Ethel Warneford Thomson dite Ethel Thomson (8 juin 1879 à Islington, Grand Londres – 11 août 1965 à Budleigh Salterton) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Ethel Thomson-Larcombe.Elle a notamment remporté le tournoi de Wimbledon en simple dames en 1912 contre Charlotte Cooper et le double mixte deux ans plus tard, associée à James Cecil Parke.Ethel Thomson était aussi une joueuse de badminton émérite.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ethel Warneford Thomson dite Ethel Thomson (8 juin 1879 à Islington, Grand Londres – 11 août 1965 à Budleigh Salterton) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Ethel Thomson-Larcombe.Elle a notamment remporté le tournoi de Wimbledon en simple dames en 1912 contre Charlotte Cooper et le double mixte deux ans plus tard, associée à James Cecil Parke.Ethel Thomson était aussi une joueuse de badminton émérite.
  • Ethel Thomson Warneford Larcombe (Islington, 8 giugno 1879 – Budleigh Salterton, 11 agosto 1965) è stata una tennista e giocatrice di badminton britannica.Ha sposato Major Dudley Larcomb, segretario dell' All-England Club dal 1925 al 1939.
  • Ethel Thomson Larcombe, de nombre de soltera Ethel Warneford Thomson, (Islington, Middlesex, Inglaterra, 8 de junio de 1879-Budleigh Salterton, Devon, Inglaterra, 11 de agosto de 1965) fue una tenista inglesa ganadora de Wimbledon en la edición de 1912.
  • エセル・トムソン・ラーコム(Ethel Thomson Larcombe, 1879年6月8日 - 1965年8月11日)は、イングランド・ミドルセックス州イズリントン出身の女子テニス選手。1900年代から1910年代にかけてウィンブルドン選手権で活躍し、女子シングルスで1912年、女子ダブルスで1914年に優勝した。旧姓 Ethel Warneford Thomson (エセル・ウォーンフォード・トムソン)という名前であったが、1906年にダドリー・ラーコム(Dudley Larcombe)と結婚した。エセル・トムソン・ラーコムは優れたバドミントン選手としても知られ、テニスのウィンブルドン選手権と並行して、イギリス国内のバドミントン大会でも多数のタイトルを獲得した。エセル・トムソンは1902年からウィンブルドン選手権に出場し始めたが、1900年代前半の彼女はテニスよりもバドミントン大会での活躍が多く、「オール・イングランド・バドミントン選手権」(All England Badminton Championships)で女子シングルス5勝・女子ダブルス4勝・混合ダブルス2勝を記録している。1903年のウィンブルドン選手権で、トムソンは初めて「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に勝ち進んだが、ドロテア・ダグラスに 6-4, 4-6, 2-6 の逆転で敗れた。当時はチャレンジ・ラウンドの優勝者と大会前年度優勝者による「オールカマーズ・ファイナル」で優勝を決定していたが、1902年の優勝者だったミュリエル・ロブが大会に出場できなかったため、オールカマーズ・ファイナルは行われず、チャレンジ・ラウンド優勝者のダグラスと準優勝者のトムソンが優勝記録表に記載される。初めてチャレンジ・ラウンド決勝に進出した年、トムソンは混合ダブルスで初優勝した。 注:最初期のウィンブルドン選手権では、女子ダブルスと混合ダブルスの2部門は正式競技ではなかった。「選手権公認外競技」(Non-Championship Event)として扱われていた時代に行われたものは、現在はウィンブルドン選手権の公式優勝記録に数えられない。1913年以後の記録が、選手権の公式大会(Full Championship Event)として扱われる。この非公式競技の時代に、トムソンは1903年・1904年に混合ダブルス2連覇、1904年・1905年に女子ダブルス2連覇がある。