David Zinman (né le 9 juillet 1936 à New York) est un chef d'orchestre américain.Il a été l'assistant de Pierre Monteux de 1961 à 1964. Parmi ses enregistrements, on note Casse-noisette de Tchaïkovski avec le New York City Ballet pour une version filmée du ballet, et la Symphonie n° 3 de Górecki avec le London Sinfonietta.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • David Zinman (né le 9 juillet 1936 à New York) est un chef d'orchestre américain.Il a été l'assistant de Pierre Monteux de 1961 à 1964. Parmi ses enregistrements, on note Casse-noisette de Tchaïkovski avec le New York City Ballet pour une version filmée du ballet, et la Symphonie n° 3 de Górecki avec le London Sinfonietta.
  • David Zinman (* 10. Juli 1936 in New York, NY, USA) ist ein US-amerikanischer Dirigent.
  • David Zinman (born New York City, U.S., 9 July 1936) is an American conductor and violinist.After early violin studies at the Oberlin Conservatory, Zinman studied theory and composition at the University of Minnesota, earning his M.A. in 1963, and took up conducting at Tanglewood. He then worked in Maine with Pierre Monteux from 1958 to 1962, serving as his assistant from 1961 to 1964. Zinman held the post of tweede dirigent (second conductor) of the Netherlands Chamber Orchestra from 1965 to 1977. He was the principal conductor of the Rotterdam Philharmonic Orchestra from 1979 to 1982. In the USA, Zinman was music director of the Rochester Philharmonic Orchestra from 1974 to 1985. With the Baltimore Symphony Orchestra, he was principal guest conductor for two years before becoming the orchestra's music director in 1985. During his Baltimore tenure, he began to implement ideas from the historically informed performance movement in his interpretations of the Beethoven symphonies. At the end of his tenure as music director in 1998 he was named the orchestra's conductor laureate, but in protest at what he saw as the Baltimore orchestra's overly conservative programming in the years since his departure he gave up that title in 2001. In 1998, Zinman was the Music Director of the Ojai Music Festival alongside pianist Mitsuko Uchida. In 1998, he was appointed music director of the Aspen Music Festival and School, where he founded and directed its American Academy of Conducting until suddenly resigning in April 2010.Zinman became music director of the Tonhalle Orchester Zürich in 1995. His innovative programming with that orchestra includes a series of late-night concerts, "Tonhalle Late", which combine classical music and a nightclub setting. His recordings for Arte Nova of the complete Beethoven symphonies were based on the new Jonathan Del Mar critical edition and was acclaimed by critics. He has subsequently recorded Beethoven overtures and concertos with the Tonhalle. He conducted the Tonhalle Orchestra in its first-ever appearance at The Proms in 2003. His current contract with the Tonhalle Orchestra is through 2015.Zinman also conducted for the soundtrack of the 1993 film version of the New York City Ballet production of Tchaikovsky's Nutcracker. His 1992 recording of Henryk Górecki’s Symphony no.3 with the London Sinfonietta was an international bestseller. In January 2006, he received the Theodore Thomas Award presented by the Conductors' Guild.In fall 2009, he conducted the Tonhalle-Orchester Zürich for an elaborate soundtrack, together with composer Diego Baldenweg and music producer Lionel Vincent Baldenweg, for the feature film 180° - AMOK (Source: Werbewoche), which was awarded "best film music 2010" at the Locarno International Film Festival.Zinman and his wife live in New Jersey and Zürich, Switzerland.
  • David Zinman (nacido el 9 de julio de 1936 en Nueva York) es un director de orquesta estadounidense.Fue el asistente de Pierre Monteux de 1961 a 1964. Actualmente es director de la orquesta de la Tonhalle de Zurich, con contrato que finaliza tras la temporada 2013/2014.Entre sus grabaciones, cabe destacar El cascanueces de Chaikovski con el Ballet de la ciudad de Nueva York para una versión filmada del ballet y la Sinfonía n.º 3 de Górecki con la London Sinfonietta.
