PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ce schéma montre les composants principaux d'une locomotive à vapeur.Note : L'image est une composition imaginaire, tous les composants représentés ici n'équipent pas toutes les machines à vapeur. De plus, seules les pièces principales y sont détaillées.Liste des composants principaux du schéma :Tender — Wagon contenant l'eau et le combustible (essence, bois, charbon) nécessaires au fonctionnement de la locomotive. Sur les Locomotive-tenders, le tender est fixé sur le châssis de la locomotive elle-même.Cabine de conduite — Abri (généralement ouvert vers l'arrière à l'air libre) depuis lequel le chauffeur s'occupe de la production de vapeur (alimentation en combustible et surveillance de la pression de vapeur) et le mécanicien de la conduite du train. Le fond de la cabine est équipé de volants, leviers, manomètres, etc de contrôle : il est appelé devanture.Sifflet — Sifflet à vapeur, utilisé comme avertisseur sonore.Arbre de changement de marche — Tige reliant la commande d'inversion de marche de la cabine à la boîte à tiroir, pour inverser le mouvement du moteur à vapeur.Soupape de sécurité — Soupape permettant à la vapeur de s'échapper en cas de pression trop importante (qui sinon pourrait endommager la machine).Générateur électrique — Sur les modèles récents, ce générateur fonctionnant à la vapeur permet d'alimenter en électricité certains appareils (comme l'éclairage).Caisse à sable/Dôme de sablière — Boite contenant du sable, qui peut être lâché sur les rails pour améliorer l'adhérence des roues motrices.Tige du régulateur — Tige de contrôle de l'ouverture du régulateur de vapeur, permettant de changer la quantité de vapeur envoyée aux cylindres moteurs.Dôme de vapeur — Collecte la vapeur créée par la chaudière, pour l'envoyer au régulateur (puis aux cylindres moteurs), parfois à travers des surchauffeurs.Pompe à air — Alimente en air pressurisé les freins de la locomotive, généralement appelé Frein (ou système) Westinghouse, du nom de son concepteur George Westinghouse.Boîte à fumée — Collecte les gaz chauds produits par le combustible, après qu'ils sont passés par les tubes bouilleurs. Elle contient un Pare-escarbilles (ou pare-étincelles), évitant que les plus grosses escarbilles soient aspirés par le tirage de la cheminée et rejetés à l'extérieur. Un arrosage interne est parfois utilisé pour refroidir d'éventuelles cendres.Tuyau d'admission de vapeur — Transporte la vapeur aux cylindres moteur.Porte de la boite à fumée — Porte circulaire donnant accès à la boite à fumée lors de l'entretien.Main courante — Main courante de la traverse de tamponnement.Bogie/bissel arrière — Essieux articulés, supportent le poids de l'arrière de la machine. Dans le cas présent, il s'agit d'un bissel.Passerelle — Court le long de la locomotive, facilite les inspections ou les entretiens].Cadre du châssis — Poutres (machines américaines) ou tôles soudées (machines européennes) sur lesquelles la locomotive est posée. Sabots de frein — Sabots métalliques pressés contre les roues pour freiner la machine.Tuyau de sable — Dépose le sable directement devant les roues motrices, pour augmenter l'adhérence.Bielle d'accouplement — Fixée aux roues motrices, cet axe les entraîne toutes en même temps.Bielles de commande — Système de tiges et de bielles, synchronisant la position des roues avec le fonctionnement des cylindres moteurs, et contrôlant l'avance (rapport puissance/vitesse). Voir pour les détails la distribution Walschaerts.Bielle motrice — Transmet les efforts du piston du cylindre moteur aux roues (par l'intermédiaire de la grosse tête de la bielle d'accouplement). Transforme le mouvement de translation du piston en mouvement de rotation.Axe du piston — Connecte le piston à la