Edgar Leslie Bainton est un compositeur anglais né le 14 février 1880 à Hackney, Londres et décédé le 8 décembre 1956 à Sydney (Australie).Principalement connu pour sa musique religieuse et le motet And I saw a new heaven (« Et je vis un nouveau ciel »), il a néanmoins composé un grand nombre d'œuvres dont la majeure partie reste encore à découvrir.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Edgar Leslie Bainton est un compositeur anglais né le 14 février 1880 à Hackney, Londres et décédé le 8 décembre 1956 à Sydney (Australie).Principalement connu pour sa musique religieuse et le motet And I saw a new heaven (« Et je vis un nouveau ciel »), il a néanmoins composé un grand nombre d'œuvres dont la majeure partie reste encore à découvrir.
  • Edgar Leslie Bainton (14 February 1880 – 8 December 1956) was a British-born, latterly Australian-resident composer, most celebrated for his church music. His most famous piece is the liturgical anthem And I saw a new heaven, but during recent years Bainton's other musical works (neglected for decades) have been increasingly often heard on CD.
  • Edgar Leslie Bainton (Londen; 14 februari 1880 – Sydney ; 8 december 1956) was een Brits componist, dirigent, pianist en muziekonderwijzer. Zijn oeuvre is klein en door zijn vertrek naar Australië is ook een deel van zijn oeuvre verloren gegaan. In de Angelsaksiche wereld is hij voornamelijk bekend vanwege zijn kerkmuziek en met name zijn anthem And I saw a new heaven.
  • Edgar Leslie Bainton (* 14. Februar 1880 in London; † 8. Dezember 1956 in Sydney) war ein britischer Komponist, Dirigent, Pianist und Pädagoge.Bainton erhielt im Alter von 16 Jahren ein Klavier-Stipendium am Royal College of Music in London. Seine Lehrer waren Walford Davies, Sir Charles Stanford und Charles Wood. 1899 gewann er das Wilson-Stipendium. 1901 erfolgte der Ruf als Professor für Komposition und Klavier nach Newcastle upon Tyne. 1912 wurde er Direktor des Konservatoriums und ein Jahr später Dirigent des dortigen philharmonischen Orchesters. Bei Ausbruch des Ersten Weltkriegs 1914 weilte er anlässlich der Bayreuther Festspiele in Deutschland und wurde dort bis 1918 interniert.Als erster Brite wurde er 1919 eingeladen, das Concertgebouw-Orchester Amsterdam in zwei Konzerten mit britischer Musik zu dirigieren. Nach seiner Rückkehr nach Newcastle führte er dort seine unterbrochenen Aktivitäten erfolgreich fort, wofür ihm die University of Durham 1934 den Grad des Doctor of Music ehrenhalber verlieh. Im gleichen Jahr verließ er Europa, um in Sydney die Stelle als Direktor des staatlichen Konservatoriums von New South Wales anzutreten. Diese Stelle hatte er bis 1947 inne.Als Komponist konnte Bainton zeitweilig beachtliche Erfolge feiern. Seine Symphonie Before Sunrise, für Chor und Orchester, mit Kontra-Alt-Solo (nach drei Gedichten aus Swinburnes Songs Before Sunrise) und seine Concerto-Fantasia für Klavier und Orchester wurden mit dem Preis des Carnegie Trusts ausgezeichnet. Außer zwei Opern verfasste er diverse sinfonische, geistliche und kammermusikalische Kompositionen und Lieder. Nach seinem Weggang aus dem Vereinigten Königreich verschwanden seine Werke aus dem Konzertbetrieb. Nur kleinere Klavier-Stücke und Lieder für den Unterricht konnten sich halten. In neuerer Zeit beginnt man, sein Werk wieder zu entdecken und auf CD aufzunehmen.