  • David Zinman (Nova Iorque, 9 Julho de 1936) é um violinista e maestro americano.
  • デイヴィッド・ジンマン(David Zinman, 1936年7月9日 ニューヨーク - )はアメリカ合衆国の指揮者。ヴァイオリンの早期教育をオバーリン音楽院で受けた後、音楽理論と作曲をミネソタ大学に学び、タングルウッド音楽センターで指揮活動に着手する。その後1958年から1962年までメイン州でピエール・モントゥーに師事し、1961年から1964年までモントゥーの助手を務めた。1965年から1977年までオランダ室内管弦楽団の首席指揮者に、1974年から1985年までロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に、1979年から1982年までロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を歴任する。1985年から1988年までボルチモア交響楽団の音楽監督に就任し、シューマンの交響曲集や多くのアメリカ音楽などを含む数々の重要な録音を残すとともに、同楽団を地方のアンサンブルからアメリカ屈指のオーケストラへと育て上げた。米国内外の主要なオーケストラにも客演を続けている。ジョン・クーリッジ・アダムズ、ボルコム、ダニエルプール、ドガティ、カーニス、カーシュナー、ラウズ、トークら米国人作曲家の作品のボルチモア初演に携わった。ロンドン・シンフォニエッタを指揮したグレツキの《交響曲 第3番》のCDの国際的なヒットによって指揮者としての名声が広がり、1995年にチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽監督・首席指揮者に迎えられ、翌1996年にはアスペン音楽祭の音楽監督に就任するとともに、ジョン・ホプキンス大学からピーボディ賞を授与された。トーンハレ管弦楽団とは、ベートーヴェンの交響曲全集ならびに序曲全集、ミサ・ソレムニスからなる一連の録音を達成する。これらは、ベーレンライター新全集版と古楽奏法を採用したモダン・オーケストラによるシリーズ物として、国際的に高い評価を得る反面、解釈の妥当性をめぐって賛否両論に分かれた。現在は、ピアノ協奏曲集とヴァイオリン協奏曲の録音を終え、マーラーの交響曲集の録音に着手している。またつい最近では、2005年にトーンハレ管弦楽団を率いてBBCプロムスに客演している。現在ジンマンはニュージャージー州の自宅とチューリヒを行き来しながら、トーンハレ管弦楽団の演奏会や録音を指揮しているほか、ウィーン交響楽団やシカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にも客演している。
  • David Zinman (ur. 9 lipca 1936 w Nowym Jorku) - amerykański dyrygent i skrzypek. W latach 1965 do 1977 Zinman był drugim dyrygentem w orkiestrze Netherlands Chamber Orchestra. W latach 1979 do 1982 był głównym dyregentem w orkiestrze Rotterdam Philharmonic Orchestra.Od roku 1995 Zinman jest dyrektorem muzycznym Tonhalle Orchester w Zurichu. Zapoczątkował tam cykl wieczornych koncertów muzyki klasycznej "Tonhalle Late".
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3057026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106598653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:après
prop-fr:avant
prop-fr:nom
prop-fr:période
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • David Zinman (né le 9 juillet 1936 à New York) est un chef d'orchestre américain.Il a été l'assistant de Pierre Monteux de 1961 à 1964. Parmi ses enregistrements, on note Casse-noisette de Tchaïkovski avec le New York City Ballet pour une version filmée du ballet, et la Symphonie n° 3 de Górecki avec le London Sinfonietta.
  • David Zinman (* 10. Juli 1936 in New York, NY, USA) ist ein US-amerikanischer Dirigent.
  • David Zinman (nacido el 9 de julio de 1936 en Nueva York) es un director de orquesta estadounidense.Fue el asistente de Pierre Monteux de 1961 a 1964. Actualmente es director de la orquesta de la Tonhalle de Zurich, con contrato que finaliza tras la temporada 2013/2014.Entre sus grabaciones, cabe destacar El cascanueces de Chaikovski con el Ballet de la ciudad de Nueva York para una versión filmada del ballet y la Sinfonía n.º 3 de Górecki con la London Sinfonietta.