petite tête de la bielle motrice.Piston — Se déplaçant d'avant en arrière dans le cylindre moteur, grâce à la pression de la vapeur, il produit le mouvement qui fait avancer la locomotive.Tiroir de distribution — Distribue la vapeur d'un côté ou de l'autre du piston, suivant la position des roues motrices (la synchronisation est faite par les bielles de contrôle). Le tiroir libère la vapeur utilisée d'un côté du piston pendant qu'elle en injecte de l'autre.Boite à vapeur/boite de distribution — Chambre au-dessus ou à côté du cylindre moteur, qui contient le tiroir assurant la distribution de la vapeur au piston.Boite à feu — Chambre contenant le foyer où est introduit le combustible (bois, charbon, essence), généralement placée devant les tubes bouilleurs, et surmontée de la chaudière contenant l'eau.Tubes bouilleurs — Transportent les gaz brûlants de la boite à feu à travers le bouilleur, qui contient l'eau.Bouilleur — Container d'eau, utilisé pour la faire chauffer et la transformer en vapeur.Tubes du surchauffeur — Ces tubes collectent la vapeur du dôme de vapeur, la forcent à repasser dans le bouilleur pour la surchauffer.Régulateur — Permet le contrôle de la quantité de vapeur qui est collectée et envoyée aux cylindres moteur. Généralement, cet élément contient en fait un petit régulateur et un grand régulateur (ou un seul régulateur à soupape), contrôlés par le même mécanisme, ce qui permet un dosage plus progressif. Surchauffeur — Sur les locomotives récentes, les surchauffeurs évitent une trop forte condensation de la vapeur, en la surchauffant (augmentation de 100 à 200 degrés Celsius de la température), ce qui augmente l'efficacité de la machine. Cet élément collecte la vapeur du dôme de vapeur, et la force à repasser dans les tubes du surchauffeur, avant de la libérer dans l'admission.Cheminée — Extrait les gaz et la vapeur (après utilisation) de la machine.Phare avant — Lampe éclairant la voie à l'avant du train. Elle fonctionne par lampe à pétrole, puis par lampe au carbure, et enfin par ampoule électrique.Boyaux des freins — Tubes transmettant de l'air comprimé (ou du vide) aux freins des wagons.Compartiment d'eau — Contient l'eau nécessaire au fonctionnement de la machine.Compartiment du combustible — Contient le combustible. L'alimentation de la chaudière était souvent manuelle, mais les dernières machines avaient des mécanismes (vis sans fin appelés aussi stoker) à cet effet.Foyer — Foyer dans lequel est brûlé le combustible, une grille permet aux cendres de tomber dans le cendrier.Cendrier — Collecte les cendres et scories.Boites d'essieux — Contiennent les paliers des essieux.Balancier de suspension — Relie les suspensions des roues motrices, de manière à répartir les efforts.Ressort à lames — Suspension des roues motrices. En plus d'une suspension verticale, les essieux ont une suspension latérale (entre les roues, sous le châssis), qui permet l'absorption de mouvements latéraux.Roue motrice — Roue qui propulse la locomotive (trois roues de chaque côté sur ce schéma). Chacune d'entre elles est équipée d'une manivelle qui est reliée à la bielle d'accouplement, ainsi que d'un contrepoids (du côté opposé) d'équilibrage ramenant le centre de gravité sur l'essieu.Pied — Connecte les ressorts à lames de la suspension aux roues.Echappement — Collecte la vapeur sortant des cylindres par la boite de distribution et la dirige vers la cheminée. Ce mouvement augmente le tirage et aspire les gaz de la chaudière.Bogie/bissel avant — Petit châssis équipé de roues, qui peut avoir un mouvement de rotation et un déplacement transversal indépendant de la locomotive, facilitant ainsi les prises de virage.Crochet — Crochet d'attelage (à l'arrière comme à l'avant) permettant l'attelage aux wagons ou à une autre locomotive.
