David Wheaton, né le 2 juin 1969 à Minneapolis, est un joueur de tennis américain, professionnel de 1988 à 2001.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • David Wheaton, né le 2 juin 1969 à Minneapolis, est un joueur de tennis américain, professionnel de 1988 à 2001.
  • David Wheaton (* 2. Juni 1969 in Minneapolis) ist ein ehemaliger US-amerikanischer Tennisspieler.
  • David Wheaton (Minneapolis, 2 giugno 1969) è un ex tennista statunitense.
  • David Wheaton (ur. 2 czerwca 1969 w Minneapolis) – amerykański tenisista.Zaczął grać w tenisa mając cztery lata. Trenował u Nicka Bolletieriego z Jimem Courierem i Andre Agassim. Początki miał bardzo obiecujące. Został mistrzem juniorów US Open '87 (w półfinale wygrał z Dilucią, w finale z Andriejem Czerkasowem 7-5 6-0). Miał obiecujący początek w "dorosłym" tenisie: był ćwierćfinalistą Australian Open i US Open w 1990 roku; półfinalistą Wimbledonu rok później. W grudniu roku 1991 w Monachium wygrał Compaq Grand Slam Cup - w finale 7-5 6-2 6-4 pokonał Michaela Changa, zainkasował dwa miliony dolarów i stracił motywację do gry, sportowo przestał się rozwijać. W wieku 22 lat miał na koncie ponad trzy miliony dolarów zarobionych na korcie. To przeciętne pieniądze w porównaniu z zarobkami najlepszych tenisistów, ale to jednocześnie suma niebotyczna dla przeciętnego zjadacza chleba. Wheatona satysfakcjonowała w zupełności, czego zresztą nigdy nie ukrywał. Pytany nie raz, dlaczego tak obniżył tenisowe loty zawsze odpowiadał, że mając tyle pieniędzy ciężko znaleźć motywację do treningu. I tak szczery Wheaton, choć wielkimi sukcesami pochwalić się nie może, znajduje się na szerokiej liście najbogatszych tenisistów, a umiejętności jakie nabył w początkach kariery pozwalały mu na przyzwoitą grę do końca kariery. Ofensywny zawodnik, lubujący się w graniu half-wolejów. Zawsze występował w czapce lub opasce (swego czasu w barwach USA). W sumie to najbardziej zmarnowany talent jaki pojawił się w latach dziewięćdziesiątych. Tenisista zawodowy w latach 1987 - 2001. W grze pojedynczej zwycięzca 3 turniejów, finalista 4. Wygrane turnieje: 1990 - Kiawah Island; 1991 - Monachium (Grand Slam Cup); 1994 - Newport Finały: 1991 - Key Biscayne i Queen's Club; 1993 - Coral Springs; 1995 - Newport Najlepsze wyniki w Wielkim Szlemie: Australian Open (ćwierćfinalista 1990); Wimbledon (półfinalista 1991); US Open (ćwierćfinalista 1990) W grze podwójnej zwycięzca 3 turniejów, finalista 12. Wygrane turnieje: 1990 - Toronto (Annacone); 1993 - Hongkong (Woodbridge); 1996 - Atlanta (Van Rensburg) Najlepsze wyniki w Wielkim Szlemie: Australian Open (finalista 1991; półfinalista 1998); French Open (półfinalista 1995); US Open (finalista 1990; ćwierćfinalista 1989)
  • David Wheaton (n. 2 de junio de 1969 en Minneapolis, Minnesota, Estados Unidos) es un ex-jugador de tenis estadounidense cuyo mayor logro es haber conquistado la Copa Grand Slam de 1991.
  • David Wheaton (Minneapolis, 2 juni 1969) is een voormalig Amerikaanse tennisspeler die als professioneel tussen 1988 en 2001 actief was in het internationale tenniscircuit.Wheaton,altijd herkenbaar spelend met zijn stars-and-stripes bandana,won zowel in het enkel als in het dubbelspel drie ATP-toernooien.Bij de junioren won Wheaton in 1987 de titel op de US Open in het enkelspel.Wheaton speelde voor zijn profcarrière college-tennis op de Stanford-universiteit.
