Catulle Mendès, né à Bordeaux le 22 mai 1841 et mort à Saint-Germain-en-Laye le 7 février 1909, est un écrivain et poète français.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Catulle Mendès, né à Bordeaux le 22 mai 1841 et mort à Saint-Germain-en-Laye le 7 février 1909, est un écrivain et poète français.
  • Catulle Mendès (* 22. Mai 1841 in Bordeaux; † 7. Februar 1909 in Saint-Germain-en-Laye) war ein französischer Schriftsteller und Dichter.
  • Catulle Mendès (22 May 1841 – 8 February 1909) was a French poet and man of letters.
  • Катюль Мендес (фр. Catulle Mendès, 22 мая 1841, Бордо — 8 февраля 1909) — французский поэт, представитель парнасской школы.
  • カチュール・マンデス(Catulle Mendès, 1841年5月22日 - 1909年2月8日)は、フランスの詩人・文士・評論家。カテュール・マンデス、カチュル・マンデス、カテュル・マンデスとも呼ばれる。ボルドーにおいてユダヤ系の家庭に生まれる。『ある夜の物語』(Roman d'une nuit )の「気紛れな諷刺」(Revue fantaisiste )の出版によってたちどころに悪名を馳せたために、早くにパリで名を揚げるも、1月間の拘留と罰金500フランを命ぜられた。高踏派運動が興ると当初からそれと手を組み、処女詩集『ピロメラ』(Philoméla, 1863年)において比類のない押韻の技巧を発揮した。その後の著書においてマンデスは、「典雅な韻文というものは、著しい独創性がというよりも、むしろ他の作者の巧妙な模倣が特徴となる」と論評している。マンデスの多芸多才や豊かな創造力は、一連の評論や(いくつかの脚本を含む)戯曲、長編小説や短編小説に表れている。マンデスの短編は、フランスお家芸の自由奔放な「説話物語」(conte )の伝統を受け継いでいる。ルノワールなどと並ぶフランス初期のワグネリアンの一人として著名であり、1880年の長編小説『童貞王』(Le Roi vierge )において、バイエルン王ルートヴィヒ2世とワーグナーについて扱っている。1866年に詩人テオフィル・ゴーチエの娘で翻訳家のジュディットと結婚するが、後に別居し、愛人の女性作曲家オーギュスタ・オルメスの許に走った。ちなみにルノワールの絵画「ピアノの前のマンデスの娘たち」はいずれもジュディットの子ではなく、オルメスとの間の子供である。1909年2月8日の早朝に、サンジェルマンの鉄道のトンネル内で轢死体となって発見された。前日に夜行列車でパリを発っていることから、まだ列車がトンネル内を通行している最中に、駅に着いたものと思って車輛の扉を開けたものと推測される。
  • Catulle Mendès (Bordeaux, 22 marzo 1841 – Saint-Germain-en-Laye, 7 febbraio 1909) è stato un poeta e scrittore francese.
  • Catulle Mendès (ur. 22 maja 1841 w Bordeaux, Francja, zm. 7 lutego 1909 w Saint-Germain-en-Laye, Francja) − francuski poeta, dramaturg, powieściopisarz i intelektualista; przedstawiciel parnasizmu.
  • Catulle Mendès (Burdeos, 22 de mayo de 1841 - Saint-Germain-en-Laye, 7 de febrero de 1909), escritor francés del parnasianismo.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1841-05-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:bnfId
  • 119155626
dbpedia-owl:deathDate
  • 1909-02-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:individualisedGnd
  • 118783203
dbpedia-owl:isniId
  • 0000 0001 2127 2441
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:profession
dbpedia-owl:sudocId
  • 027022838
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:thumbnailCaption
  • Portrait de Catulle Mendès.
dbpedia-owl:viafId
  • 34460397
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 138535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 111005013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:activités
prop-fr:bnf
  • 119155626 (xsd:integer)
prop-fr:commons
  • Category:Catulle Mendès
prop-fr:dateDeDécès
  • 1909-02-07 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1841-05-22 (xsd:date)
prop-fr:gnd
  • 118783203 (xsd:integer)
prop-fr:isni
  • 121272441 (xsd:integer)
prop-fr:langue
  • français
prop-fr:lieuDeDécès
prop-fr:lieuDeNaissance
prop-fr:légende
  • Portrait de Catulle Mendès.
