L'association des Croix-de-Feu ou Association des combattants de l'avant et des blessés de guerre cités pour action d'éclat (1927-1936) était une ligue d'anciens combattants nationalistes français, dirigée par le colonel François de La Rocque.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • L'association des Croix-de-Feu ou Association des combattants de l'avant et des blessés de guerre cités pour action d'éclat (1927-1936) était une ligue d'anciens combattants nationalistes français, dirigée par le colonel François de La Rocque. Considérée par ses opposants et des historiens anglo-saxons, à tort selon la majorité des historiens français actuels, comme une expression d'un fascisme hexagonal, elle est dissoute en 1936, donnant naissance au Parti social français (1936-1940), plus grand parti de masse de la droite française.
  • Die Croix de Feu (CdF; deutsch: Feuerkreuzler) war eine rechtsextreme Organisation, auch „Liga“ genannt, in Frankreich, die zwischen 1927 und 1936 bestand. Nachdem sie durch die Volksfront-Regierung Léon Blums im Juni 1936 verboten wurde, gründeten ihre Anhänger im Monat darauf den Parti Social Français (PSF, „Französische Sozialpartei“) als Nachfolgeorganisation. Im Juli 1940, nach der Niederlage Frankreichs im Zweiten Weltkrieg, benannte sich die Partei in Progrès Social Français (PSF, „Französischer Sozialer Fortschritt“) um, wurde jedoch Anfang 1943 aufgelöst. Nach der Befreiung Frankreichs 1944 versuchten einige verbliebene Anhänger eine Neugründung als Parti Républicain Social de la Réconciliation Nationale („Republikanische Sozialpartei der Nationalen Versöhnung“), oder kurz Réconciliation Nationale (RN; „Nationale Versöhnung“), doch diese Partei verlor sich alsbald zwischen konservativen und gaullistischen Tendenzen der Vierten Republik.Präsident der CdF war zu Beginn Maurice d’Hartoy, 1930 gefolgt von Maurice Genay. Seit 1931 stand Colonel François de La Rocque an der Spitze der Organisation, die unter ihm einen bedeutenden Aufschwung erlebte und sich von einer reinen Veteranenvereinigung zu einer paramilitärischen Massenbewegung mit einem verzweigten Netzwerk von Neben- und Unterorganisationen wandelte. La Rocque vollführte auch 1936 die Umwandlung in eine politische Partei (Parti social français, PSF) und blieb bis zu seiner Verhaftung durch die deutschen Besatzungsbehörden 1943 deren Führungsfigur. Die Gründung der Réconciliation Nationale im Jahr 1945 war ebenfalls auf La Rocques Initiative zurückzuführen, doch verstarb er Anfang 1946, was den Zerfall der Partei mit verursachte.
  • Croix-de-Feu (pol. Ognisty Krzyż) – francuska skrajnie prawicowa i nacjonalistyczna organizacja (tzw. liga antyparlamentarna) działająca w latach 1927–1936.
  • クロア・ド・フー(Croix-de-Feu)は、フランスの右翼団体。この名称は、団員たちが戦場(feu=火)で戦功章(croix de guerre=戦場の十字勲章)を授けられたからということに由来し、日本では「火の十字団」と呼ばれる。当時の左翼からは、「最も恐るべきファシズム団体」と呼ばれたが思想は穏健保守的で、過激な主張は見られず他の右翼とは敵対関係にあった。機関紙は「フランボー(Le Flambeau:「松明」の意)」。1927年にモーリス・ダルトワ(Maurice d'Hartoy)が、第一次世界大戦の退役軍人のための相互扶助機関として創設。創設にあたっては「香水王」ことフランソワ・コティの資金援助があり、本部もコティの所有する『フィガロ』紙の本部に置かれ、次第に一般の在郷軍人にも加入者が相次ぎ、右翼政治団体としての色彩を濃くした。1931年にフランソワ・ド・ラロックが指導権を握ると、更に武装団体としての志向を強め1934年には団員10万人以上を抱えるようになった。徹底した規律と行き届いた装備を持ち、同じ右翼団体のアクション・フランセーズなどが伸び悩む中で多くの支持者を集めたが、スタヴィスキー事件の事後処理を巡って右翼団体の暴動であともう少しで第三共和政転覆に成功しようとする時に、団員にデモや暴動の参加を禁じて結果として共和政の存続を許してしまうなど、思想面では曖昧なところがあった。1936年に人民戦線が政権を握ると解散に追い込まれるが、ラロックは自らの組織をフランス社会党(現在の社会党とは無関係)に衣替えして、民族主義・反共を主張した。第二次世界大戦でのフランス占領下では「ペタン元帥を規律正しく支持する」として、党名をフランス社会進歩に変更。さらに1941年8月、党は退役軍人組織であるフランス戦士団に合流した。党員の中にはジャン・イバルネガレー(青年・家族・スポーツ担当)やポール・クレイセル(宣伝・情報担当)、フェリクス・オリヴィエ=マルタン(青年問題担当)らのように入閣したものもいる。しかし、ラロック自身は閑職に任じられ、実権を求めて運動したものの無視された。ドイツに公然と抵抗しなかったが、やがて同志の多くがレジスタンス運動に参加。ラロックも連合国のスパイ容疑で1943年に逮捕されて、ドイツに連行された。この為、ジャック・ノベクールのようにラロックを共和主義者、第五共和制の先駆者として擁護するものもいる。終戦後、フランス社会党は再結成を禁じられまもなくラロックは病死した。1961年にドゴールによってラロックの正式な名誉回復がおこなわれた。
  • Croix-de-Feu (Cross of Fire) was a French league of the Interwar period, led by Colonel François de la Rocque (1885–1946). After it was dissolved, as were all other leagues during the Popular Front period (1936–38), de la Rocque replaced it with the Parti social français (PSF).
