William "Bill" Bowrey, né le 25 décembre 1943 à Sydney, est un joueur de tennis australien.Il a remporté les Championnats d'Australie en 1968 en simple. Il y avait déjà disputé la finale du double mixte en 1966 et celle du double messieurs en 1967.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • William "Bill" Bowrey, né le 25 décembre 1943 à Sydney, est un joueur de tennis australien.Il a remporté les Championnats d'Australie en 1968 en simple. Il y avait déjà disputé la finale du double mixte en 1966 et celle du double messieurs en 1967.
  • William "Bill" Bowrey (born 25 December 1943) is a former Australian male tennis player.Bowrey was born in Sydney, New South Wales, Australia and is best remembered as the last amateur to win the Australian Championships in 1968 before the tournament opened itself for professional tennis players in 1969.At the age of 16 Bill was a member of the schoolboys' NSW state PSAAA tennis team. In the process of qualifying he overcame promising Newcastle junior Ross Flanagan who had match point against Bowrey. Bowrey held on to win and Ross Flanagan decided to pursue a less spectacular career as a Physics and Sports Biomechanics Lecturer at The University of Newcastle.
  • William "Bill" Bowrey (n. 25 de diciembre de 1943) es un ex-jugador australiano de tenis.Nacido en Sídney es recordado por ser el último jugador amateur en ganar el Abierto de Australia en 1968, antes de que el torneo abriera sus puertas a los jugadores profesionales en 1969. En la final derrotó al español Juan Gisbert por 7-5, 2-6, 9-7 y 6-4. A pesar de que ese año se instauró en el tenis la participación de profesionales en los torneos, la federación australiana (una institución muy conservadora) decidió seguir con el amateurismo, por lo que los grandes jugadores de la época como Santana, Emerson, Newcombe o Roche no participaron. Así el cuadro quedó conformado por un 90% de jugadores australianos, y Bowrey consiguió el único título grande de su carrera.Otros logros importantes incluyen haber alcanzado las finales de dobles masculinos de los torneos de Wimbledon en 1966 y del Abierto de Australia y US Open en 1967 junto a su compañero Owen Davidson.En 1966 (con 22 años) perdió lo que en su momento fue el quinto partido más largo de la historia, a pesar de durar solo tres sets, ante el norteamericano Vic Seixas (de 42 años) que lo derrotó por un resultado final de 32-34, 6-4 y 10-8 en el torneo de Filadelfia.Ya como profesional consiguió 5 títulos de dobles entre 1969 y 1971.En 1968 formó parte del equipo australiano de Copa Davis que perdió en la final ante Estados Unidos en Adelaida. Bowrey consiguió el único punto para Australia al derrotar a Arthur Ashe aunque la serie ya estaba definida.Ese mismo año se casó con la tenista australiana Lesley Turner quien forma parte del Salón Internacional de la Fama del tenis.
  • William "Bill" Bowrey (* 25. Dezember 1943 in Sydney, New South Wales) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler. Bowrey gewann 1968, als letzter Amateur vor der Open-Ära und als topgesetzter Spieler, die australischen Tennismeisterschaften (heute Australian Open). Im Finale bezwang er den Spanier Jose-Maria Gisbert in vier Sätzen mit 7:5, 2:6, 9:7, 6:4. Es war seine einzige Finalteilnahme in einem Einzel-Turnier. Im Doppel gewann er fünf Turniere, unter anderem den Rogers Cup 1970.
  • Bill Bowrey (Sydney, 25 dicembre 1943) è un ex tennista australiano.
