Bar est un nom vernaculaire ambigu désignant en français certains poissons, essentiellement de la famille des Moronidés. Le terme de « bar » désigne principalement deux espèces : le bar commun (Dicentrarchus labrax) et le bar tacheté (Dicentrarchus punctatus).

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Bar est un nom vernaculaire ambigu désignant en français certains poissons, essentiellement de la famille des Moronidés. Le terme de « bar » désigne principalement deux espèces : le bar commun (Dicentrarchus labrax) et le bar tacheté (Dicentrarchus punctatus).
  • 배스는 농어목에 속하는 낚싯고기의 일종이다. 크게 민물배스와 바다배스로 나뉜다. 민물배스 중 가장 흔한 것은 블랙배스로 몸이 크고 길쭉하다. 어릴 때는 황록색에 얼룩 반점이 있고 배는 흰색이다. 하지만 늙으면 반점이 사라지고 몸 빛깔이 짙은 녹색 또는 검은색이 된다. 바다배스는 민물배스보다 훨씬 커서, 몸길이가 1m 이상 되고 무게도 약 15kg이나 된다. 가장 널리 알려진 종류는 줄무늬배스로 대서양에 산다. 주로 미국과 캐나다 남부의 호수와 강에 살며, 대한민국에도 이식되어 널리 분포하고 있다. 최근 대한민국의 호소(湖沼)에서는 배스가 작은 물고기와 거머리, 물고기 알, 물풀 등을 닥치는 대로 먹어치워 생태계의 균형을 파괴하여 심각한 문제가 되고 있다.
  • Bass /ˈbæs/ is a name shared by many different species of fish. The term encompasses both freshwater and marine species. All belonging to the large order Perciformes, or perch-like fishes, and in fact the word bass comes from Middle English bars, meaning "perch."
  • バス (英語 bass) は、スズキ目(大部分はスズキ亜目)のいくつかの種の総称。日本産の中ではスズキ (Japanese seabass) が代表的なので、bassをスズキと訳すことがある。ブラックバスの駆除に熱心な琵琶湖近辺では、ビワスズキという名称でフライなどのブラックバス料理を売り物にしているレストランなども存在する。分類学的には雑多なグループであり共通点は少ないが、肉食であること、釣りの引きが激しくゲームフィッシング (Game fishing)の対象として好まれること(いわゆる「グッドファイター」)などが共通している。本来は食用となるが、ゲームフィッシングではキャッチ&リリースされることも多い。日本で特定外来生物に指定されている魚は、キャッチのみでリリースは禁止されている場所も多い。代表的なバスの多くは、北米の淡水域および近海に分布する。Macquaria 属には、バスともパーチとも名づけられた種属もいて、Macquaria novemaculeataは、オーストラリアバス (Australian bass)、 Macquaria colonorumは、エスチュアリィパーチ(Estuary perch) と呼ばれ、Macquaria 属には、パーチと名づけられた種が多い。同じ肉食性で、釣りの引きが激しくゲームフィッシング (Game fishing)の対象として好まれるコイ目コイ科のハスとは無関係である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106801159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Bar est un nom vernaculaire ambigu désignant en français certains poissons, essentiellement de la famille des Moronidés. Le terme de « bar » désigne principalement deux espèces : le bar commun (Dicentrarchus labrax) et le bar tacheté (Dicentrarchus punctatus).
  • 배스는 농어목에 속하는 낚싯고기의 일종이다. 크게 민물배스와 바다배스로 나뉜다. 민물배스 중 가장 흔한 것은 블랙배스로 몸이 크고 길쭉하다. 어릴 때는 황록색에 얼룩 반점이 있고 배는 흰색이다. 하지만 늙으면 반점이 사라지고 몸 빛깔이 짙은 녹색 또는 검은색이 된다. 바다배스는 민물배스보다 훨씬 커서, 몸길이가 1m 이상 되고 무게도 약 15kg이나 된다. 가장 널리 알려진 종류는 줄무늬배스로 대서양에 산다. 주로 미국과 캐나다 남부의 호수와 강에 살며, 대한민국에도 이식되어 널리 분포하고 있다. 최근 대한민국의 호소(湖沼)에서는 배스가 작은 물고기와 거머리, 물고기 알, 물풀 등을 닥치는 대로 먹어치워 생태계의 균형을 파괴하여 심각한 문제가 되고 있다.
  • Bass /ˈbæs/ is a name shared by many different species of fish. The term encompasses both freshwater and marine species. All belonging to the large order Perciformes, or perch-like fishes, and in fact the word bass comes from Middle English bars, meaning "perch."
  • バス (英語 bass) は、スズキ目(大部分はスズキ亜目)のいくつかの種の総称。日本産の中ではスズキ (Japanese seabass) が代表的なので、bassをスズキと訳すことがある。ブラックバスの駆除に熱心な琵琶湖近辺では、ビワスズキという名称でフライなどのブラックバス料理を売り物にしているレストランなども存在する。分類学的には雑多なグループであり共通点は少ないが、肉食であること、釣りの引きが激しくゲームフィッシング (Game fishing)の対象として好まれること(いわゆる「グッドファイター」)などが共通している。本来は食用となるが、ゲームフィッシングではキャッチ&リリースされることも多い。日本で特定外来生物に指定されている魚は、キャッチのみでリリースは禁止されている場所も多い。代表的なバスの多くは、北米の淡水域および近海に分布する。Macquaria 属には、バスともパーチとも名づけられた種属もいて、Macquaria novemaculeataは、オーストラリアバス (Australian bass)、 Macquaria colonorumは、エスチュアリィパーチ(Estuary perch) と呼ばれ、Macquaria 属には、パーチと名づけられた種が多い。同じ肉食性で、釣りの引きが激しくゲームフィッシング (Game fishing)の対象として好まれるコイ目コイ科のハスとは無関係である。
rdfs:label
  • Bar (poisson)
  • Bass (fish)
  • Robalo
  • バス (魚)
  • 배스 (어류)
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of