Eleonora Randolph Sears (28 septembre 1881, Boston - 16 mars 1968, Palm Beach) est une joueuse de tennis américaine de l'entre-deux-guerres.Elle s'est imposée quatre fois en double dames à l'US Women's National Championship, dont trois consécutivement (1915-1917). En simple, elle a été finaliste en 1912, battue par Mary Kendall Browne.Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1968, tout comme son illustre cousin Richard (depuis 1955).

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Eleonora Randolph Sears (28 septembre 1881, Boston - 16 mars 1968, Palm Beach) est une joueuse de tennis américaine de l'entre-deux-guerres.Elle s'est imposée quatre fois en double dames à l'US Women's National Championship, dont trois consécutivement (1915-1917). En simple, elle a été finaliste en 1912, battue par Mary Kendall Browne.Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1968, tout comme son illustre cousin Richard (depuis 1955).
  • Eleonora Randolph Sears (* 28. September 1881 in Boston, Massachusetts; † 16. März 1968 in Palm Beach, Florida) war eine US-amerikanische Tennisspielerin.Die Tochter des Tennispioniers Fred Sears und Nichte des amerikanischen Tennismeisters Richard Sears konnte bei den US-amerikanischen Meisterschaften, heute US Open, im Doppel mit Hazel Hotchkiss 1911 und 1915 und mit Molla Mallory 1916 und 1917 siegen. Im Einzel verlor sie das Endspiel 1912 gegen Mary Browne.
  • Eleonora Randolph Sears (ur. 28 września 1881 w Bostonie, zm. 16 marca 1968 w Palm Beach, Floryda) – tenisistka amerykańska.Zawodniczka znana z doskonałego przygotowania fizycznego - uprawiała obok tenisa jeździectwo i golf, a także długie spacery. Zajęła się tenisem zgodnie z tradycją rodzinną - jej ojciec Fred Sears był jednym z pierwszych Amerykanów, którzy grali w tę grę (z Jamesem Dwightem, nazywanym ojcem tenisa amerykańskiego), a stryj Richard Sears jako pierwszy wygrał turniej US Open w 1881.W grze pojedynczej jej największym sukcesem był awans do finału US Open w 1912; decydujący mecz przegrała z Mary K. Browne. Pięciokrotnie triumfowała w tym turnieju w grach podwójnych, w tym jeden raz w grze mieszanej. W 1911 i 1915 partnerowała jej Hazel Hotchkiss Wightman, 1916 i 1917 Molla Mallory. W 1916 wygrała miksta z Willisem Davisem. Ponadto w 1912 przegrała w finale miksta, a 1919 w finale debla.1914 i 1916 była sklasyfikowana w czołowej dziesiątce tenisistek amerykańskich, w 1914 jako nr 6. W 1968 została uhonorowana miejscem w Międzynarodowej Tenisowej Hall of Fame.
  • エレオノラ・シアーズ(Eleonora Sears, 1881年9月28日 - 1968年3月16日)は、アメリカ・マサチューセッツ州ボストン出身の女子テニス選手。フルネームは Eleonora Randolph Sears (エレオノラ・ランドルフ・シアーズ)という。1910年代の全米選手権で活躍し、女子ダブルス4勝・混合ダブルス1勝を挙げた選手である。シングルスでは1912年に準優勝があった。彼女は全米選手権男子シングルスの初代優勝者、リチャード・シアーズの姪にあたる。彼女は“Eleo”(エレオ)という愛称で呼ばれた。右利きの選手。エレオノラの父親であるフレッド・シアーズは、1874年にジェームズ・ドワイトと一緒に「アメリカで最初にテニスを紹介した選手」として知られる。おじのリチャード・シアーズは、7年後の1881年に創設された「全米シングルス選手権」(最初の名称)で第1回大会の優勝者になった。エレオノラは乗馬・ゴルフ・競歩などの多彩なスポーツをこなし、自宅のあるボストンから40マイル(約64km)離れたロードアイランド州プロビデンスの間を競歩の速さで往復したという。精力的な女子スポーツ選手であったエレオノラは、1911年に30歳でテニスの全米選手権に初出場し、女子ダブルスでヘイゼル・ホッチキスと組んで初優勝した。翌1912年、シアーズは2年連続で女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に進出する。当時の全米選手権では、「チャレンジ・ラウンド」から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年度優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)の流れで優勝者を決定した。1911年のチャレンジ・ラウンド決勝でフローレンス・サットン(メイ・サットンの妹)に敗れ、大会前年優勝者であったホッチキスへの挑戦権獲得を逃したシアーズは、1912年もメアリー・ブラウンに 4-6, 2-6 で敗れた。しかし、ホッチキスは結婚のため1912年の大会に参加せず、この年は「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかった。この方式の場合、自動的に決勝に進出できる前年優勝者が出場しなかった場合は、チャレンジ・ラウンドの決勝結果を優勝記録表に記載する。こうして、エレオノラ・シアーズは1912年の女子シングルス準優勝者になった。その後、1916年に4年ぶり3度目のチャレンジ・ラウンド準優勝があったが、彼女はとうとう女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルに進出できなかった。全米選手権女子シングルスでは、この方式は1918年を最後に廃止された。エレオノラ・シアーズは優れたダブルス選手として、1915年から1917年まで女子ダブルス3連覇を達成した。1915年は、結婚後4年ぶりに復帰したヘイゼル・ホッチキス・ワイトマンと組み、1916年と1917年はモーラ・ビュルステットと組んでいる。1916年はウィリス・デービスと組んだ混合ダブルスでも優勝し、この年は女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。この時期は第1次世界大戦の最中であったが、全米選手権は戦時中も開催が続行された。第1次世界大戦の終戦後、シアーズは1922年から1924年までウィンブルドン選手権にも挑戦したが、すべて初戦敗退に終わっている。全米選手権には、48歳を迎える1929年まで出場を続行した。エレオノラ・シアーズは1968年3月16日、フロリダ州パームビーチにて86歳で死去した。彼女は全米選手権のダブルスにおける活躍を評価され、死の直後の1968年に国際テニス殿堂入りを果たした。