1906年にダドリー・ラーコムと結婚した後、エセル・トムソンはしばらく競技生活から遠ざかった。結婚から6年後、1912年にエセル・トムソン・ラーコムはウィンブルドン選手権に復帰し、その後はテニスに専念した。この年、ラーコムは「チャレンジ・ラウンド」決勝でシャーロット・クーパー・ステリーを 6-3, 6-1 で破って初優勝を飾った。1911年度の優勝者ドロテア・ダグラス・チェンバースが第2子妊娠のため大会に出場できず、「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかったため、チャレンジ・ラウンド優勝者のラーコムが1912年度の女子シングルス優勝者になった。この年は、まだ「選手権公認外競技」だった混合ダブルス部門でもジェームズ・パーク(1881年 - 1946年)と組んで優勝している。1913年から、女子ダブルスと混合ダブルスの2部門がウィンブルドン選手権の正式競技に加えられ、優勝記録表にも公式記録として記載されるようになった。ところが、1913年の混合ダブルス決勝の試合中に、相手組選手の打球がラーコムの目に当たり、彼女は途中棄権を余儀なくされる。そのため、大会前年優勝者として自動的に出場できる「オールカマーズ・ファイナル」も断念し、この年の女子シングルスはドロテア・ダグラス・チェンバースが優勝した。1914年のウィンブルドン選手権で、ラーコムは女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」決勝でエリザベス・ライアンを破り、2度目の決勝進出を果たした。ところが、「オールカマーズ・ファイナル」ではチェンバースに 5-7, 4-6 のストレートで敗れ、2年ぶり2度目の優勝を逃す。混合ダブルスでは3年連続でジェームズ・パークとペアを組み、公式競技になってからの初優勝を果たした。この年に第1次世界大戦が勃発し、ウィンブルドン選手権も1915年から1918年まで開催が中止された。終戦後の1919年に再開されたウィンブルドン選手権で、ラーコムはドロテア・ダグラス・チェンバースと女子ダブルスのペアを組んだが、2年連続でスザンヌ・ランラン&エリザベス・ライアン組に敗れて準優勝に終わった。最後のウィンブルドン出場から2年後、1922年にラーコムは43歳でテニスの「ティーチング・プロ」になった。夫のダドリー・ラーコムは、1925年から1939年までの14年間、ウィンブルドン選手権を運営する「オール・イングランド・クラブ」の秘書を務めた。20世紀初頭のウィンブルドン選手権に歴史を刻んだエセル・トムソン・ラーコムは、1965年8月11日にイギリス・デボン州にて86歳で長逝した。
  • Ethel Larcombeová, rodným jménem Ethel Warnefordová Thomsonová (8. června 1879, Islington, Middlesex, Anglie – 11. srpna 1965, Budleigh Salterton, Devon) byla anglická tenistka a badmintonistka, vítězka dvouhry ve Wimbledonu 1912.
  • Ethel Larcombe (born Ethel Warneford Thomson on 8 June 1879 in Islington, Middlesex, England; died 11 August 1965 in Budleigh Salterton, Devon, England) was a British female tennis player and badminton player. She is best remembered for winning the ladies' singles title at the 1912 Wimbledon Championships.
  • Ethel Thomson Larcombe (* 8. Juni 1879 in Islington, London als Ethel Warneford Thomson; † 11. August 1965 in Budleigh Salterton) war eine englische Tennis- und Badmintonspielerin.Ihren größten Erfolg im Tennis feierte sie 1912 bei den englischen Tennismeisterschaften in Wimbledon, als sie im Finale Charlotte Cooper besiegte. Außerdem gewann sie 1914 den Mixedwettbewerb zusammen mit James Parke.In den Jahren 1903 und 1904 gewann sie zudem die Doppelkonkurrenz in Wimbledon, die aber erst ab 1913 als echter Bestandteil der All England Lawn Tennis Championships geführt werden.Im Badminton siegte sie elf Mal bei den All England, davon fünf Mal im Einzel, vier Mal im Doppel und zwei Mal im Mixed.