  • エドガー・ベイントン(Edgar Bainton、1880年2月14日 - 1956年12月8日)は、教会音楽で知られるイギリスの作曲家。アンセム『そしてわれは新しき天国を見たり』がよく知られているが、近年になって、長い間無視されてきた他の作品がコンサートのレパートリーとして聴かれるようになっている。ロンドンに生まれ、その後一家でコヴェントリーに移住した。ピアノの演奏に才能を示し、9歳でピアニストとして演奏会を催した。1896年、奨学金を得て、王立音楽大学に入学し、ヘンリー・ウォルフォード・デイヴィスに音楽理論を学んだ。1899年からはチャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードに作曲を師事した。在学中ジョージ・ダイソン、ウィリアム・ハリス、ラトランド・ボウトンと友人となった。ベイントンの処女作は1898年の『ピアノのためのプレリュードとフーガロ短調』である。1901年にはニューカッスル・アポン・タイン音楽院のピアノ科教授となり、1912年には校長となった。彼は地方にはまだ知られていなかったグスターヴ・ホルスト、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ、アーノルド・バックスの音楽を紹介した。1914年夏、バイロイト音楽祭に出席するためドイツを訪れたが、第一次世界大戦のためベルリン近郊の収容所に抑留された。1918年になって健康が悪化したためハーグに送られたが、休戦に伴い、帰国することができた。帰国の前にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した。イギリス人で同楽団を指揮したのは彼が初めてであった。その後音楽院での仕事を再開し、合唱のための作品が3つの合唱祭に取り上げられた。1930年から1931年までオーストラリアとカナダを旅行し、1931年から1932年までインドを訪れた。インドではラビンドラナート・タゴールからインド音楽の手ほどきを受けている。1933年、ダラム大学から名誉博士号を受けた。1933年、ニューサウスウェールズ州立音楽院は理事として彼を招聘し、翌年に彼と家族はオーストラリアでの新しい生活を始めた。彼は合唱と管弦楽のクラスを受け持ち、オペラスクールを設立した。彼のシドニー到着によって、オーストラリア放送協会には常設の管弦楽団設立の動きがおこり、ニューサウスウェールズ州交響楽団(現在のシドニー交響楽団)が1934年に発足し、第1回演奏会の指揮をした。オーストラリアで知られていなかった音楽が彼によって紹介された。エドワード・エルガーの交響曲第2番やオラトリオ『ゲロンティウスの夢』、アーノルド・バックスの交響曲第3番、クロード・ドビュッシーやジャン・シベリウスやフレデリック・ディーリアスやウィリアム・ウォルトンの作品などである。音楽院ではミリアム・ハイド、パーシー・グレインジャー、アルフレッド・ヒルなどのオーストラリアの作曲家を教えた。ニューサウスウェールズ州ポイントパイパーの海岸で死去。
dbpedia-owl:bnfId
  • 139777068
dbpedia-owl:viafId
  • 6949838
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3037783 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110437877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:bnf
  • 139777068 (xsd:integer)
prop-fr:lang
  • en
prop-fr:texte
  • Robert Nichols
prop-fr:trad
  • Robert Nichols
  • Robert Nichols
prop-fr:type
  • personne
prop-fr:viaf
  • 6949838 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:worldcatid
  • lccn-no-90-1048
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Edgar Leslie Bainton est un compositeur anglais né le 14 février 1880 à Hackney, Londres et décédé le 8 décembre 1956 à Sydney (Australie).Principalement connu pour sa musique religieuse et le motet And I saw a new heaven (« Et je vis un nouveau ciel »), il a néanmoins composé un grand nombre d'œuvres dont la majeure partie reste encore à découvrir.
  • Edgar Leslie Bainton (14 February 1880 – 8 December 1956) was a British-born, latterly Australian-resident composer, most celebrated for his church music. His most famous piece is the liturgical anthem And I saw a new heaven, but during recent years Bainton's other musical works (neglected for decades) have been increasingly often heard on CD.
