Claude Gagnon est un producteur, scénariste, réalisateur, monteur, acteur et directeur de la photographie. québécois né le 1er janvier 1949 à Saint-Hyacinthe (Canada).↑ (en+ja) « The pianist » [PDF], sur gailtravers.com

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Claude Gagnon est un producteur, scénariste, réalisateur, monteur, acteur et directeur de la photographie. québécois né le 1er janvier 1949 à Saint-Hyacinthe (Canada).
  • Claude Gagnon is a Canadian born director, actor, and producer. He was born in 1949 in Saint-Hyacinthe, Quebec. He helped produce several films such as Visage pâle (1985), Heaven (1999), and Looking for Anne (2009). He won the Directors Guild of Japan New Directors Award in 1979 for Keiko.
  • クロード・ガニオン(Claude Gagnon, 1949年12月18日 - )は、カナダのケベック州出身の映画監督。1970年、日本万国博覧会の取材のためにスチルカメラマンとして日本を訪れ、日本の風土に魅せられて日本に定住。1973年、バレリーナのユリ・ヨシムラ・ガニオンと結婚し、ともに短編やドキュメンタリーの製作を開始する。1973年、初の長編作品である映画『Keiko』で日本映画監督協会新人賞を受賞。同賞の外国人による受賞は史上初であった。後にカナダに帰国し、1994年、フランスのテレビ局であるTF1の依頼により、『トーマの愛のために』の監督、共同脚本、共同製作として参加し、38.2パーセントのトップ視聴率の成功を収めた。その後もカナダと日本を舞台として意欲作を発表し続けており、1985年公開の『スロウ・タイム』がモントリオール世界映画祭で国際プレス大賞を受賞したことで、名実ともに世界一流監督の仲間入りを果たす。1987年には実在の障害者を題材とした映画『ケニー』で同映画祭のグランプリに輝き、2012年にはカナダと日本の共同制作による映画『カラカラ』が同映画祭の「世界に開かれた視点賞」と「観客賞(カナダ長編部門)」の2冠に輝いた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 573669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109604516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Claude Gagnon est un producteur, scénariste, réalisateur, monteur, acteur et directeur de la photographie. québécois né le 1er janvier 1949 à Saint-Hyacinthe (Canada).↑ (en+ja) « The pianist » [PDF], sur gailtravers.com
  • Claude Gagnon is a Canadian born director, actor, and producer. He was born in 1949 in Saint-Hyacinthe, Quebec. He helped produce several films such as Visage pâle (1985), Heaven (1999), and Looking for Anne (2009). He won the Directors Guild of Japan New Directors Award in 1979 for Keiko.
  • クロード・ガニオン(Claude Gagnon, 1949年12月18日 - )は、カナダのケベック州出身の映画監督。1970年、日本万国博覧会の取材のためにスチルカメラマンとして日本を訪れ、日本の風土に魅せられて日本に定住。1973年、バレリーナのユリ・ヨシムラ・ガニオンと結婚し、ともに短編やドキュメンタリーの製作を開始する。1973年、初の長編作品である映画『Keiko』で日本映画監督協会新人賞を受賞。同賞の外国人による受賞は史上初であった。後にカナダに帰国し、1994年、フランスのテレビ局であるTF1の依頼により、『トーマの愛のために』の監督、共同脚本、共同製作として参加し、38.2パーセントのトップ視聴率の成功を収めた。その後もカナダと日本を舞台として意欲作を発表し続けており、1985年公開の『スロウ・タイム』がモントリオール世界映画祭で国際プレス大賞を受賞したことで、名実ともに世界一流監督の仲間入りを果たす。1987年には実在の障害者を題材とした映画『ケニー』で同映画祭のグランプリに輝き、2012年にはカナダと日本の共同制作による映画『カラカラ』が同映画祭の「世界に開かれた視点賞」と「観客賞(カナダ長編部門)」の2冠に輝いた。
rdfs:label
  • Claude Gagnon
  • Claude Gagnon
  • クロード・ガニオン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:producedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-fr:production of
is prop-fr:réalisation of
is prop-fr:scénario of
is foaf:primaryTopic of