  • Паровоз состоит из трёх основных частей: котла, паровой машины и экипажной части. Кроме того, в состав паровоза включается тендер — специальный вагон, где хранятся запасы воды и топлива. Если же вода и топливо хранятся на самом паровозе, то тогда его называют танк-паровозом.Паровой котёл служит для получения пара, то есть является первичным источником энергии. Пар на паровозе является основным рабочим телом во многих устройствах и механизмах и прежде всего в тяговой паровой машине, которая преобразует энергию пара в возвратно-поступательное движение поршня, которое в свою очередь с помощью кривошипно-шатунного механизма трансформируется во вращательное, заставляя крутиться движущие колёса. Помимо этого, пар служит для привода паровоздушного насоса, паротурбогенератора, а также используется в звуковых сигналах — свистке и тифоне. Экипаж паровоза, состоящий из рамы и ходовых частей, является как бы передвижным основанием (остовом) паровоза и служит для несения оборудования и для передвижения паровоза по рельсам. Также иногда в основные части паровоза включают и тендер — прицепляемый к локомотиву вагон, служащий для хранения запасов воды и топлива.
  • 蒸気機関車の構成要素(じょうききかんしゃのこうせいようそ)では、蒸気機関車の典型的な構成要素の名前の一覧を示す。蒸気機関車の構成要素を図に示す。この図は架空の蒸気機関車を示しており、図示されている構成要素が全ての蒸気機関車に存在するとは限らない。また実際の蒸気機関車に存在する構成要素の全てがこの図に示されているわけではなく、図に示されていてもラベル付けされていないものもある。 炭水車(テンダ)(tender) — 火室で使用する燃料(石炭、木材、石油など)とボイラーで使用する水を搭載する車両。 運転席 (cab) — 機関士と機関助士が乗り込んで、機関車を操作し火室の管理をする場所。 汽笛 (whistle) — ボイラーの上に設置されている蒸気で作動する笛。合図や警告のために用いられる。 リーチ・ロッド (reach rod) — 運転席の逆転機ハンドル (reversing actuator/johnson bar) と弁装置を結ぶロッド。 安全弁 (safety valve) — ボイラーの蒸気圧が限界を超えた時に蒸気を逃がす弁。 発電機 (generator) — 後期の機関車において、ポンプを動作させたり前照灯を点けたりするのに用いる電気を起こす、蒸気で動く発電機。 砂箱 (sand box/sand dome) — レールが濡れていたり凍っていたりする時に、摩擦を改善するためにレールに撒く砂を搭載している。 レギュレータ・ハンドル (regulator lever/throttle lever) — レギュレータ(加減弁)(regulator/throttle) を操作してシリンダーへの蒸気の供給を制御する。 蒸気溜め (steam dome) — ボイラーの上に位置し、発生した蒸気を集めて加減弁を通じてシリンダーへ送る役割を果たす。 空気圧縮機 (air pump) — ブレーキで使用する圧縮空気を作る。しばしばジョージ・ウェスティングハウス (en:George Westinghouse) にちなんで「ウェスティングハウス・ポンプ」(Westinghouse pump) と呼ばれる。 煙室 (smoke box) — 火室から過熱管の間を通って流れてきた熱い気体を集める。熱した石炭灰が煙突から外へ出て行くのを防ぐためにガードが取り付けられていることもある。 主蒸気管 (main steam pipe) — 蒸気をシリンダーへ供給する。 煙室扉 (smoke box door) — 蝶番式の円形の扉で、煙室にメンテナンスなどのために入れるようになっている。 手すり (hand rail) — 乗務員や整備担当者がランボードを歩く時に使う手すり。 従輪 (trailing truck/rear bogie) — 機関車の後ろ側の車輪で、運転席や火室の重量を支える。 ランボード (foot board/running board) — 検査や整備のために人が歩けるようになっている通路。イギリスではfootplateと呼ぶ。 台枠 (frame) — 機関車の骨格となる鋼製の枠組み。車軸は台枠に設けられた軸受けを通され、運転席や火室、煙室がその上に設置される。アメリカの機関車では棒台枠 (bar frame) が、イギリスの機関車では板台枠 (plate frame) が主に用いられた。 制輪子(ブレーキ・シュー)(brake shoe) — 動輪に押し当ててブレーキ力を得る。 砂撒き装置 (sand pipe) — 動輪の前に砂を撒いて摩擦を改善するための装置。 連結棒(カップリング・ロッド)(side rods/coupling rods) — 動輪を連結するロッド。 弁装置 (valve gear) — ロッドとリンクにより弁の動作をピストンの動作と同期させて、機関車の進行方向と出力を制御するための装置。 主連棒(コネクティング・ロッド)(main rod/connecting rod) — ピストンの水平往復運動を動輪の回転運動に変換する鋼製のロッド。一般的なレシプロエンジンのコンロッドとは異なり、ピストン(ピストンピン)とは直結しておらず、クロスヘッドを介す。 ピストン・ロッド (piston rod) — クロスヘッドとピストンを連結して、そこから主連棒を駆動する。 ピストン (piston) — シリンダーの中で蒸気圧により前後に動いて、蒸気の膨張力を機械的な動作に変換する。 バルブ (valve) — シリンダーへの蒸気の供給を制御する。タイミングは弁装置によって同期されている。蒸気機関車ではスライドバルブ (slide valve)、ピストンバルブ (piston valve)、ポペットバルブ (poppet valve) のどれかを使用している。 