Sir Charles Elliot, KCB (1801 – 9 septembre 1875) est un officier de marine britannique, diplomate et administrateur colonial. Il devint le premier administrateur de Hong Kong en 1841 alors qu'il servait à la fois de ministre plénipotentiaire et de surintendant en chef du commerce britannique en Chine. Il est le fondateur de Hong Kong comme colonie britannique.↑ Endacott 2005, p. 1

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Sir Charles Elliot, KCB (1801 – 9 septembre 1875) est un officier de marine britannique, diplomate et administrateur colonial. Il devint le premier administrateur de Hong Kong en 1841 alors qu'il servait à la fois de ministre plénipotentiaire et de surintendant en chef du commerce britannique en Chine. Il est le fondateur de Hong Kong comme colonie britannique.
  • チャールズ・エリオット(英: Sir Charles Elliot、1801年 ? 1875年9月9日)は、バース勲爵士、イギリス海軍士官、外交官、植民地行政官であった。イギリス対清貿易における全権かつ商務総監の在勤中の1841年に香港の初代行政長官となった。イギリス植民地としての香港の創設のキーマンの一人である。ザクセンのドレスデンに生まれ、1815年にイギリス海軍に入隊し、翌年、バーバリ海賊に対するアルジェ砲撃に士官候補生として従軍した。4年間の東インド艦隊勤務の後、1820年に本国艦隊に勤務。1822年、西アフリカ戦隊に転属となるとともに尉官に進級。西インド艦隊での勤務の後、1828年に佐官に進級。ハイチでクララ・ウィンザーに出会い、1828年に結婚した。現役からの退役後、外務省におけるキャリアに就いた。1830年から1833年の間、イギリス領ギアナにおいて奴隷保護官であった。1834年に商務総監ネイピア卿のスタッフ、船務総管として、清に赴任した。1836年から1841年までの間、全権商務総監となった。1842年から1846年の間、テキサス共和国の臨時代理大使兼総領事となった。バーミューダ総督(1846年-54年)、トリニダード総督(1854年-56年)、セントヘレナ総督(1863年-69年)を歴任し、1856年にナイトに叙された(バース勲爵士団ナイト・コマンダー)。
  • Sir Charles Elliot, KCB (1801 – 9 September 1875), was a British naval officer, diplomat, and colonial administrator. He became the first administrator of Hong Kong in 1841 while serving as both Plenipotentiary and Chief Superintendent of British Trade in China. He was a key founder in the establishment of Hong Kong as a British colony.Born in Dresden, Saxony, Elliot joined the Royal Navy in 1815 and served as a midshipman in the bombardment of Algiers against Barbary pirates the following year. After serving in the East Indies Station for four years, he joined the Home Station in 1820. He joined the West Africa Squadron and became a lieutenant in 1822. After serving in the West Indies Station, he was promoted to captain in 1828. He met Clara Windsor in Haiti and they married in 1828.After retiring from active military service, Elliot followed a career in the Foreign Office. From 1830 to 1833, he was Protector of Slaves in Guiana. In 1834, he went to China as Master Attendant to the staff of Chief Superintendent Lord Napier. He became Plenipotentiary and Chief Superintendent from 1836 to 1841. From 1842 to 1846, Elliot was chargé d'affaires and consul general in the Republic of Texas. He served as Governor of Bermuda (1846–54), Governor of Trinidad (1854–56), and Governor of Saint Helena (1863–69). He was made a Knight Commander of the Order of the Bath in 1856.
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathAge
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1875-09-09 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:decoration
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:otherFunction
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:thumbnailCaption
  • Charles Elliot vers 1855
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6008017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109348139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:autresFonctions
prop-fr:dateDeDécès
  • 1875-09-09 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1801 (xsd:integer)
prop-fr:distinctions
prop-fr:fr
  • William Napier
prop-fr:lang
  • en
prop-fr:lieuDeDécès
prop-fr:lieuDeNaissance
prop-fr:légende
  • Charles Elliot vers 1855
prop-fr:nom
  • Sir Charles Elliot
prop-fr:origine
prop-fr:tailleImage
  • 280 (xsd:integer)
prop-fr:texte
  • Lord Napier
prop-fr:trad
  • William Napier, 9th Lord Napier
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:âgeAuDécès
  • ~74
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Sir Charles Elliot, KCB (1801 – 9 septembre 1875) est un officier de marine britannique, diplomate et administrateur colonial. Il devint le premier administrateur de Hong Kong en 1841 alors qu'il servait à la fois de ministre plénipotentiaire et de surintendant en chef du commerce britannique en Chine. Il est le fondateur de Hong Kong comme colonie britannique.↑ Endacott 2005, p. 1
  • チャールズ・エリオット(英: Sir Charles Elliot、1801年 ? 1875年9月9日)は、バース勲爵士、イギリス海軍士官、外交官、植民地行政官であった。イギリス対清貿易における全権かつ商務総監の在勤中の1841年に香港の初代行政長官となった。イギリス植民地としての香港の創設のキーマンの一人である。ザクセンのドレスデンに生まれ、1815年にイギリス海軍に入隊し、翌年、バーバリ海賊に対するアルジェ砲撃に士官候補生として従軍した。4年間の東インド艦隊勤務の後、1820年に本国艦隊に勤務。1822年、西アフリカ戦隊に転属となるとともに尉官に進級。西インド艦隊での勤務の後、1828年に佐官に進級。ハイチでクララ・ウィンザーに出会い、1828年に結婚した。現役からの退役後、外務省におけるキャリアに就いた。1830年から1833年の間、イギリス領ギアナにおいて奴隷保護官であった。1834年に商務総監ネイピア卿のスタッフ、船務総管として、清に赴任した。1836年から1841年までの間、全権商務総監となった。1842年から1846年の間、テキサス共和国の臨時代理大使兼総領事となった。バーミューダ総督(1846年-54年)、トリニダード総督(1854年-56年)、セントヘレナ総督(1863年-69年)を歴任し、1856年にナイトに叙された(バース勲爵士団ナイト・コマンダー)。
  • Sir Charles Elliot, KCB (1801 – 9 September 1875), was a British naval officer, diplomat, and colonial administrator. He became the first administrator of Hong Kong in 1841 while serving as both Plenipotentiary and Chief Superintendent of British Trade in China.
rdfs:label
  • Charles Elliot
  • Charles Elliot
  • チャールズ・エリオット (海軍士官)
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Sir Charles Elliot
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:commandant of
is foaf:primaryTopic of