  • Eleonora Randolph Sears (September 28, 1881, Boston – March 16, 1968 Palm Beach) was an American tennis player of the interwar period. In addition, she was a champion squash player, and prominent in other sports; she's considered one of the leading all-round women athletes of the first half of the 20th century.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1881-09-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1968-03-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:ithfDate
  • 1968
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitière
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • V (4)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • V (1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • F (1)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1454356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109671712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1911-06-11 (xsd:date)
  • 1912-06-10 (xsd:date)
  • 1915-06-07 (xsd:date)
  • 1916-06-05 (xsd:date)
  • 1917-06-18 (xsd:date)
  • 1919-06-16 (xsd:date)
prop-fr:dateD'entréeÀL'ithf
  • 1968 (xsd:integer)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1968-03-16 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1881-09-28 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Bill Tilden
  • Dorothy Green
  • Florence Sutton
  • Helen Homans
  • Louise Hammond
  • Edna Wildey
  • Florence Balllin
  • Grace Moore Leroy
  • Phyllis Walsh
  • Augusta Bradley
prop-fr:lieuDeDécès
  • Palm Beach
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Boston
prop-fr:nom
  • Eleonora Sears
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Molla Bjurstedt
  • Hazel Hotchkiss
  • William Clothier
  • Willis Davis
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitière
prop-fr:score
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:tailleImage
  • 200 (xsd:integer)
prop-fr:tournoi
  • US Open de tennis
prop-fr:usOpenDouble
  • V
prop-fr:usOpenMixte
  • V
  • V
prop-fr:usOpenSimple
  • F
prop-fr:v
  • Mary Kendall Browne
  • Richard Norris
  • Eleanor Goss
  • Marion Zinderstein
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:édition
  • US National Championships
  • National Patriotic Tournament
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Eleonora Randolph Sears (28 septembre 1881, Boston - 16 mars 1968, Palm Beach) est une joueuse de tennis américaine de l'entre-deux-guerres.Elle s'est imposée quatre fois en double dames à l'US Women's National Championship, dont trois consécutivement (1915-1917). En simple, elle a été finaliste en 1912, battue par Mary Kendall Browne.Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1968, tout comme son illustre cousin Richard (depuis 1955).
  • Eleonora Randolph Sears (* 28. September 1881 in Boston, Massachusetts; † 16. März 1968 in Palm Beach, Florida) war eine US-amerikanische Tennisspielerin.Die Tochter des Tennispioniers Fred Sears und Nichte des amerikanischen Tennismeisters Richard Sears konnte bei den US-amerikanischen Meisterschaften, heute US Open, im Doppel mit Hazel Hotchkiss 1911 und 1915 und mit Molla Mallory 1916 und 1917 siegen. Im Einzel verlor sie das Endspiel 1912 gegen Mary Browne.