弁室 (valve chest) — シリンダーの上か横に付いている小さな(しばしば円筒形の)空間で、バルブが動作する空間になり蒸気をシリンダーに供給する役割をする。 火室 (firebox) — ボイラーの内側に作られた燃焼室で、周囲には水が満たされている。燃えるものであればほとんどなんでも燃料にすることができるが、通常は石炭、コークス、木材、石油などが用いられる。 煙管 (boiler tube) — 火室からの熱い気体をボイラーの中に通して、周囲の水を熱する。 ボイラー (boiler) — 煙管の中を通る熱い気体によって水を熱して蒸気を作る。 過熱管 (superheater tube) — ボイラーから出てきた蒸気(飽和蒸気)を再度加熱することで、水分を取り除き過熱蒸気にして効率を高める。これを装備するものを過熱式機関車、ないものを飽和式機関車という。 加減弁 (regulator valve/throttle valve) — シリンダーに送られる蒸気の量を調節する。 過熱器 (superheater) — ボイラーからの蒸気をボイラー・チューブに再度通して、蒸気を過熱(沸点を超えて加熱する)し、機関車の効率と出力を改善する。 煙突 (smokestack/chimney) — 煙室の上に取り付けられて、排気を機関士の視界を妨げないように機関車から外に出す。通常は煙室の中まで続いている。 前照灯 (headlight) — 前方を照らすために煙室の前に設置されている灯火。 ブレーキ・ホース (brake hose) — 機関車に連結されている車両にブレーキの制御を伝達するための空気または真空のホース。空気ブレーキを参照。 水槽 (water compartment) — ボイラーで蒸気を生成するために用いる水を貯めておく。 石炭庫 (coal bunker) — 燃焼室で使用する燃料を保管する。燃料は石炭、木材、石油など多岐に及ぶ。火室への燃料投入は手動によるものと、後期の機関車では機械的に(自動給炭器/メカニカルストーカー)行うものがある。 火格子 (grate) — 燃焼中の燃料を支えて、かつ燃えない灰を下に落とす。 灰箱 (ashpan hopper) — 燃焼済みの燃料から出た燃えない灰を貯めておく。 軸箱 (journal box) — 動軸のベアリングを収容している。 イコライザー (equalising lever/equalising bar) — 機関車のサスペンション機構の一部で、板バネと接続して台枠に固定された中央部を中心に回転できるようになっている。 板ばね (leaf spring) — 機関車の主要なサスペンション機構である。各動軸にその軸箱を吊る板ばねが付いている。 動輪 (driving wheel) — ピストンによって駆動することで機関車を推進する車輪。動輪とロッドの重心と回転中心が一致するように動輪におもりが取り付けられている。この例では3つの動輪が備えられている。 ペデスタル (pedestal/saddle) — 軸箱と板ばねを連結する。 ブラストパイプ (blastpipe) — 排気された蒸気を煙突内に吹き出すことで、煙室からボイラーチューブを通る空気の流れを作り出して吸気を行う。 先輪 (leading wheel) — 軌道に沿って機関車を導く先頭部にある車輪。 連結器 (coupler) — 機関車の前と後ろにあって、機関車と他の車両を連結する。
  • This is a glossary of the components found on typical steam locomotives.Guide to steam locomotive components (The image is of a composite imaginary locomotive, not all components are present on all locomotives and not all possible components are present and/or labelled in the illustration above). 1 Tender — Container holding both water for the boiler and combustible fuel such as wood, coal or oil for the fire box. 2 Cab — Compartment from which the engineer and fireman can control the engine and tend the firebox. 3 Whistle — Steam powered whistle, located on top of the boiler and used as a signalling and warning device. 4 Reach rod — Rod linking the reversing actuator in the cab (often a johnson bar)) to the valve gear. 5 Safety valve — Pressure relief valve to stop the boiler exceeding the operating limit. 6 Generator — small steam turbine directly coupled with electrical generator to headlights etc. 7 Sand dome — Holds sand that can be deposited on the rails to improve traction, especially in wet or icy conditions. 8 Throttle Lever/Regulator — Controls the opening of the regulator/throttle valve (#.31) thereby controlling the supply of steam to the cylinders. 9 Steam dome — Collects the steam at the top of the boiler so that it can be fed to the engine via the regulator/throttle valve10 Air pump — Provides air pressure for operating the brakes (train air brake system). This is sometimes called a Westinghouse pump or Knorr pump after George Westinghouse and Georg Knorr. Usually a steam powered pump with steam cylinder coupled with air cylinder.11 Smokebox — Collects the hot gases that have passed from the firebox and through the boiler tubes. It may contain a cinder guard to prevent hot