  • David Zinman (Nova Iorque, 9 Julho de 1936) é um violinista e maestro americano.
  • デイヴィッド・ジンマン(David Zinman, 1936年7月9日 ニューヨーク - )はアメリカ合衆国の指揮者。ヴァイオリンの早期教育をオバーリン音楽院で受けた後、音楽理論と作曲をミネソタ大学に学び、タングルウッド音楽センターで指揮活動に着手する。その後1958年から1962年までメイン州でピエール・モントゥーに師事し、1961年から1964年までモントゥーの助手を務めた。1965年から1977年までオランダ室内管弦楽団の首席指揮者に、1974年から1985年までロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に、1979年から1982年までロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を歴任する。1985年から1988年までボルチモア交響楽団の音楽監督に就任し、シューマンの交響曲集や多くのアメリカ音楽などを含む数々の重要な録音を残すとともに、同楽団を地方のアンサンブルからアメリカ屈指のオーケストラへと育て上げた。米国内外の主要なオーケストラにも客演を続けている。ジョン・クーリッジ・アダムズ、ボルコム、ダニエルプール、ドガティ、カーニス、カーシュナー、ラウズ、トークら米国人作曲家の作品のボルチモア初演に携わった。ロンドン・シンフォニエッタを指揮したグレツキの《交響曲 第3番》のCDの国際的なヒットによって指揮者としての名声が広がり、1995年にチューリヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽監督・首席指揮者に迎えられ、翌1996年にはアスペン音楽祭の音楽監督に就任するとともに、ジョン・ホプキンス大学からピーボディ賞を授与された。トーンハレ管弦楽団とは、ベートーヴェンの交響曲全集ならびに序曲全集、ミサ・ソレムニスからなる一連の録音を達成する。これらは、ベーレンライター新全集版と古楽奏法を採用したモダン・オーケストラによるシリーズ物として、国際的に高い評価を得る反面、解釈の妥当性をめぐって賛否両論に分かれた。現在は、ピアノ協奏曲集とヴァイオリン協奏曲の録音を終え、マーラーの交響曲集の録音に着手している。またつい最近では、2005年にトーンハレ管弦楽団を率いてBBCプロムスに客演している。現在ジンマンはニュージャージー州の自宅とチューリヒを行き来しながら、トーンハレ管弦楽団の演奏会や録音を指揮しているほか、ウィーン交響楽団やシカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にも客演している。
  • David Zinman (ur. 9 lipca 1936 w Nowym Jorku) - amerykański dyrygent i skrzypek. W latach 1965 do 1977 Zinman był drugim dyrygentem w orkiestrze Netherlands Chamber Orchestra. W latach 1979 do 1982 był głównym dyregentem w orkiestrze Rotterdam Philharmonic Orchestra.Od roku 1995 Zinman jest dyrektorem muzycznym Tonhalle Orchester w Zurichu. Zapoczątkował tam cykl wieczornych koncertów muzyki klasycznej "Tonhalle Late".
  • David Zinman (born New York City, U.S., 9 July 1936) is an American conductor and violinist.After early violin studies at the Oberlin Conservatory, Zinman studied theory and composition at the University of Minnesota, earning his M.A. in 1963, and took up conducting at Tanglewood. He then worked in Maine with Pierre Monteux from 1958 to 1962, serving as his assistant from 1961 to 1964.
rdfs:label
  • David Zinman
  • David Zinman
  • David Zinman
  • David Zinman
  • David Zinman
  • David Zinman
  • デイヴィッド・ジンマン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:mentor of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:après of
is prop-fr:avant of
is prop-fr:maîtres of
is foaf:primaryTopic of