Armin Jordan, né le 9 avril 1932 à Lucerne et mort le 20 septembre 2006 à Zurich, est un chef d'orchestre suisse.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Armin Jordan, né le 9 avril 1932 à Lucerne et mort le 20 septembre 2006 à Zurich, est un chef d'orchestre suisse.
  • Armin Jordan (April 9, 1932 – September 20, 2006) was a Swiss conductor known for his interpretations of French music, Mozart and Wagner. Armin Jordan was born in Lucerne, Switzerland. "Mr. Jordan was a large man, with a slab of a face and a full mouth, often twisted in a sardonic smile, and his powerful physical presence belied the careful near-understatement of his conducting", noted The New York Times in his obituary. Jordan was most unusual at a time when conductors flew about the world from one engagement to another. For the most part he stayed close to home in Switzerland and France. After leading a number of Swiss orchestras he became principal conductor of the Orchestre de la Suisse Romande, Geneva in 1985, a position he held until 1997.Armin Jordan did not conduct in the United States until 1985. He appeared in Seattle and New York. Seattle scheduled him for Wagner's Ring in 2000 and 2001, but he had to withdraw after a few performances in 2000 because of illness. For the same reason, he canceled his debut at the Metropolitan Opera in New York in 2001. He was to have conducted Mozart's opera Così fan tutte. His son, the conductor Philippe Jordan, made his own debut at the Met in 2002.Armin Jordan died in Zürich five days after he collapsed while conducting Prokofiev's opera The Love for Three Oranges at the opera house in Basel. In addition to Philippe, his survivors are his widow Kate and his daughter Pascale.
  • Armin Jordan (* 9. April 1932 in Luzern; † 20. September 2006 in Zürich) war ein Schweizer Dirigent. Er galt als der bedeutendste Dirigent seines Landes seit Ernest Ansermet. Wie dieser war er lange Zeit, von 1985 bis 1997, Generalmusikdirektor des Orchestre de la Suisse Romande.
  • アルミン・ジョルダン(Armin Jordan, *1932年4月9日 ルツェルン - †2006年9月20日 チューリヒ)は、スイスの指揮者。エルネスト・アンセルメ以来の国際的なスイス人指揮者として世界的に通っている。息子フィリップ・ジョルダンも指揮者である。名前は、出身地であるスイスのドイツ語圏では通常「ヨルダン」と発音されるが、フランス語圏スイスのスイス・ロマンド管弦楽団(後述)の指揮者として有名になったため、フランス語読みの「ジョルダン」が定着したものと思われる。国内各地(ビール、ゾロトゥルン、ザンクト・ガレン、チューリヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌ)でさまざまな演奏団体を指揮した後、1985年から1997年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席指揮者を務めた。オネゲルやシェック、マルタンといったスイス人作曲家の作品や、ドビュッシーやラヴェルといったフランス音楽を得意とした。一方、現代で最も深遠なリヒャルト・ワーグナー解釈をする指揮者としても知られており、とりわけ《パルジファル》が知られている。また近年は、マーラーやツェムリンスキーなど世紀末ウィーンの音楽にも取り組み、すぐれた成果を挙げていた。2001年にメトロポリタン歌劇場でワーグナーの《指環四部作》を指揮中に肺炎を患ってから、活動が停滞しがちになっていた。
dbpedia-owl:bnfId
  • 138957557
dbpedia-owl:individualisedGnd
  • 12123116X
dbpedia-owl:lccnId
  • n/81/10439
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:sudocId
  • 080565999
dbpedia-owl:viafId
  • 49408447
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 856558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107008439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:après
prop-fr:avant
prop-fr:bnf
  • 138957557 (xsd:integer)
prop-fr:gnd
  • 12123116 (xsd:integer)
prop-fr:lccn
  • n/81/10439
prop-fr:nom
prop-fr:période
  • 1973 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1986 (xsd:integer)
prop-fr:sudoc
  • 80565999 (xsd:integer)
prop-fr:type
  • personne
prop-fr:viaf
  • 49408447 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:worldcatid
  • lccn-n-81-10439
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Armin Jordan, né le 9 avril 1932 à Lucerne et mort le 20 septembre 2006 à Zurich, est un chef d'orchestre suisse.
  • Armin Jordan (* 9. April 1932 in Luzern; † 20. September 2006 in Zürich) war ein Schweizer Dirigent. Er galt als der bedeutendste Dirigent seines Landes seit Ernest Ansermet. Wie dieser war er lange Zeit, von 1985 bis 1997, Generalmusikdirektor des Orchestre de la Suisse Romande.
  • アルミン・ジョルダン(Armin Jordan, *1932年4月9日 ルツェルン - †2006年9月20日 チューリヒ)は、スイスの指揮者。エルネスト・アンセルメ以来の国際的なスイス人指揮者として世界的に通っている。息子フィリップ・ジョルダンも指揮者である。名前は、出身地であるスイスのドイツ語圏では通常「ヨルダン」と発音されるが、フランス語圏スイスのスイス・ロマンド管弦楽団(後述)の指揮者として有名になったため、フランス語読みの「ジョルダン」が定着したものと思われる。国内各地(ビール、ゾロトゥルン、ザンクト・ガレン、チューリヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌ)でさまざまな演奏団体を指揮した後、1985年から1997年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席指揮者を務めた。オネゲルやシェック、マルタンといったスイス人作曲家の作品や、ドビュッシーやラヴェルといったフランス音楽を得意とした。一方、現代で最も深遠なリヒャルト・ワーグナー解釈をする指揮者としても知られており、とりわけ《パルジファル》が知られている。また近年は、マーラーやツェムリンスキーなど世紀末ウィーンの音楽にも取り組み、すぐれた成果を挙げていた。2001年にメトロポリタン歌劇場でワーグナーの《指環四部作》を指揮中に肺炎を患ってから、活動が停滞しがちになっていた。
  • Armin Jordan (April 9, 1932 – September 20, 2006) was a Swiss conductor known for his interpretations of French music, Mozart and Wagner. Armin Jordan was born in Lucerne, Switzerland. "Mr. Jordan was a large man, with a slab of a face and a full mouth, often twisted in a sardonic smile, and his powerful physical presence belied the careful near-understatement of his conducting", noted The New York Times in his obituary.
rdfs:label
  • Armin Jordan
  • Armin Jordan
  • Armin Jordan
  • アルミン・ジョルダン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:après of
is prop-fr:avant of
is foaf:primaryTopic of