cinders being exhausted up the chimney. Usually has a blower to help draw the fire when the regulator is closed. Steam exhausting from the cylinders is also directed up to the chimney through the smokebox to draw the fire while the regulator is open. Blower a circular pipe below the chimney petticoat pipe, with holes to blow steam upwards. Provides a draught to encourage the fire when stationary and the blastpipe is not effective. This draught also prevent smoke and flame from entering the cab. 12 Main steam pipe — carries steam to the cylinders.13 Smoke box door — Hinged circular door to allow service access to the smoke box.14 Hand rail — Support rail for crew when walking along the foot board.15 Trailing truck/Rear bogie — Wheels at the rear of the locomotive to help support the weight of the cab and fire box.16 Foot board/Running board — Walkway along the locomotive to facilitate inspection and maintenance. UK terminology is Footplate.17 Frame — Steel beams around which the locomotive is built. The wheels run in slots within the frames, and the cab, fire box, boiler and smoke box are mounted on top. American locomotives usually have bar frames (made from steel bar) or cast steel frames, while British locomotives usually have plate frames (made from steel plate).18 Brake shoe and brake block — Applied directly to all the driving wheels for braking.19 Sand pipe — Deposits sand directly in front of the driving wheels to aid traction.20 Side rods/Coupling rods — Connects the driving wheels together.21 Valve gear/motion — System of rods and linkages synchronising the valves with the pistons and controls the direction and power output of the locomotive. 22 Main rod/Connecting rod — Steel arm that converts the horizontal motion of the piston into a rotation motion of the driver wheels. The connection between piston and main rod is supported by a horizontal slide-bar behind the cylinder.23 Piston rod — Connects the piston to the cross-head axle, which drives the main/connecting rods.24 Piston — Driven backward and forward within the cylinder by steam pressure, producing mechanical motion from steam expansion.25 Valve — Controls the supply of steam to the cylinders, timing is synchronised by the valve gear connect to the Drivers. Steam locomotives may have slide valves, piston valves or poppet valves.26 Valve chest/steam chest — Small chamber (sometimes cylindrical) above or to the side of the main cylinder containing passageways used by the valves to distribute live steam to the cylinders.27 Firebox — Furnace chamber that is built into the boiler and usually surrounded by water. Almost anything combustible can be used as fuel but generally coal, coke, wood or oil are burnt.28 Boiler tubes — Carry hot gasses from the fire box through the boiler, heating the surrounding water.29 Boiler — Water container that is heated by hot gases passed through boiler tubes, thereby producing steam.30 Superheater tubes — Pass steam back through the boiler to dry out and 'super heat' the steam for greater efficiency.31 Regulator/Throttle valve — Controls the amount of steam delivered to the cylinders (also see #.8).32 Superheater — Feeds steam back through boiler