  • Edgar Leslie Bainton (Londen; 14 februari 1880 – Sydney ; 8 december 1956) was een Brits componist, dirigent, pianist en muziekonderwijzer. Zijn oeuvre is klein en door zijn vertrek naar Australië is ook een deel van zijn oeuvre verloren gegaan. In de Angelsaksiche wereld is hij voornamelijk bekend vanwege zijn kerkmuziek en met name zijn anthem And I saw a new heaven.
  • エドガー・ベイントン(Edgar Bainton、1880年2月14日 - 1956年12月8日)は、教会音楽で知られるイギリスの作曲家。アンセム『そしてわれは新しき天国を見たり』がよく知られているが、近年になって、長い間無視されてきた他の作品がコンサートのレパートリーとして聴かれるようになっている。ロンドンに生まれ、その後一家でコヴェントリーに移住した。ピアノの演奏に才能を示し、9歳でピアニストとして演奏会を催した。1896年、奨学金を得て、王立音楽大学に入学し、ヘンリー・ウォルフォード・デイヴィスに音楽理論を学んだ。1899年からはチャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードに作曲を師事した。在学中ジョージ・ダイソン、ウィリアム・ハリス、ラトランド・ボウトンと友人となった。ベイントンの処女作は1898年の『ピアノのためのプレリュードとフーガロ短調』である。1901年にはニューカッスル・アポン・タイン音楽院のピアノ科教授となり、1912年には校長となった。彼は地方にはまだ知られていなかったグスターヴ・ホルスト、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ、アーノルド・バックスの音楽を紹介した。1914年夏、バイロイト音楽祭に出席するためドイツを訪れたが、第一次世界大戦のためベルリン近郊の収容所に抑留された。1918年になって健康が悪化したためハーグに送られたが、休戦に伴い、帰国することができた。帰国の前にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した。イギリス人で同楽団を指揮したのは彼が初めてであった。その後音楽院での仕事を再開し、合唱のための作品が3つの合唱祭に取り上げられた。1930年から1931年までオーストラリアとカナダを旅行し、1931年から1932年までインドを訪れた。インドではラビンドラナート・タゴールからインド音楽の手ほどきを受けている。1933年、ダラム大学から名誉博士号を受けた。1933年、ニューサウスウェールズ州立音楽院は理事として彼を招聘し、翌年に彼と家族はオーストラリアでの新しい生活を始めた。彼は合唱と管弦楽のクラスを受け持ち、オペラスクールを設立した。彼のシドニー到着によって、オーストラリア放送協会には常設の管弦楽団設立の動きがおこり、ニューサウスウェールズ州交響楽団(現在のシドニー交響楽団)が1934年に発足し、第1回演奏会の指揮をした。オーストラリアで知られていなかった音楽が彼によって紹介された。エドワード・エルガーの交響曲第2番やオラトリオ『ゲロンティウスの夢』、アーノルド・バックスの交響曲第3番、クロード・ドビュッシーやジャン・シベリウスやフレデリック・ディーリアスやウィリアム・ウォルトンの作品などである。音楽院ではミリアム・ハイド、パーシー・グレインジャー、アルフレッド・ヒルなどのオーストラリアの作曲家を教えた。ニューサウスウェールズ州ポイントパイパーの海岸で死去。
  • Edgar Leslie Bainton (* 14. Februar 1880 in London; † 8. Dezember 1956 in Sydney) war ein britischer Komponist, Dirigent, Pianist und Pädagoge.Bainton erhielt im Alter von 16 Jahren ein Klavier-Stipendium am Royal College of Music in London. Seine Lehrer waren Walford Davies, Sir Charles Stanford und Charles Wood. 1899 gewann er das Wilson-Stipendium. 1901 erfolgte der Ruf als Professor für Komposition und Klavier nach Newcastle upon Tyne.
rdfs:label
  • Edgar Bainton
  • Edgar Bainton
  • Edgar Bainton
  • Edgar Bainton
  • エドガー・ベイントン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of