  • ウィリアム・ボウリー(William Bowrey, 1943年12月25日 - )は、オーストラリア・シドニー市出身の男子テニス選手。1968年の全豪選手権男子シングルス優勝者で、テニス4大大会でプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」が実施される直前の、最後の「全豪選手権」で優勝した人である。彼のフルネームは William Walter Bowrey (ウィリアム・ウォルター・ボウリー)というが、本記事では「ビル・ボウリー」(Bill Bowrey)の見出しで記述する。彼には“Tex”(テックス)という愛称もあった。ボウリーは長身と長い手足の持ち主で、プレースタイルは当時としてはやや派手であったが、オールラウンド・プレーヤーとして高い人気を持っていた。国際テニス殿堂入りした女子の名選手、レスリー・ターナーの夫としてもよく知られる。ボウリーは1962年から全豪選手権に出場を始め、1965年から1967年まで3年連続のベスト8に進出した後、1968年の大会で初優勝を飾った。前年の1967年までテニス4大大会の頂点を争っていたオーストラリアのライバル選手たち、ジョン・ニューカムやトニー・ローチなどが「プロテニス選手」に転向したため、1968年初頭にはボウリーがオーストラリアの「アマチュアテニス選手」の第一人者になった。初進出の決勝戦で、ボウリーはフアン・ヒスベルト(スペイン)を 7-5, 2-6, 9-7, 6-4 で破って優勝した。しかし、ボウリーの全豪優勝のすぐ後に、テニス界は4大大会にプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」の実施に踏み切った。テニス界の「オープン化時代」(Open Era)は、1968年の「全仏オープン」から始まる。オープン化措置の実施により、さらに前からプロテニスツアーを回っていた先輩選手たちも4大大会復帰が可能になり、「全仏オープン」ではプロの先輩選手であるケン・ローズウォールとロッド・レーバーが決勝を戦った。アマチュア・トーナメントとしての「全豪選手権」を制したビル・ボウリーは、この後1968年ウィンブルドンで2回戦敗退に終わり(全仏オープン・全米オープンは不参加)、翌1969年から「全豪オープン」となった大会でもベスト8止まりに終わった。ビル・ボウリーは1968年と1969年の2年間、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストラリア代表選手も務めた。しかし、1969年5月23日-25日にオーストラリアが下部グループの「N&C アメリカ」決勝でメキシコ・チームと対戦した時、ボウリーは最終第5試合のシングルス戦でラファエル・オスナに 2-6, 6-3, 6-8, 3-6 で敗れ、オーストラリアは予想外の早期敗退を喫した。この敗戦を最後に、1938年からデ杯のオーストラリア代表監督を務めてきたハリー・ホップマンが31年間の監督経歴に終止符を打ち、デビスカップにおけるオーストラリアの黄金時代が幕を閉じた。ボウリーを激戦で倒したオスナは、それからわずか10日後の6月4日に飛行機事故で急死してしまう。ボウリーの他の4大大会成績は、全米選手権では1966年にベスト8進出があるが、全仏では「選手権」の1965年と1971年全仏オープンの3回戦、ウィンブルドンでは1966年の4回戦進出が自己最高成績であった。ダブルスでは、1966年のウィンブルドン選手権と1967年の全米選手権で男子ダブルス準優勝と、1966年の全豪選手権で混合ダブルス準優勝があった。男子ダブルスでは両方とも同じオーストラリアのオーウェン・デビッドソンとペアを組み、混合ダブルスのパートナーはロビン・エバーンと組んだ。ボウリーは「全豪選手権」で優勝した1968年に、同じオーストラリアの女子トップ選手であるレスリー・ターナーと結婚した。ターナーは1963年と1965年の全仏選手権女子シングルス優勝者で、ダブルスでの活躍が多かった名選手である。2人はテニス史上初の「4大大会シングルス優勝者どうしの夫婦」として知られたが、33年後の2001年にアンドレ・アガシとシュテフィ・グラフが2組目になった。
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • V(1)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1943-12-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/4
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • -
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/16
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • -
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1273140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109081717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • -
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1943-12-25 (xsd:date)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Sydney
prop-fr:nom
  • Bill Bowrey
prop-fr:openD'australieDouble
  • F
prop-fr:openD'australieMixte
  • F
  • F
prop-fr:openD'australieSimple
  • V
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • -
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • F
prop-fr:usOpenMixte
  • -
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • F
prop-fr:wimbledonMixte
  • -
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • William "Bill" Bowrey, né le 25 décembre 1943 à Sydney, est un joueur de tennis australien.Il a remporté les Championnats d'Australie en 1968 en simple. Il y avait déjà disputé la finale du double mixte en 1966 et celle du double messieurs en 1967.
  • William "Bill" Bowrey (* 25. Dezember 1943 in Sydney, New South Wales) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler. Bowrey gewann 1968, als letzter Amateur vor der Open-Ära und als topgesetzter Spieler, die australischen Tennismeisterschaften (heute Australian Open). Im Finale bezwang er den Spanier Jose-Maria Gisbert in vier Sätzen mit 7:5, 2:6, 9:7, 6:4. Es war seine einzige Finalteilnahme in einem Einzel-Turnier. Im Doppel gewann er fünf Turniere, unter anderem den Rogers Cup 1970.
  • Bill Bowrey (Sydney, 25 dicembre 1943) è un ex tennista australiano.