tubes to superheat (heat beyond just boiling point) the steam to increase the engine efficiency and power.33 Chimney/Smokestack — Short chimney on top of the smokebox to carry the exhaust (smoke) away from the engine so that it doesn't obscure the engineer's vision. Usually extended down inside the smokebox - the extension is called a petticoat. Some railways, e.g. the Great Western Railway, fitted a decorative copper cap to the top of the chimney.34 Headlight — Lamp on front of the smoke box to provide forward visibility.35 Brake hose — Air or vacuum hose for transmitting braking control to attached rolling stock. See air brake and vacuum brake.36 Water compartment — Container for water used by the boiler to produce steam that is subsequently usually exhausted from the cylinders.37 Coal bunker — Fuel supply for the furnace. Variations may hold wood, coke, or oil. Fed to the firebox either manually or, in later engines, mechanically.38 Grate — Holds the burning fuel and allows unburnable ash to drop through.39 Ashpan hopper — Collects the unburnable ash from spent fuel.40 Journal box — Contains the plain bearing for a driver wheel's axle.41 Equalising beams/Equalising levers/Equalising bars — Part of the locomotive suspension system, connected to leaf springs, free to pivot about their centre which is firmly fixed to the frame. Function is to even out load distribution across axles on uneven or poorly laid tracks.42 Leaf Springs — Main suspension element for the locomotive. For each driver wheel there is a leaf spring suspending its axle's journal box.43 Driving wheel/Driver — Wheel driven by the pistons to propel the locomotive. Drivers are balanced by weights so that the centre of gravity, of the drivers and rods, coincides with the center of rotation. There are 3 sets of driving wheels in this example.44 Pedestal or saddle — Connects a leaf spring to a driver wheel's journal box.45 Blast pipe — Directs exhaust steam up the chimney, creating a draught that draws air through the fire and along the boiler tubes.46 Pilot truck/Leading bogie — Wheels at the front to guide the locomotive along the track.47 Coupling/Coupler — Device at the front and rear of the locomotive for connecting locomotives and rail cars together. Snifting valve (not shown) — An anti-vacuum valve which permits air to be drawn through the superheater and cylinders which allows the engine to coast freely when the regulator is closed.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1953790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 108017479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:commons
  • Category:Steam locomotive parts
prop-fr:commonsTitre
  • Les pièces de locomotives à vapeur
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Ce schéma montre les composants principaux d'une locomotive à vapeur.Note : L'image est une composition imaginaire, tous les composants représentés ici n'équipent pas toutes les machines à vapeur. De plus, seules les pièces principales y sont détaillées.Liste des composants principaux du schéma :Tender — Wagon contenant l'eau et le combustible (essence, bois, charbon) nécessaires au fonctionnement de la locomotive.