prop-fr:mouvement
prop-fr:nla
  • 36247917 (xsd:integer)
prop-fr:nom
  • Catulle Mendès
prop-fr:selibr
  • 309501 (xsd:integer)
prop-fr:sudoc
  • 27022838 (xsd:integer)
prop-fr:viaf
  • 34460397 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wikisource
  • Catulle Mendès
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Catulle Mendès, né à Bordeaux le 22 mai 1841 et mort à Saint-Germain-en-Laye le 7 février 1909, est un écrivain et poète français.
  • Catulle Mendès (* 22. Mai 1841 in Bordeaux; † 7. Februar 1909 in Saint-Germain-en-Laye) war ein französischer Schriftsteller und Dichter.
  • Catulle Mendès (22 May 1841 – 8 February 1909) was a French poet and man of letters.
  • Катюль Мендес (фр. Catulle Mendès, 22 мая 1841, Бордо — 8 февраля 1909) — французский поэт, представитель парнасской школы.
  • カチュール・マンデス(Catulle Mendès, 1841年5月22日 - 1909年2月8日)は、フランスの詩人・文士・評論家。カテュール・マンデス、カチュル・マンデス、カテュル・マンデスとも呼ばれる。ボルドーにおいてユダヤ系の家庭に生まれる。『ある夜の物語』(Roman d'une nuit )の「気紛れな諷刺」(Revue fantaisiste )の出版によってたちどころに悪名を馳せたために、早くにパリで名を揚げるも、1月間の拘留と罰金500フランを命ぜられた。高踏派運動が興ると当初からそれと手を組み、処女詩集『ピロメラ』(Philoméla, 1863年)において比類のない押韻の技巧を発揮した。その後の著書においてマンデスは、「典雅な韻文というものは、著しい独創性がというよりも、むしろ他の作者の巧妙な模倣が特徴となる」と論評している。マンデスの多芸多才や豊かな創造力は、一連の評論や(いくつかの脚本を含む)戯曲、長編小説や短編小説に表れている。マンデスの短編は、フランスお家芸の自由奔放な「説話物語」(conte )の伝統を受け継いでいる。ルノワールなどと並ぶフランス初期のワグネリアンの一人として著名であり、1880年の長編小説『童貞王』(Le Roi vierge )において、バイエルン王ルートヴィヒ2世とワーグナーについて扱っている。1866年に詩人テオフィル・ゴーチエの娘で翻訳家のジュディットと結婚するが、後に別居し、愛人の女性作曲家オーギュスタ・オルメスの許に走った。ちなみにルノワールの絵画「ピアノの前のマンデスの娘たち」はいずれもジュディットの子ではなく、オルメスとの間の子供である。1909年2月8日の早朝に、サンジェルマンの鉄道のトンネル内で轢死体となって発見された。前日に夜行列車でパリを発っていることから、まだ列車がトンネル内を通行している最中に、駅に着いたものと思って車輛の扉を開けたものと推測される。
  • Catulle Mendès (Bordeaux, 22 marzo 1841 – Saint-Germain-en-Laye, 7 febbraio 1909) è stato un poeta e scrittore francese.
  • Catulle Mendès (ur. 22 maja 1841 w Bordeaux, Francja, zm. 7 lutego 1909 w Saint-Germain-en-Laye, Francja) − francuski poeta, dramaturg, powieściopisarz i intelektualista; przedstawiciel parnasizmu.
  • Catulle Mendès (Burdeos, 22 de mayo de 1841 - Saint-Germain-en-Laye, 7 de febrero de 1909), escritor francés del parnasianismo.
rdfs:label
  • Catulle Mendès
  • Catulle Mendès
  • Catulle Mendès
  • Catulle Mendès
  • Catulle Mendès
  • Catulle Mendès
  • Мендес, Катюль
  • カチュール・マンデス
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Catulle Mendès
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:chorégraphie of
is foaf:primaryTopic of