  • Ethel Warneford Thomson, zamężna Larcombe (ur. 8 czerwca 1879 w Islington, zm. 11 sierpnia 1965 w Budleigh Salterton), tenisistka brytyjska, zwyciężczyni Wimbledonu.Wielokrotna uczestniczka turnieju wimbledońskiego przed I wojną światową i w pierwszych latach powojennych, swój jedyny tytuł w grze pojedynczej zdobyła w 1912. W finale turnieju pretendentek (All Comers) pokonała 42-letnią Charlotte Sterry, a do właściwego finału (challenge round) nie doszło ze względu na nieobecność broniącej tytułu Dorothei Douglass Chambers. Thomson, od 1906 występująca pod małżeńskim nazwiskiem Larcombe, występowała ponadto w finałach w 1903 i 1914, w obu przypadkach przegrywając z Douglass. W 1919 na Wimbledonie uległa późniejszej zwyciężczyni Francuzce Suzanne Lenglen. Na turnieju wimbledońskim triumfowała także w grze mieszanej. Do 1913 konkurencja ta była rozgrywana nieoficjalnie, a Thomson triumfowała w 1903, 1904 (z Sidneyem Smithem) i 1912 (z Jamesem Parke). Mikst Larcombe / Parke był także w finale pierwszej edycji oficjalnej gry mieszanej w 1913 (skreczowali w drugim secie), a w 1914 odniósł zwycięstwo (w finale pokonali Tony Wildinga i Marguerite Broquedis). Ponadto Larcombe z Edith Boucher Hannam przegrała finał debla w 1914 do pary Agnes Morton i Elizabeth Ryan.Thomson Larcombe mogła się także pochwalić mistrzostwem Irlandii w singlu i mikście (1912), mistrzostwem Szkocji w singlu i mikście (1910, 1911, 1912) oraz deblu (1910 i 1912). Sukcesy odnosiła nie tylko w tenisie, była wielkokrotną mistrzynią Anglii w badmintonie (pięć razy w grze pojedynczej, cztery razy w grze podwójnej, dwa razy w grze mieszanej). W 1922 zakończyła karierę amatorską i została zawodową trenerką tenisa.Jej mąż, major Dudley Larcombe, pełnił w latach 1925-1939 funkcję sekretarza All England Club, organizatora turniejów wimbledońskich.Osiągnięcia w turnieju wimbledońskim: gra pojedyncza wygrana 1912 finały 1903, 1914 gra podwójna finał 1914, 1919, 1920 (z Edith Boucher Hannam) gra mieszana wygrane 1903, 1904 (obie z Sidneyem Smithem), 1912 (z Jamesem Parke, wszystkie edycje nieoficjalne), 1914 (z Jamesem Parke) finał 1913 (z Jamesem Parke)Występy w challenge round na Wimbledonie: 1903 - 6:4, 4:6, 2:6 z Dorotheą Douglass (All Comers) 1912 - 6:3, 6:1 z Charlotte Sterry 1914 - 5:7, 4:6 z Dorotheą Douglass ChambersŹródła: Bud Collins, Tennis Encyclopedia, Visible Ink Press, Detroit 1997 Martin Hedges, The Concise Dictionary of Tennis, Mayflower Books Inc, Nowy Jork 1978
dbpedia-owl:birthDate
  • 1879-06-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1965-08-11 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Larcombe
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3138805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106467727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • F (3)
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • V (1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • V (1)
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1912-06-24 (xsd:date)
  • 1913-06-23 (xsd:date)
  • 1914-06-22 (xsd:date)
  • 1919-06-23 (xsd:date)
  • 1920-06-21 (xsd:date)
  • ??/06/1903
prop-fr:dateDeDécès
  • 1965-08-11 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1879-06-08 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Marguerite Broquedis
  • Charlotte Cooper
  • Anthony Wilding
prop-fr:lieuDeDécès
  • Budleigh Salterton
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Islington
prop-fr:nom
  • Ethel Thomson
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Larcombe
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:pn
  • Dorothea Douglass
  • Edith Hannam
  • James Cecil Parke
prop-fr:score
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
prop-fr:v
  • Dorothea Douglass
  • Elizabeth Ryan
  • Suzanne Lenglen
  • Agnes Morton
  • Agnes Tuckey
  • Hope Crisp
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • F
prop-fr:wimbledonMixte
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • V
  • V
prop-fr:édition
  • The Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Ethel Warneford Thomson dite Ethel Thomson (8 juin 1879 à Islington, Grand Londres – 11 août 1965 à Budleigh Salterton) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Ethel Thomson-Larcombe.Elle a notamment remporté le tournoi de Wimbledon en simple dames en 1912 contre Charlotte Cooper et le double mixte deux ans plus tard, associée à James Cecil Parke.Ethel Thomson était aussi une joueuse de badminton émérite.
