Bertha Krupp (née le 29 mars 1886 - morte le 21 septembre 1957) est la fille de Friedrich Alfred Krupp et de Margarethe von Ende. Elle est la petite-fille d'Alfred Krupp. Son prénom a été donné à un célèbre canon allemand de la Première Guerre mondiale, « la grosse Bertha ».

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Bertha Krupp (née le 29 mars 1886 - morte le 21 septembre 1957) est la fille de Friedrich Alfred Krupp et de Margarethe von Ende. Elle est la petite-fille d'Alfred Krupp. Son prénom a été donné à un célèbre canon allemand de la Première Guerre mondiale, « la grosse Bertha ».
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (29 March 1886 – 21 September 1957), born Bertha Krupp and commonly known by this name, was a member of the Krupp family, Germany's leading industrial dynasty of the 19th and 20th centuries. As the elder child and heir of Friedrich Alfred Krupp she was the sole proprietor of the Krupp industrial empire from 1902 to 1943, although her husband, Gustav Krupp von Bohlen und Halbach, ran the company in her name. In 1943 she transferred ownership of the company to her son, Alfried Krupp von Bohlen und Halbach.
  • ベルタ・クルップ(Bertha Krupp, 1886年3月29日 エッセン - 1957年9月21日 エッセン)は、ドイツの鉄鋼財閥クルップ家の女子相続人。結婚後はベルタ・クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ(Bertha Krupp von Bohlen und Halbach)と名乗った。第一次世界大戦で使用された榴弾砲「ディッケ・ベルタ」の名はベルタに因む。クルップ財閥の3代目当主フリードリヒ・アルフレート・クルップと、その妻でヘッセン=ナッサウ州知事アウグスト・フォン・エンデ男爵(August von Ende)の娘マルガレーテの間の長女として生まれた。1902年に父が死ぬとその相続人となり、フリードリヒ・クルップ社(Friedrich Krupp AG)の全ての株の所有者となった。このときベルタはまだ16歳で未成年だったため、会社の経営は母マルガレーテが代行した。1906年、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の紹介でプロイセンの外交官グスタフ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハと結婚し、夫をクルップ財閥の第4代当主とした。プロイセン王の勅許状により、夫妻はクルップ社の経営に携わってゆく場合に限り、妻方「クルップ」の家名を含む「クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ(Krupp von Bohlen und Halbach)」という姓を名乗ることを許された。ベルタはクルップ社の単独株主の地位に留まり続け、1943年には総統アドルフ・ヒトラーに頼んで「クルップ法(Lex Krupp)」を制定してもらい、クルップ傘下の諸企業の経営権と株券を長男のアルフリート・クルップに単独相続させることを認可された。1942年にはブレスラウ(現在のポーランド領ヴロツワフ)の市街地広場がベルタの名前に因んだ広場名に改称された。またデュイスブルクのラインハウゼン地区にあるクルップ従業員のための病院も同様にベルタの名を冠した。またエッセンのベディングラーデ地区のザンクト・フランツィスクス教会に15年間にわたり援助を続け、1956年には自費で教会建設を始めさせている。
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (geb. Krupp; * 29. März 1886 in Essen; † 21. September 1957 ebenda) war ein wichtiges Mitglied der Industriellenfamilie Krupp.
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (Essen, Ipar Renania-Westfalia, 1886ko martxoaren 29a  - ibidem, 1957ko irailaren 21a ) alemaniarr industria-emakumea izan zen.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5466215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107170595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Bertha Krupp (née le 29 mars 1886 - morte le 21 septembre 1957) est la fille de Friedrich Alfred Krupp et de Margarethe von Ende. Elle est la petite-fille d'Alfred Krupp. Son prénom a été donné à un célèbre canon allemand de la Première Guerre mondiale, « la grosse Bertha ».
  • ベルタ・クルップ(Bertha Krupp, 1886年3月29日 エッセン - 1957年9月21日 エッセン)は、ドイツの鉄鋼財閥クルップ家の女子相続人。結婚後はベルタ・クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ(Bertha Krupp von Bohlen und Halbach)と名乗った。第一次世界大戦で使用された榴弾砲「ディッケ・ベルタ」の名はベルタに因む。クルップ財閥の3代目当主フリードリヒ・アルフレート・クルップと、その妻でヘッセン=ナッサウ州知事アウグスト・フォン・エンデ男爵(August von Ende)の娘マルガレーテの間の長女として生まれた。1902年に父が死ぬとその相続人となり、フリードリヒ・クルップ社(Friedrich Krupp AG)の全ての株の所有者となった。このときベルタはまだ16歳で未成年だったため、会社の経営は母マルガレーテが代行した。1906年、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の紹介でプロイセンの外交官グスタフ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハと結婚し、夫をクルップ財閥の第4代当主とした。プロイセン王の勅許状により、夫妻はクルップ社の経営に携わってゆく場合に限り、妻方「クルップ」の家名を含む「クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ(Krupp von Bohlen und Halbach)」という姓を名乗ることを許された。ベルタはクルップ社の単独株主の地位に留まり続け、1943年には総統アドルフ・ヒトラーに頼んで「クルップ法(Lex Krupp)」を制定してもらい、クルップ傘下の諸企業の経営権と株券を長男のアルフリート・クルップに単独相続させることを認可された。1942年にはブレスラウ(現在のポーランド領ヴロツワフ)の市街地広場がベルタの名前に因んだ広場名に改称された。またデュイスブルクのラインハウゼン地区にあるクルップ従業員のための病院も同様にベルタの名を冠した。またエッセンのベディングラーデ地区のザンクト・フランツィスクス教会に15年間にわたり援助を続け、1956年には自費で教会建設を始めさせている。
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (geb. Krupp; * 29. März 1886 in Essen; † 21. September 1957 ebenda) war ein wichtiges Mitglied der Industriellenfamilie Krupp.
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (Essen, Ipar Renania-Westfalia, 1886ko martxoaren 29a  - ibidem, 1957ko irailaren 21a ) alemaniarr industria-emakumea izan zen.
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach (29 March 1886 – 21 September 1957), born Bertha Krupp and commonly known by this name, was a member of the Krupp family, Germany's leading industrial dynasty of the 19th and 20th centuries. As the elder child and heir of Friedrich Alfred Krupp she was the sole proprietor of the Krupp industrial empire from 1902 to 1943, although her husband, Gustav Krupp von Bohlen und Halbach, ran the company in her name.
rdfs:label
  • Bertha Krupp
  • Bertha Krupp
  • Bertha Krupp
  • Bertha Krupp von Bohlen und Halbach
  • ベルタ・クルップ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of