  • エレオノラ・シアーズ(Eleonora Sears, 1881年9月28日 - 1968年3月16日)は、アメリカ・マサチューセッツ州ボストン出身の女子テニス選手。フルネームは Eleonora Randolph Sears (エレオノラ・ランドルフ・シアーズ)という。1910年代の全米選手権で活躍し、女子ダブルス4勝・混合ダブルス1勝を挙げた選手である。シングルスでは1912年に準優勝があった。彼女は全米選手権男子シングルスの初代優勝者、リチャード・シアーズの姪にあたる。彼女は“Eleo”(エレオ)という愛称で呼ばれた。右利きの選手。エレオノラの父親であるフレッド・シアーズは、1874年にジェームズ・ドワイトと一緒に「アメリカで最初にテニスを紹介した選手」として知られる。おじのリチャード・シアーズは、7年後の1881年に創設された「全米シングルス選手権」(最初の名称)で第1回大会の優勝者になった。エレオノラは乗馬・ゴルフ・競歩などの多彩なスポーツをこなし、自宅のあるボストンから40マイル(約64km)離れたロードアイランド州プロビデンスの間を競歩の速さで往復したという。精力的な女子スポーツ選手であったエレオノラは、1911年に30歳でテニスの全米選手権に初出場し、女子ダブルスでヘイゼル・ホッチキスと組んで初優勝した。翌1912年、シアーズは2年連続で女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に進出する。当時の全米選手権では、「チャレンジ・ラウンド」から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年度優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)の流れで優勝者を決定した。1911年のチャレンジ・ラウンド決勝でフローレンス・サットン(メイ・サットンの妹)に敗れ、大会前年優勝者であったホッチキスへの挑戦権獲得を逃したシアーズは、1912年もメアリー・ブラウンに 4-6, 2-6 で敗れた。しかし、ホッチキスは結婚のため1912年の大会に参加せず、この年は「オールカマーズ・ファイナル」が行われなかった。この方式の場合、自動的に決勝に進出できる前年優勝者が出場しなかった場合は、チャレンジ・ラウンドの決勝結果を優勝記録表に記載する。こうして、エレオノラ・シアーズは1912年の女子シングルス準優勝者になった。その後、1916年に4年ぶり3度目のチャレンジ・ラウンド準優勝があったが、彼女はとうとう女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルに進出できなかった。全米選手権女子シングルスでは、この方式は1918年を最後に廃止された。エレオノラ・シアーズは優れたダブルス選手として、1915年から1917年まで女子ダブルス3連覇を達成した。1915年は、結婚後4年ぶりに復帰したヘイゼル・ホッチキス・ワイトマンと組み、1916年と1917年はモーラ・ビュルステットと組んでいる。1916年はウィリス・デービスと組んだ混合ダブルスでも優勝し、この年は女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。この時期は第1次世界大戦の最中であったが、全米選手権は戦時中も開催が続行された。第1次世界大戦の終戦後、シアーズは1922年から1924年までウィンブルドン選手権にも挑戦したが、すべて初戦敗退に終わっている。全米選手権には、48歳を迎える1929年まで出場を続行した。エレオノラ・シアーズは1968年3月16日、フロリダ州パームビーチにて86歳で死去した。彼女は全米選手権のダブルスにおける活躍を評価され、死の直後の1968年に国際テニス殿堂入りを果たした。
  • Eleonora Randolph Sears (September 28, 1881, Boston – March 16, 1968 Palm Beach) was an American tennis player of the interwar period. In addition, she was a champion squash player, and prominent in other sports; she's considered one of the leading all-round women athletes of the first half of the 20th century.
  • Eleonora Randolph Sears (ur. 28 września 1881 w Bostonie, zm. 16 marca 1968 w Palm Beach, Floryda) – tenisistka amerykańska.Zawodniczka znana z doskonałego przygotowania fizycznego - uprawiała obok tenisa jeździectwo i golf, a także długie spacery.
rdfs:label
  • Eleonora Sears
  • Eleonora Sears
  • Eleonora Sears
  • Eleonora Sears
  • エレオノラ・シアーズ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Eleonora Sears
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of