  • Ethel Thomson Warneford Larcombe (Islington, 8 giugno 1879 – Budleigh Salterton, 11 agosto 1965) è stata una tennista e giocatrice di badminton britannica.Ha sposato Major Dudley Larcomb, segretario dell' All-England Club dal 1925 al 1939.
  • Ethel Thomson Larcombe, de nombre de soltera Ethel Warneford Thomson, (Islington, Middlesex, Inglaterra, 8 de junio de 1879-Budleigh Salterton, Devon, Inglaterra, 11 de agosto de 1965) fue una tenista inglesa ganadora de Wimbledon en la edición de 1912.
  • エセル・トムソン・ラーコム(Ethel Thomson Larcombe, 1879年6月8日 - 1965年8月11日)は、イングランド・ミドルセックス州イズリントン出身の女子テニス選手。1900年代から1910年代にかけてウィンブルドン選手権で活躍し、女子シングルスで1912年、女子ダブルスで1914年に優勝した。旧姓 Ethel Warneford Thomson (エセル・ウォーンフォード・トムソン)という名前であったが、1906年にダドリー・ラーコム(Dudley Larcombe)と結婚した。エセル・トムソン・ラーコムは優れたバドミントン選手としても知られ、テニスのウィンブルドン選手権と並行して、イギリス国内のバドミントン大会でも多数のタイトルを獲得した。エセル・トムソンは1902年からウィンブルドン選手権に出場し始めたが、1900年代前半の彼女はテニスよりもバドミントン大会での活躍が多く、「オール・イングランド・バドミントン選手権」(All England Badminton Championships)で女子シングルス5勝・女子ダブルス4勝・混合ダブルス2勝を記録している。1903年のウィンブルドン選手権で、トムソンは初めて「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に勝ち進んだが、ドロテア・ダグラスに 6-4, 4-6, 2-6 の逆転で敗れた。当時はチャレンジ・ラウンドの優勝者と大会前年度優勝者による「オールカマーズ・ファイナル」で優勝を決定していたが、1902年の優勝者だったミュリエル・ロブが大会に出場できなかったため、オールカマーズ・ファイナルは行われず、チャレンジ・ラウンド優勝者のダグラスと準優勝者のトムソンが優勝記録表に記載される。初めてチャレンジ・ラウンド決勝に進出した年、トムソンは混合ダブルスで初優勝した。 注:最初期のウィンブルドン選手権では、女子ダブルスと混合ダブルスの2部門は正式競技ではなかった。「選手権公認外競技」(Non-Championship Event)として扱われていた時代に行われたものは、現在はウィンブルドン選手権の公式優勝記録に数えられない。1913年以後の記録が、選手権の公式大会(Full Championship Event)として扱われる。この非公式競技の時代に、トムソンは1903年・1904年に混合ダブルス2連覇、1904年・1905年に女子ダブルス2連覇がある。1906年にダドリー・ラーコムと結婚した後、エセル・トムソンはしばらく競技生活から遠ざかった。結婚から6年後、1912年にエセル・トムソン・ラーコムはウィンブルドン選手権に復帰し、その後はテニスに専念した。この年、ラーコムは「チャレンジ・ラウンド」決勝でシャーロット・クーパー・ステリーを 6-3, 6-1 で破って初優勝を飾った。1911年度の優勝者ドロテア・ダグラス・チェンバースが第2子妊娠のため大会に出場できず、「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかったため、チャレンジ・ラウンド優勝者のラーコムが1912年度の女子シングルス優勝者になった。この年は、まだ「選手権公認外競技」だった混合ダブルス部門でもジェームズ・パーク(1881年 - 1946年)と組んで優勝している。1913年から、女子ダブルスと混合ダブルスの2部門がウィンブルドン選手権の正式競技に加えられ、優勝記録表にも公式記録として記載されるようになった。ところが、1913年の混合ダブルス決勝の試合中に、相手組選手の打球がラーコムの目に当たり、彼女は途中棄権を余儀なくされる。そのため、大会前年優勝者として自動的に出場できる「オールカマーズ・ファイナル」も断念し、この年の女子シングルスはドロテア・ダグラス・チェンバースが優勝した。