Emma Bardac (1862–1934), née Moyse, est une cantatrice française connue pour avoir été l'amante de Gabriel Fauré et l'épouse de Claude Debussy.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Emma Bardac (1862–1934), née Moyse, est une cantatrice française connue pour avoir été l'amante de Gabriel Fauré et l'épouse de Claude Debussy.
  • Emma Bardac (1862–1934), née Moyse, was the mutual love interest of both Gabriel Fauré and Claude Debussy. Of Jewish descent, Emma married, aged 17, Parisian banker Sigismond Bardac, by whom she had two children, Raoul, and Hélène (later Madame Gaston de Tinan (1892–1985)). Emma was an accomplished singer and brilliant conversationalist. Fauré wrote his Dolly Suite in the 1890s for Hélène and La bonne chanson for Emma herself.After her affair with Fauré, Emma was introduced to Debussy in late 1903 by her son Raoul, one of his students. Emma and Sigismond were divorced on 4 May 1905, and she eventually married Debussy in 1908. Bardac had a child by Debussy, a daughter, Claude-Emma, nicknamed 'Chou-Chou' (born 30 October 1905), and dedicatee of his Children's Corner Suite composed in 1909. Claude-Emma died of diphtheria in 1919, the year after her father's death. Emma Bardac died in 1934 and, like Claude-Emma, was laid to rest in Debussy's grave in the Cimetière de Passy in Paris.In a documentary film called The Loves of Emma Bardac directed by Thomas Mowrey, the accomplished duo-pianists Katia and Marielle Labeque perform a selection of pieces by composers Bizet, Fauré and Debussy. Emma also is featured in Ken Russell's The Debussy Film.
  • エンマ・バルダック(Emma Bardac, 1862年 – 1934年)は、フランスの声楽家。19世紀末のパリで歌手であった。17歳で銀行家のシジスモン・バルダック(Sigismond Bardac)と結婚し、子を2人もうけた。後のドビュッシーの教え子ラウルとエレーヌである。後にガブリエル・フォーレとクロード・ドビュッシーの両方から求愛され、元夫と離婚し、後者と再婚した。フォーレはエンマとその娘エレーヌ(愛称ドリー)のために組曲『ドリー』を作曲した。一説にはエレーヌはフォーレとの不義の子とも言われる。特に第1曲『子守唄』はエレーヌ(ドリー)を描写しており、また第2曲『ミアウー』は本来エレーヌが兄ラウルのことを「ムッシュー・ラウル Monsieur Laoul (ラウルお兄様)」と敬称を付けて言うはずが、幼い口で上手く言えずにメシュー・アウー Messieu Aoul!になってしまうことを描写した題名だったが、出版社の判断で一般的なネコの鳴き声としての表記に改められた。またエンマのために歌曲集『優しい歌』を作曲した。しかし、フォーレとの愛人関係を終えてから、自分と同い年のドビュッシーに長男ラウルを師事させ、この関係がもとで恋愛関係となった。両者とも不倫の関係であるにもかかわらず、紆余曲折の末に1908年にドビュッシーと結婚した。ドビュッシーはエンマとの間に儲けた一粒種の娘クロード=エンマをシュシュ Chouchou(キャベツちゃん)と呼んで溺愛し、この娘のために組曲『子供の領分』(1909年)を作曲した。娘クロード=エンマは父の死に際して片親違いの兄ラウルに自らの激情を綴った手紙を送っており、ラウルとの兄妹関係は良好だったものと見られる。これは原文(の自筆コピー)がサン・ジェルマン=アン=レーのドビュッシー博物館に展示されているほか、ドビュッシー書簡集のフランス語原版の改訂版にも収録されている。(日本語訳された書簡集には収録されていない。)しかしそのクロード=エンマも父の死の1年後にジフテリアによって14歳で死去した。エンマはその後1934年に没し、パリのパッシー墓地にあるドビュッシーの墓に夫および娘と共に葬られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4959945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 105386948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Emma Bardac (1862–1934), née Moyse, est une cantatrice française connue pour avoir été l'amante de Gabriel Fauré et l'épouse de Claude Debussy.
  • エンマ・バルダック(Emma Bardac, 1862年 – 1934年)は、フランスの声楽家。19世紀末のパリで歌手であった。17歳で銀行家のシジスモン・バルダック(Sigismond Bardac)と結婚し、子を2人もうけた。後のドビュッシーの教え子ラウルとエレーヌである。後にガブリエル・フォーレとクロード・ドビュッシーの両方から求愛され、元夫と離婚し、後者と再婚した。フォーレはエンマとその娘エレーヌ(愛称ドリー)のために組曲『ドリー』を作曲した。一説にはエレーヌはフォーレとの不義の子とも言われる。特に第1曲『子守唄』はエレーヌ(ドリー)を描写しており、また第2曲『ミアウー』は本来エレーヌが兄ラウルのことを「ムッシュー・ラウル Monsieur Laoul (ラウルお兄様)」と敬称を付けて言うはずが、幼い口で上手く言えずにメシュー・アウー Messieu Aoul!になってしまうことを描写した題名だったが、出版社の判断で一般的なネコの鳴き声としての表記に改められた。またエンマのために歌曲集『優しい歌』を作曲した。しかし、フォーレとの愛人関係を終えてから、自分と同い年のドビュッシーに長男ラウルを師事させ、この関係がもとで恋愛関係となった。両者とも不倫の関係であるにもかかわらず、紆余曲折の末に1908年にドビュッシーと結婚した。ドビュッシーはエンマとの間に儲けた一粒種の娘クロード=エンマをシュシュ Chouchou(キャベツちゃん)と呼んで溺愛し、この娘のために組曲『子供の領分』(1909年)を作曲した。娘クロード=エンマは父の死に際して片親違いの兄ラウルに自らの激情を綴った手紙を送っており、ラウルとの兄妹関係は良好だったものと見られる。これは原文(の自筆コピー)がサン・ジェルマン=アン=レーのドビュッシー博物館に展示されているほか、ドビュッシー書簡集のフランス語原版の改訂版にも収録されている。(日本語訳された書簡集には収録されていない。)しかしそのクロード=エンマも父の死の1年後にジフテリアによって14歳で死去した。エンマはその後1934年に没し、パリのパッシー墓地にあるドビュッシーの墓に夫および娘と共に葬られている。
  • Emma Bardac (1862–1934), née Moyse, was the mutual love interest of both Gabriel Fauré and Claude Debussy. Of Jewish descent, Emma married, aged 17, Parisian banker Sigismond Bardac, by whom she had two children, Raoul, and Hélène (later Madame Gaston de Tinan (1892–1985)). Emma was an accomplished singer and brilliant conversationalist.
rdfs:label
  • Emma Bardac
  • Emma Bardac
  • エンマ・バルダック
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:family of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:famille of
is foaf:primaryTopic of