  • «Огненные кресты» (фр. Les Croix de Feu) или «Боевые кресты» — военизированная националистическая организация во Франции в период между двумя мировыми войнами.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 320098 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 105393034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • L'association des Croix-de-Feu ou Association des combattants de l'avant et des blessés de guerre cités pour action d'éclat (1927-1936) était une ligue d'anciens combattants nationalistes français, dirigée par le colonel François de La Rocque.
  • Croix-de-Feu (pol. Ognisty Krzyż) – francuska skrajnie prawicowa i nacjonalistyczna organizacja (tzw. liga antyparlamentarna) działająca w latach 1927–1936.
  • クロア・ド・フー(Croix-de-Feu)は、フランスの右翼団体。この名称は、団員たちが戦場(feu=火)で戦功章(croix de guerre=戦場の十字勲章)を授けられたからということに由来し、日本では「火の十字団」と呼ばれる。当時の左翼からは、「最も恐るべきファシズム団体」と呼ばれたが思想は穏健保守的で、過激な主張は見られず他の右翼とは敵対関係にあった。機関紙は「フランボー(Le Flambeau:「松明」の意)」。1927年にモーリス・ダルトワ(Maurice d'Hartoy)が、第一次世界大戦の退役軍人のための相互扶助機関として創設。創設にあたっては「香水王」ことフランソワ・コティの資金援助があり、本部もコティの所有する『フィガロ』紙の本部に置かれ、次第に一般の在郷軍人にも加入者が相次ぎ、右翼政治団体としての色彩を濃くした。1931年にフランソワ・ド・ラロックが指導権を握ると、更に武装団体としての志向を強め1934年には団員10万人以上を抱えるようになった。徹底した規律と行き届いた装備を持ち、同じ右翼団体のアクション・フランセーズなどが伸び悩む中で多くの支持者を集めたが、スタヴィスキー事件の事後処理を巡って右翼団体の暴動であともう少しで第三共和政転覆に成功しようとする時に、団員にデモや暴動の参加を禁じて結果として共和政の存続を許してしまうなど、思想面では曖昧なところがあった。1936年に人民戦線が政権を握ると解散に追い込まれるが、ラロックは自らの組織をフランス社会党(現在の社会党とは無関係)に衣替えして、民族主義・反共を主張した。第二次世界大戦でのフランス占領下では「ペタン元帥を規律正しく支持する」として、党名をフランス社会進歩に変更。さらに1941年8月、党は退役軍人組織であるフランス戦士団に合流した。党員の中にはジャン・イバルネガレー(青年・家族・スポーツ担当)やポール・クレイセル(宣伝・情報担当)、フェリクス・オリヴィエ=マルタン(青年問題担当)らのように入閣したものもいる。しかし、ラロック自身は閑職に任じられ、実権を求めて運動したものの無視された。ドイツに公然と抵抗しなかったが、やがて同志の多くがレジスタンス運動に参加。ラロックも連合国のスパイ容疑で1943年に逮捕されて、ドイツに連行された。この為、ジャック・ノベクールのようにラロックを共和主義者、第五共和制の先駆者として擁護するものもいる。終戦後、フランス社会党は再結成を禁じられまもなくラロックは病死した。1961年にドゴールによってラロックの正式な名誉回復がおこなわれた。
  • Croix-de-Feu (Cross of Fire) was a French league of the Interwar period, led by Colonel François de la Rocque (1885–1946). After it was dissolved, as were all other leagues during the Popular Front period (1936–38), de la Rocque replaced it with the Parti social français (PSF).
  • «Огненные кресты» (фр. Les Croix de Feu) или «Боевые кресты» — военизированная националистическая организация во Франции в период между двумя мировыми войнами.
  • Die Croix de Feu (CdF; deutsch: Feuerkreuzler) war eine rechtsextreme Organisation, auch „Liga“ genannt, in Frankreich, die zwischen 1927 und 1936 bestand. Nachdem sie durch die Volksfront-Regierung Léon Blums im Juni 1936 verboten wurde, gründeten ihre Anhänger im Monat darauf den Parti Social Français (PSF, „Französische Sozialpartei“) als Nachfolgeorganisation.
rdfs:label
  • Croix-de-feu
  • Croix de Feu
  • Croix-de-Feu
  • Croix-de-feu
  • Огненные кресты
  • クロア・ド・フー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:otherFunction of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of