Benjamin Heyne (né en 1770 - mort en 1819) est un botaniste morave.Il a collecté beaucoup de spécimens qui ont fourni une des bases de travail de Albrecht Wilhelm Roth.Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’Allemagne Portail de l’Allemagne

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Benjamin Heyne (né en 1770 - mort en 1819) est un botaniste morave.Il a collecté beaucoup de spécimens qui ont fourni une des bases de travail de Albrecht Wilhelm Roth.Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’Allemagne Portail de l’Allemagne
  • Benjamin Heyne (* 1. Januar 1770 in Döbra; † 6. Februar 1819 in Vappera, Madras) war ein deutscher Missionar, Botaniker und Naturforscher, der als Erster den Crassulaceen-Säurestoffwechsel beobachtete. Sein offizielles botanisches Autorenkürzel lautet „B.Heyne“.
  • Benjamin Heyne ( * 1770 - 1819 ) fue un naturalista, etnólogo, misionero, cirujano, y botánico moravo; que desarrolló gran parte de sus estudios y recolecciones botánicas en India. Así la obra Novae plantarum species praesertim Indiae orientali, de Albrecht Wilhelm Roth (1757-1834), con un texto sobre la flora de India, se basó largamente en los especímenes botánicos recolectados por este misionero moravo.
  • Benjamin Heyne FLS (1770-1819) was a Scottish, surgeon, naturalist and botanist.In 1793, Benjamin Heyne joined the service of the British East India Company and in 1796 was assigned as the Madras Presidency Botanist to Samalkot.
  • ベンジャミン・ヘイン または ベンアミン・ハイネ(Benjamin Heyne、1770年1月1日 - 1819年2月6日)は、モラヴィア生まれで、イギリス東インド会社で働いた植物学者である。モラヴィアのDöbraに生まれた。ドレスデンで学んだ。モラヴィア教会の宣教師として1791年にトランケバール(Tranquebar)のデンマーク人入植地に渡った。1793年からサマルコットのイギリス東インド会社で働くようになった。1799年には、コーリン・マッケンジー(Colin Mackenzie)のマイソール探検に植物学者として参加した。1802年から1808年までバンガロールのラルバー・ボタニカル・ガーデンの園長を務めた。しばらくイギリスに滞在し、ロンドン・リンネ協会に入会した。、リンネ協会の副会長への書簡でベンケイソウ科の植物が、(夜にCO2の取り込み、昼に還元する、CAM型光合成を行い)味が変わることを記述したことで知られる。東インド会社で多くの植物を収集し、これらの植物は後に、アルブレヒト・ヴィルヘルム・ロート(Albrecht Wilhelm Roth)によって、『東インドの新種植物』("Novae plantarum species praesertim Indiae Orientalis":1821)で記載された。チェンナイのVapperaで没した。ウィリアム・ロクスバラらによってセンダン科の属名Heyneaなどに献名されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3995433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 5 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 91657127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Benjamin Heyne (né en 1770 - mort en 1819) est un botaniste morave.Il a collecté beaucoup de spécimens qui ont fourni une des bases de travail de Albrecht Wilhelm Roth.Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’histoire de la zoologie et de la botanique Portail de l’Allemagne Portail de l’Allemagne
  • Benjamin Heyne (* 1. Januar 1770 in Döbra; † 6. Februar 1819 in Vappera, Madras) war ein deutscher Missionar, Botaniker und Naturforscher, der als Erster den Crassulaceen-Säurestoffwechsel beobachtete. Sein offizielles botanisches Autorenkürzel lautet „B.Heyne“.
  • Benjamin Heyne ( * 1770 - 1819 ) fue un naturalista, etnólogo, misionero, cirujano, y botánico moravo; que desarrolló gran parte de sus estudios y recolecciones botánicas en India. Así la obra Novae plantarum species praesertim Indiae orientali, de Albrecht Wilhelm Roth (1757-1834), con un texto sobre la flora de India, se basó largamente en los especímenes botánicos recolectados por este misionero moravo.
  • Benjamin Heyne FLS (1770-1819) was a Scottish, surgeon, naturalist and botanist.In 1793, Benjamin Heyne joined the service of the British East India Company and in 1796 was assigned as the Madras Presidency Botanist to Samalkot.
  • ベンジャミン・ヘイン または ベンアミン・ハイネ(Benjamin Heyne、1770年1月1日 - 1819年2月6日)は、モラヴィア生まれで、イギリス東インド会社で働いた植物学者である。モラヴィアのDöbraに生まれた。ドレスデンで学んだ。モラヴィア教会の宣教師として1791年にトランケバール(Tranquebar)のデンマーク人入植地に渡った。1793年からサマルコットのイギリス東インド会社で働くようになった。1799年には、コーリン・マッケンジー(Colin Mackenzie)のマイソール探検に植物学者として参加した。1802年から1808年までバンガロールのラルバー・ボタニカル・ガーデンの園長を務めた。しばらくイギリスに滞在し、ロンドン・リンネ協会に入会した。、リンネ協会の副会長への書簡でベンケイソウ科の植物が、(夜にCO2の取り込み、昼に還元する、CAM型光合成を行い)味が変わることを記述したことで知られる。東インド会社で多くの植物を収集し、これらの植物は後に、アルブレヒト・ヴィルヘルム・ロート(Albrecht Wilhelm Roth)によって、『東インドの新種植物』("Novae plantarum species praesertim Indiae Orientalis":1821)で記載された。チェンナイのVapperaで没した。ウィリアム・ロクスバラらによってセンダン科の属名Heyneaなどに献名されている。
rdfs:label
  • Benjamin Heyne
  • Benjamin Heyne
  • Benjamin Heyne
  • Benjamin Heyne
  • ベンジャミン・ヘイン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of