  • 蒸気機関車の構成要素(じょうききかんしゃのこうせいようそ)では、蒸気機関車の典型的な構成要素の名前の一覧を示す。蒸気機関車の構成要素を図に示す。この図は架空の蒸気機関車を示しており、図示されている構成要素が全ての蒸気機関車に存在するとは限らない。また実際の蒸気機関車に存在する構成要素の全てがこの図に示されているわけではなく、図に示されていてもラベル付けされていないものもある。 炭水車(テンダ)(tender) — 火室で使用する燃料(石炭、木材、石油など)とボイラーで使用する水を搭載する車両。 運転席 (cab) — 機関士と機関助士が乗り込んで、機関車を操作し火室の管理をする場所。 汽笛 (whistle) — ボイラーの上に設置されている蒸気で作動する笛。合図や警告のために用いられる。 リーチ・ロッド (reach rod) — 運転席の逆転機ハンドル (reversing actuator/johnson bar) と弁装置を結ぶロッド。 安全弁 (safety valve) — ボイラーの蒸気圧が限界を超えた時に蒸気を逃がす弁。 発電機 (generator) — 後期の機関車において、ポンプを動作させたり前照灯を点けたりするのに用いる電気を起こす、蒸気で動く発電機。 砂箱 (sand box/sand dome) — レールが濡れていたり凍っていたりする時に、摩擦を改善するためにレールに撒く砂を搭載している。 レギュレータ・ハンドル (regulator lever/throttle lever) — レギュレータ(加減弁)(regulator/throttle) を操作してシリンダーへの蒸気の供給を制御する。 蒸気溜め (steam dome) — ボイラーの上に位置し、発生した蒸気を集めて加減弁を通じてシリンダーへ送る役割を果たす。 空気圧縮機 (air pump) — ブレーキで使用する圧縮空気を作る。しばしばジョージ・ウェスティングハウス (en:George Westinghouse) にちなんで「ウェスティングハウス・ポンプ」(Westinghouse pump) と呼ばれる。 煙室 (smoke box) — 火室から過熱管の間を通って流れてきた熱い気体を集める。熱した石炭灰が煙突から外へ出て行くのを防ぐためにガードが取り付けられていることもある。 主蒸気管 (main steam pipe) — 蒸気をシリンダーへ供給する。 煙室扉 (smoke box door) — 蝶番式の円形の扉で、煙室にメンテナンスなどのために入れるようになっている。 手すり (hand rail) — 乗務員や整備担当者がランボードを歩く時に使う手すり。 従輪 (trailing truck/rear bogie) — 機関車の後ろ側の車輪で、運転席や火室の重量を支える。 ランボード (foot board/running board) — 検査や整備のために人が歩けるようになっている通路。イギリスではfootplateと呼ぶ。 台枠 (frame) — 機関車の骨格となる鋼製の枠組み。車軸は台枠に設けられた軸受けを通され、運転席や火室、煙室がその上に設置される。アメリカの機関車では棒台枠 (bar frame) が、イギリスの機関車では板台枠 (plate frame) が主に用いられた。 制輪子(ブレーキ・シュー)(brake shoe) — 動輪に押し当ててブレーキ力を得る。 砂撒き装置 (sand pipe) — 動輪の前に砂を撒いて摩擦を改善するための装置。 連結棒(カップリング・ロッド)(side rods/coupling rods) — 動輪を連結するロッド。 弁装置 (valve gear) — ロッドとリンクにより弁の動作をピストンの動作と同期させて、機関車の進行方向と出力を制御するための装置。 主連棒(コネクティング・ロッド)(main rod/connecting rod) — ピストンの水平往復運動を動輪の回転運動に変換する鋼製のロッド。一般的なレシプロエンジンのコンロッドとは異なり、ピストン(ピストンピン)とは直結しておらず、クロスヘッドを介す。 ピストン・ロッド (piston rod) — クロスヘッドとピストンを連結して、そこから主連棒を駆動する。 ピストン (piston) — シリンダーの中で蒸気圧により前後に動いて、蒸気の膨張力を機械的な動作に変換する。 バルブ (valve) — シリンダーへの蒸気の供給を制御する。タイミングは弁装置によって同期されている。蒸気機関車ではスライドバルブ (slide valve)、ピストンバルブ (piston valve)、ポペットバルブ (poppet valve) のどれかを使用している。 弁室 (valve chest) — シリンダーの上か横に付いている小さな(しばしば円筒形の)空間で、バルブが動作する空間になり蒸気をシリンダーに供給する役割をする。 火室 (firebox) — ボイラーの内側に作られた燃焼室で、周囲には水が満たされている。燃えるものであればほとんどなんでも燃料にすることができるが、通常は石炭、コークス、木材、石油などが用いられる。 煙管 (boiler tube) — 火室からの熱い気体をボイラーの中に通して、周囲の水を熱する。 