しかし放射線治療によっても声帯への悪影響は避けられず、1963年頃の演奏評には、彼の歌唱には以前の輝きが失われた、とするものも多い。もっとも当時バスティアニーニの病状は本人と医師以外知る者はなく、不調も単に演奏過多による発声障害と一般には考えられていた。舞台出演が次第に減少していく中で、1965年には彼の念願だった『オテロ』のイヤーゴ役を生涯でただ一回、カイロで演じている。癌の転移のため同年末からは舞台に立つことすら困難な健康状態となり事実上引退、ひそかな闘病生活も空しく、1967年にガルダ湖畔のシルミオーネにて44歳の若さで世を去った。日本には歌手生活晩年に当たる1963年と1965年の2度演奏旅行に訪れており、1965年には最後のスタジオ録音(イタリア歌曲集)が日本でなされている。
  • Ettore Bastianini (Siena, 24 de septiembre de 1922 – Sirmione, 25 de enero de 1967) fue un barítono italiano considerado uno de los mejores exponentes de su cuerda en la década 50-60.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1922-09-24 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1967-01-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:tessitura
  • baryton (voix)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 166336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109772172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:activitéPrincipale
  • artiste lyrique
prop-fr:charte
  • classique
prop-fr:dateDeDécès
  • 1967-01-25 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1922-09-24 (xsd:date)
prop-fr:genre
prop-fr:lieuDeDécès
  • Sirmione,
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Sienne,
prop-fr:nom
  • Ettore Bastianini
prop-fr:tessiture
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Ettore Bastianini (né à Sienne le 24 septembre 1922 et mort à Sirmione le 25 janvier 1967) est un chanteur lyrique.
  • Ettore Bastianini (* 24. September 1922 in Siena; † 25. Januar 1967 in Sirmione) war ein italienischer Bariton.
  • Ettore Bastianini (September 24, 1922 – January 25, 1967) was an Italian opera singer who was particularly associated with the operas of Verdi.
  • Ettore Bastianini (Siena, 24 settembre 1922 – Sirmione, 25 gennaio 1967) è stato un baritono italiano.
  • エットーレ・バスティアニーニ(Ettore Bastianini, 1922年9月24日 - 1967年1月25日)は、イタリアのバリトン歌手。特にヴェルディのオペラで優れた歌唱を残した。シエナで父親不在の貧しい家庭に生まれ、地元の合唱団にバスとして参加、兵役の後1946年に『ラ・ボエーム』(プッチーニ)のコッリーネ役で初舞台を踏む。バス歌手としてもそこそこの評価を得ていたらしく、1948年には『エディプス王』(ストラヴィンスキー)のティレシアス役でスカラ座デビューも果たしている。しかし彼は低域の発声に困難を感じバリトンに転向するため休業、再研鑽する。再デビューは1952年、地元シエナのリンノヴァーティ劇場で『椿姫』(ヴェルディ)のジョルジョ・ジェルモン役。以後1953年にはメトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)、1954年にスカラ座(バリトンとして)、1958年にはウィーン国立歌劇場にデビューするなど、世界的な活躍を開始する。気品のある、そして若干の哀愁を帯びた声色、滑らかなレガート、正確な発音などで、特にヴェルディのオペラにおけるバリトン役、『エルナーニ』(国王ドン・カルロ)、『リゴレット』、『トロヴァトーレ』(ルーナ伯爵)、『椿姫』(ジェルモン)、『仮面舞踏会』(レナート)、『ドン・カルロ』(ロドリーゴ)、『運命の力』(ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス)においてその評価は今日でも高い。また、舞台上での演技の巧拙に関しては両論あるものの、その端正な顔立ちと凛々しい舞台姿は多くの女性ファンを虜にしたという。ソプラノでレナータ・テバルディとマリア・カラス、テノールではマリオ・デル=モナコ、ジュゼッペ・ディ・ステファーノ、フランコ・コレッリなど群雄割拠の「オペラ黄金時代」1950年代にあってそれら大歌手と共演して数々の名舞台、名録音を残している。ひとつ惜しまれるのは『オテロ』のイヤーゴ役の全曲録音を残さなかったことであった。1960年に英デッカ・レコードは指揮カラヤン、共演テバルディ、デル=モナコというキャストで同曲の録音を開始したが、バスティアニーニはカラヤンと曲作りを巡って衝突、急遽アルド・プロッティに交代させることで録音が完成している。1962年に発声に何らかの支障を感じ、診察を受けたバスティアニーニを待っていたのは、咽頭癌という診断結果であった。外科手術の可能性も検討されたようだが、歌手生命を絶たれる事態を恐れた彼は放射線治療を選択する。しかし放射線治療によっても声帯への悪影響は避けられず、1963年頃の演奏評には、彼の歌唱には以前の輝きが失われた、とするものも多い。もっとも当時バスティアニーニの病状は本人と医師以外知る者はなく、不調も単に演奏過多による発声障害と一般には考えられていた。舞台出演が次第に減少していく中で、1965年には彼の念願だった『オテロ』のイヤーゴ役を生涯でただ一回、カイロで演じている。癌の転移のため同年末からは舞台に立つことすら困難な健康状態となり事実上引退、ひそかな闘病生活も空しく、1967年にガルダ湖畔のシルミオーネにて44歳の若さで世を去った。日本には歌手生活晩年に当たる1963年と1965年の2度演奏旅行に訪れており、1965年には最後のスタジオ録音(イタリア歌曲集)が日本でなされている。
  • Ettore Bastianini (Siena, 24 de septiembre de 1922 – Sirmione, 25 de enero de 1967) fue un barítono italiano considerado uno de los mejores exponentes de su cuerda en la década 50-60.
  • Ettore Bastianini (Siena, Toscana, 14 de setembre de 1922 - Sirmione, Brèscia, 25 de novembre de 1967) fou un baríton italià.Després d'una primera dedicació a l'esport, s'orientà envers el cant i el 1945 debuta com a Baix (veu)baix a Ravenna en el paper de Colline de La bohème.
  • Ettore Bastianini (24 de Setembro de 1922 - 5 de Janeiro de 1967) foi um barítono italiano, particularmente associado as óperas de Giuseppe Verdi. Teve uma carreira internacional de sucesso durante os anos 1945 e 1965, morrendo tragicamente de cancro em 1967. Começa a sua carreira profissional como baixo, trabalhando em casas de óperas em Itália e em tournée pelo Egipto e Venezuela, durante a década de 1940.
rdfs:label
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • Ettore Bastianini
  • エットーレ・バスティアニーニ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ettore Bastianini
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of