  • ウィリアム・ボウリー(William Bowrey, 1943年12月25日 - )は、オーストラリア・シドニー市出身の男子テニス選手。1968年の全豪選手権男子シングルス優勝者で、テニス4大大会でプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」が実施される直前の、最後の「全豪選手権」で優勝した人である。彼のフルネームは William Walter Bowrey (ウィリアム・ウォルター・ボウリー)というが、本記事では「ビル・ボウリー」(Bill Bowrey)の見出しで記述する。彼には“Tex”(テックス)という愛称もあった。ボウリーは長身と長い手足の持ち主で、プレースタイルは当時としてはやや派手であったが、オールラウンド・プレーヤーとして高い人気を持っていた。国際テニス殿堂入りした女子の名選手、レスリー・ターナーの夫としてもよく知られる。ボウリーは1962年から全豪選手権に出場を始め、1965年から1967年まで3年連続のベスト8に進出した後、1968年の大会で初優勝を飾った。前年の1967年までテニス4大大会の頂点を争っていたオーストラリアのライバル選手たち、ジョン・ニューカムやトニー・ローチなどが「プロテニス選手」に転向したため、1968年初頭にはボウリーがオーストラリアの「アマチュアテニス選手」の第一人者になった。初進出の決勝戦で、ボウリーはフアン・ヒスベルト(スペイン)を 7-5, 2-6, 9-7, 6-4 で破って優勝した。しかし、ボウリーの全豪優勝のすぐ後に、テニス界は4大大会にプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」の実施に踏み切った。テニス界の「オープン化時代」(Open Era)は、1968年の「全仏オープン」から始まる。オープン化措置の実施により、さらに前からプロテニスツアーを回っていた先輩選手たちも4大大会復帰が可能になり、「全仏オープン」ではプロの先輩選手であるケン・ローズウォールとロッド・レーバーが決勝を戦った。アマチュア・トーナメントとしての「全豪選手権」を制したビル・ボウリーは、この後1968年ウィンブルドンで2回戦敗退に終わり(全仏オープン・全米オープンは不参加)、翌1969年から「全豪オープン」となった大会でもベスト8止まりに終わった。ビル・ボウリーは1968年と1969年の2年間、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストラリア代表選手も務めた。しかし、1969年5月23日-25日にオーストラリアが下部グループの「N&C アメリカ」決勝でメキシコ・チームと対戦した時、ボウリーは最終第5試合のシングルス戦でラファエル・オスナに 2-6, 6-3, 6-8, 3-6 で敗れ、オーストラリアは予想外の早期敗退を喫した。この敗戦を最後に、1938年からデ杯のオーストラリア代表監督を務めてきたハリー・ホップマンが31年間の監督経歴に終止符を打ち、デビスカップにおけるオーストラリアの黄金時代が幕を閉じた。ボウリーを激戦で倒したオスナは、それからわずか10日後の6月4日に飛行機事故で急死してしまう。ボウリーの他の4大大会成績は、全米選手権では1966年にベスト8進出があるが、全仏では「選手権」の1965年と1971年全仏オープンの3回戦、ウィンブルドンでは1966年の4回戦進出が自己最高成績であった。ダブルスでは、1966年のウィンブルドン選手権と1967年の全米選手権で男子ダブルス準優勝と、1966年の全豪選手権で混合ダブルス準優勝があった。男子ダブルスでは両方とも同じオーストラリアのオーウェン・デビッドソンとペアを組み、混合ダブルスのパートナーはロビン・エバーンと組んだ。ボウリーは「全豪選手権」で優勝した1968年に、同じオーストラリアの女子トップ選手であるレスリー・ターナーと結婚した。ターナーは1963年と1965年の全仏選手権女子シングルス優勝者で、ダブルスでの活躍が多かった名選手である。2人はテニス史上初の「4大大会シングルス優勝者どうしの夫婦」として知られたが、33年後の2001年にアンドレ・アガシとシュテフィ・グラフが2組目になった。
  • William "Bill" Bowrey (born 25 December 1943) is a former Australian male tennis player.Bowrey was born in Sydney, New South Wales, Australia and is best remembered as the last amateur to win the Australian Championships in 1968 before the tournament opened itself for professional tennis players in 1969.At the age of 16 Bill was a member of the schoolboys' NSW state PSAAA tennis team.
  • William "Bill" Bowrey (n. 25 de diciembre de 1943) es un ex-jugador australiano de tenis.Nacido en Sídney es recordado por ser el último jugador amateur en ganar el Abierto de Australia en 1968, antes de que el torneo abriera sus puertas a los jugadores profesionales en 1969. En la final derrotó al español Juan Gisbert por 7-5, 2-6, 9-7 y 6-4.
rdfs:label
  • Bill Bowrey
  • Bill Bowrey
  • Bill Bowrey
  • William Bowrey
  • William Bowrey
  • ビル・ボウリー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Bill Bowrey
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of