  • デビッド・ウィートン(David Wheaton, 1969年6月2日 - )は、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス出身の元男子プロテニス選手。1990年の全米オープンと1991年の全豪オープンで、4大大会の男子ダブルスに2大会連続準優勝した選手である。シングルスでも1991年のウィンブルドンでベスト4進出があった。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス3勝を挙げたが、ダブルス準優勝が2度のグランドスラム大会を含めて12度あった。身長193cm、体重84kgの長身選手。ウィートンはアメリカの男子プロテニス選手として、アンドレ・アガシ、ジム・クーリエ、トッド・マーティン、マラビーヤ・ワシントン、ピート・サンプラスなどと同年代に位置している。ウィートンはジュニア時代、1987年の全米オープンジュニア男子シングルス部門でアンドレイ・チェルカソフ(ソ連)を破って優勝したことがある。スタンフォード大学の学生テニス選手としてプレーした後、1988年に19歳でプロ転向。2年後の1990年、ウィートンは全豪オープンと全米オープンの2大会でベスト8に進出する。全豪オープンの準々決勝では、ウィートンはステファン・エドベリに 5-7, 6-7, 6-3, 2-6 で敗れた。全仏オープンは1回戦で敗退したが、ウィンブルドンでブラッド・ギルバートとの4回戦に進み、全米オープンで男子シングルス・ベスト8、男子ダブルス準優勝を記録する。シングルス準々決勝でジョン・マッケンローに敗れたウィートンは、男子ダブルスでポール・アナコーンとペアを組み、決勝で南アフリカペアのピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー組に 2-6, 6-7, 2-6 のストレートで敗れて準優勝になった。ウィートンとアナコーンは、この大会のシングルス3回戦で直接対決をしていた。1991年の全豪オープンで、ウィートンは男子シングルス1回戦でブラッド・ギルバートに当たって敗退したが、男子ダブルスでパトリック・マッケンロー(ジョンの弟)とペアを組んで決勝に進む。ウィートンとP・マッケンローは、3回戦でアンダース・ヤリード(スウェーデン)&ジョン・フィッツジェラルド(オーストラリア)、準決勝でマーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ(ともにオーストラリア)組を破って勝ち進んだが、決勝で同じアメリカのスコット・デービス&デビッド・ペイト組に 7-6, 6-7, 3-6, 5-7 で敗れ、ウィートンは2大会連続でダブルス準優勝に終わった。この年のウィンブルドンで、デビッド・ウィートンはシングルスの自己最高成績を出し、ボリス・ベッカーとの準決勝に進出した。先立つ準々決勝で、ウィートンはアンドレ・アガシと顔を合わせる。第5シードのアガシは、ウィンブルドン選手権の主催者「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」が規定した「ウェアは白基調であること」のルールに反発していたが、1987年以来4年ぶりのウィンブルドン出場に踏み切った。2人のウェアは、アガシが全身すべてを(模様のない)真っ白の服でまとめたのに対し、ウィートンは頭髪のバンダナに米国国旗のデザインがあった。試合はウィートンが 6-2, 0-6, 3-6, 7-6, 6-2 でアガシに勝ったが、準決勝のベッカー戦では 4-6, 6-7, 5-7 のストレートで敗れた。1991年は年末の高額賞金大会「グランドスラム・カップ」で優勝がある。しかし、ウィートンの好成績はあまり長く続かず、1992年以後は4大大会で4回戦以上に勝ち残れなくなった。1994年7月のニューポート大会が、ウィートンの最後のシングルス優勝になる。1998年全米オープンを最後に、彼は4大大会にも出場できなくなり、最後の数年間は男子ツアー下部組織の大会を回った。2001年に32歳で現役を引退した後は、男子テニスのシニア・ツアーを転戦する傍ら、ラジオのトークショーのホストを務めたり、著述や講演活動にも携わっている。
  • David Wheaton (born June 2, 1969) is a former professional tennis player from the United States.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • 1/8
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:bestRankDouble
  • (24/06/1991)
dbpedia-owl:bestRankSingle
  • (22/07/1991)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1969-06-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:finalLostDouble
  • 12
dbpedia-owl:finalLostSingle
  • 4
dbpedia-owl:firstProMatch
  • 1988
dbpedia-owl:lastProMatch
  • 2001
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • -
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/16
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:titleDouble
  • 3
dbpedia-owl:titleSingle
  • 3
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1669865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109080999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/16
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/2
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1969-06-02 (xsd:date)
prop-fr:dernierMatchPro
  • 2001 (xsd:integer)
prop-fr:entraîneur(s)_
  • John et Mark Wheaton
prop-fr:finalesPerduesDouble
  • 12 (xsd:integer)
prop-fr:finalesPerduesSimple
  • 4 (xsd:integer)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Minneapolis
prop-fr:nom
  • David Wheaton
prop-fr:openD'australieDouble
  • F
prop-fr:openD'australieMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:premierMatchPro
  • 1988 (xsd:integer)
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • -
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:tailleImage
  • 250 (xsd:integer)
prop-fr:titresDouble
  • 3 (xsd:integer)
prop-fr:titresSimple
  • 3 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • F
prop-fr:usOpenMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • David Wheaton, né le 2 juin 1969 à Minneapolis, est un joueur de tennis américain, professionnel de 1988 à 2001.
  • David Wheaton (* 2. Juni 1969 in Minneapolis) ist ein ehemaliger US-amerikanischer Tennisspieler.
  • David Wheaton (Minneapolis, 2 giugno 1969) è un ex tennista statunitense.
  • David Wheaton (n. 2 de junio de 1969 en Minneapolis, Minnesota, Estados Unidos) es un ex-jugador de tenis estadounidense cuyo mayor logro es haber conquistado la Copa Grand Slam de 1991.