1914年のウィンブルドン選手権で、ラーコムは女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」決勝でエリザベス・ライアンを破り、2度目の決勝進出を果たした。ところが、「オールカマーズ・ファイナル」ではチェンバースに 5-7, 4-6 のストレートで敗れ、2年ぶり2度目の優勝を逃す。混合ダブルスでは3年連続でジェームズ・パークとペアを組み、公式競技になってからの初優勝を果たした。この年に第1次世界大戦が勃発し、ウィンブルドン選手権も1915年から1918年まで開催が中止された。終戦後の1919年に再開されたウィンブルドン選手権で、ラーコムはドロテア・ダグラス・チェンバースと女子ダブルスのペアを組んだが、2年連続でスザンヌ・ランラン&エリザベス・ライアン組に敗れて準優勝に終わった。最後のウィンブルドン出場から2年後、1922年にラーコムは43歳でテニスの「ティーチング・プロ」になった。夫のダドリー・ラーコムは、1925年から1939年までの14年間、ウィンブルドン選手権を運営する「オール・イングランド・クラブ」の秘書を務めた。20世紀初頭のウィンブルドン選手権に歴史を刻んだエセル・トムソン・ラーコムは、1965年8月11日にイギリス・デボン州にて86歳で長逝した。
  • Ethel Larcombeová, rodným jménem Ethel Warnefordová Thomsonová (8. června 1879, Islington, Middlesex, Anglie – 11. srpna 1965, Budleigh Salterton, Devon) byla anglická tenistka a badmintonistka, vítězka dvouhry ve Wimbledonu 1912.
  • Ethel Larcombe (born Ethel Warneford Thomson on 8 June 1879 in Islington, Middlesex, England; died 11 August 1965 in Budleigh Salterton, Devon, England) was a British female tennis player and badminton player. She is best remembered for winning the ladies' singles title at the 1912 Wimbledon Championships.
  • Ethel Warneford Thomson, zamężna Larcombe (ur. 8 czerwca 1879 w Islington, zm. 11 sierpnia 1965 w Budleigh Salterton), tenisistka brytyjska, zwyciężczyni Wimbledonu.Wielokrotna uczestniczka turnieju wimbledońskiego przed I wojną światową i w pierwszych latach powojennych, swój jedyny tytuł w grze pojedynczej zdobyła w 1912.
  • Ethel Thomson Larcombe (* 8. Juni 1879 in Islington, London als Ethel Warneford Thomson; † 11. August 1965 in Budleigh Salterton) war eine englische Tennis- und Badmintonspielerin.Ihren größten Erfolg im Tennis feierte sie 1912 bei den englischen Tennismeisterschaften in Wimbledon, als sie im Finale Charlotte Cooper besiegte.
rdfs:label
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomson Larcombe
  • Ethel Thomsonová Larcombeová
  • Ларкомб, Этель
  • エセル・トムソン・ラーコム
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ethel Thomson
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:champion of
is prop-fr:finaliste of
is foaf:primaryTopic of