ボイラー (boiler) — 煙管の中を通る熱い気体によって水を熱して蒸気を作る。 過熱管 (superheater tube) — ボイラーから出てきた蒸気(飽和蒸気)を再度加熱することで、水分を取り除き過熱蒸気にして効率を高める。これを装備するものを過熱式機関車、ないものを飽和式機関車という。 加減弁 (regulator valve/throttle valve) — シリンダーに送られる蒸気の量を調節する。 過熱器 (superheater) — ボイラーからの蒸気をボイラー・チューブに再度通して、蒸気を過熱(沸点を超えて加熱する)し、機関車の効率と出力を改善する。 煙突 (smokestack/chimney) — 煙室の上に取り付けられて、排気を機関士の視界を妨げないように機関車から外に出す。通常は煙室の中まで続いている。 前照灯 (headlight) — 前方を照らすために煙室の前に設置されている灯火。 ブレーキ・ホース (brake hose) — 機関車に連結されている車両にブレーキの制御を伝達するための空気または真空のホース。空気ブレーキを参照。 水槽 (water compartment) — ボイラーで蒸気を生成するために用いる水を貯めておく。 石炭庫 (coal bunker) — 燃焼室で使用する燃料を保管する。燃料は石炭、木材、石油など多岐に及ぶ。火室への燃料投入は手動によるものと、後期の機関車では機械的に(自動給炭器/メカニカルストーカー)行うものがある。 火格子 (grate) — 燃焼中の燃料を支えて、かつ燃えない灰を下に落とす。 灰箱 (ashpan hopper) — 燃焼済みの燃料から出た燃えない灰を貯めておく。 軸箱 (journal box) — 動軸のベアリングを収容している。 イコライザー (equalising lever/equalising bar) — 機関車のサスペンション機構の一部で、板バネと接続して台枠に固定された中央部を中心に回転できるようになっている。 板ばね (leaf spring) — 機関車の主要なサスペンション機構である。各動軸にその軸箱を吊る板ばねが付いている。 動輪 (driving wheel) — ピストンによって駆動することで機関車を推進する車輪。動輪とロッドの重心と回転中心が一致するように動輪におもりが取り付けられている。この例では3つの動輪が備えられている。 ペデスタル (pedestal/saddle) — 軸箱と板ばねを連結する。 ブラストパイプ (blastpipe) — 排気された蒸気を煙突内に吹き出すことで、煙室からボイラーチューブを通る空気の流れを作り出して吸気を行う。 先輪 (leading wheel) — 軌道に沿って機関車を導く先頭部にある車輪。 連結器 (coupler) — 機関車の前と後ろにあって、機関車と他の車両を連結する。
  • This is a glossary of the components found on typical steam locomotives.Guide to steam locomotive components (The image is of a composite imaginary locomotive, not all components are present on all locomotives and not all possible components are present and/or labelled in the illustration above). 1 Tender — Container holding both water for the boiler and combustible fuel such as wood, coal or oil for the fire box.
  • Паровоз состоит из трёх основных частей: котла, паровой машины и экипажной части. Кроме того, в состав паровоза включается тендер — специальный вагон, где хранятся запасы воды и топлива. Если же вода и топливо хранятся на самом паровозе, то тогда его называют танк-паровозом.Паровой котёл служит для получения пара, то есть является первичным источником энергии.
rdfs:label
  • Composants d'une locomotive à vapeur
  • Budowa parowozu
  • Glossary of steam locomotive components
  • Устройство паровоза
  • 蒸気機関車の構成要素
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of