  • David Wheaton (Minneapolis, 2 juni 1969) is een voormalig Amerikaanse tennisspeler die als professioneel tussen 1988 en 2001 actief was in het internationale tenniscircuit.Wheaton,altijd herkenbaar spelend met zijn stars-and-stripes bandana,won zowel in het enkel als in het dubbelspel drie ATP-toernooien.Bij de junioren won Wheaton in 1987 de titel op de US Open in het enkelspel.Wheaton speelde voor zijn profcarrière college-tennis op de Stanford-universiteit.
  • デビッド・ウィートン(David Wheaton, 1969年6月2日 - )は、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス出身の元男子プロテニス選手。1990年の全米オープンと1991年の全豪オープンで、4大大会の男子ダブルスに2大会連続準優勝した選手である。シングルスでも1991年のウィンブルドンでベスト4進出があった。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス3勝を挙げたが、ダブルス準優勝が2度のグランドスラム大会を含めて12度あった。身長193cm、体重84kgの長身選手。ウィートンはアメリカの男子プロテニス選手として、アンドレ・アガシ、ジム・クーリエ、トッド・マーティン、マラビーヤ・ワシントン、ピート・サンプラスなどと同年代に位置している。ウィートンはジュニア時代、1987年の全米オープンジュニア男子シングルス部門でアンドレイ・チェルカソフ(ソ連)を破って優勝したことがある。スタンフォード大学の学生テニス選手としてプレーした後、1988年に19歳でプロ転向。2年後の1990年、ウィートンは全豪オープンと全米オープンの2大会でベスト8に進出する。全豪オープンの準々決勝では、ウィートンはステファン・エドベリに 5-7, 6-7, 6-3, 2-6 で敗れた。全仏オープンは1回戦で敗退したが、ウィンブルドンでブラッド・ギルバートとの4回戦に進み、全米オープンで男子シングルス・ベスト8、男子ダブルス準優勝を記録する。シングルス準々決勝でジョン・マッケンローに敗れたウィートンは、男子ダブルスでポール・アナコーンとペアを組み、決勝で南アフリカペアのピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー組に 2-6, 6-7, 2-6 のストレートで敗れて準優勝になった。ウィートンとアナコーンは、この大会のシングルス3回戦で直接対決をしていた。1991年の全豪オープンで、ウィートンは男子シングルス1回戦でブラッド・ギルバートに当たって敗退したが、男子ダブルスでパトリック・マッケンロー(ジョンの弟)とペアを組んで決勝に進む。ウィートンとP・マッケンローは、3回戦でアンダース・ヤリード(スウェーデン)&ジョン・フィッツジェラルド(オーストラリア)、準決勝でマーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ(ともにオーストラリア)組を破って勝ち進んだが、決勝で同じアメリカのスコット・デービス&デビッド・ペイト組に 7-6, 6-7, 3-6, 5-7 で敗れ、ウィートンは2大会連続でダブルス準優勝に終わった。この年のウィンブルドンで、デビッド・ウィートンはシングルスの自己最高成績を出し、ボリス・ベッカーとの準決勝に進出した。先立つ準々決勝で、ウィートンはアンドレ・アガシと顔を合わせる。第5シードのアガシは、ウィンブルドン選手権の主催者「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」が規定した「ウェアは白基調であること」のルールに反発していたが、1987年以来4年ぶりのウィンブルドン出場に踏み切った。2人のウェアは、アガシが全身すべてを(模様のない)真っ白の服でまとめたのに対し、ウィートンは頭髪のバンダナに米国国旗のデザインがあった。試合はウィートンが 6-2, 0-6, 3-6, 7-6, 6-2 でアガシに勝ったが、準決勝のベッカー戦では 4-6, 6-7, 5-7 のストレートで敗れた。1991年は年末の高額賞金大会「グランドスラム・カップ」で優勝がある。しかし、ウィートンの好成績はあまり長く続かず、1992年以後は4大大会で4回戦以上に勝ち残れなくなった。1994年7月のニューポート大会が、ウィートンの最後のシングルス優勝になる。1998年全米オープンを最後に、彼は4大大会にも出場できなくなり、最後の数年間は男子ツアー下部組織の大会を回った。2001年に32歳で現役を引退した後は、男子テニスのシニア・ツアーを転戦する傍ら、ラジオのトークショーのホストを務めたり、著述や講演活動にも携わっている。
  • David Wheaton (born June 2, 1969) is a former professional tennis player from the United States.
  • David Wheaton (ur. 2 czerwca 1969 w Minneapolis) – amerykański tenisista.Zaczął grać w tenisa mając cztery lata. Trenował u Nicka Bolletieriego z Jimem Courierem i Andre Agassim. Początki miał bardzo obiecujące. Został mistrzem juniorów US Open '87 (w półfinale wygrał z Dilucią, w finale z Andriejem Czerkasowem 7-5 6-0). Miał obiecujący początek w "dorosłym" tenisie: był ćwierćfinalistą Australian Open i US Open w 1990 roku; półfinalistą Wimbledonu rok później.
rdfs:label
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • David Wheaton
  • デビッド・ウィートン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • David Wheaton
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of