Anne de Mowbray, 8e comtesse de Norfolk, puis duchesse de York et duchesse de Norfolk, née le 10 décembre 1472 à Suffolk et morte le 19 novembre 1481, à l'âge de huit ans, à Greenwich, est une noble britannique, épouse de Richard de Shrewsbury, premier duc d'York.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Anne de Mowbray, 8e comtesse de Norfolk, puis duchesse de York et duchesse de Norfolk, née le 10 décembre 1472 à Suffolk et morte le 19 novembre 1481, à l'âge de huit ans, à Greenwich, est une noble britannique, épouse de Richard de Shrewsbury, premier duc d'York.
  • アン・ド・モウブレー(Anne de Mowbray, 8th Countess of Norfolk, 1472年12月10日 フラムリンガム城 - 1481年11月19日 グリニッジ)は、薔薇戦争時代のイングランドの貴族女性。第8代ノーフォーク伯爵夫人(女伯)。エドワード4世王の次男リチャード・オブ・シュルーズベリーとの結婚により、ヨーク公爵夫人およびノーフォーク公爵夫人となった。第4代ノーフォーク公爵ジョン・モウブレーと、その妻で初代シュルーズベリー伯爵ジョン・タルボットの娘であるエリザベス・タルボット(1442年頃 - 1506年頃)の間の唯一の子供として生まれた。1476年に父が死ぬと、モウブレー家の裕福な財産を相続した。爵位に関してはノーフォーク公爵位を継ぐことは出来なかったものの、ノーフォーク伯爵位および2つの男爵位を受け継いだ。1478年1月15にウェストミンスター寺院の聖スティーヴン礼拝堂において、エドワード4世の次男ヨーク公リチャードと結婚した。新婦は5歳、新郎は4歳と非常に幼い年齢での結婚となった。リチャードはアンとの結婚に伴いモウブレー家の名跡を継いだものと見なされ、1481年にノーフォーク公爵に叙せられた。しかしアンはその年のうちに8歳で亡くなった。リチャードもまた1483年に兄エドワード5世とともにロンドン塔に監禁され、薔薇戦争末期の王位継承をめぐる陰謀に巻き込まれて消息不明となった。アンの死後、彼女の遺産の相続人となるはずだったのは、玄祖父トマス・モウブレーの外孫にあたるウィリアム・バークリー卿ないしジョン・ハワード卿だった。しかし1483年1月に議会を通過した法律により、アンの遺産は夫のリチャードとその子孫に帰属し、リチャードが子孫を残せない場合はエドワード4世王の別の子孫に渡ると定められた。この措置はリチャード3世の支持者だったハワード卿に対する懲罰的な意味を持っていたと思われる。ハワード卿はリチャード3世の戴冠後にノーフォーク公爵位を授けられ、モウブレー家の所領の半分を獲得した。ヨーク公爵夫人アンはウェストミンスター寺院の聖イラズマス礼拝堂に、鉛製の棺に納められて安置された。アンの棺は1502年、イラズマス礼拝堂がヘンリー7世礼拝堂建設のために取り壊された際、クララ会女子修道院の地下納体堂に移され、その後は行方知れずになっていた。1964年12月、アンの棺の置かれた地下納体堂はロンドン北東部ステップニーでの建設工事中に偶然掘り返された。アンの遺骸は科学的調査ののち、1965年5月にウェストミンスター寺院に再び安置された。調査によると、頭蓋骨の赤毛や遺体を包む経帷子が残っていたという。
  • Anne de Mowbray, 8th Countess of Norfolk, later Duchess of York and Duchess of Norfolk (10 December 1472 – 19 November (?) 1481) was the child bride of Richard of Shrewsbury, 1st Duke of York, one of the Princes in the Tower. She died at the age of eight.
  • Ana de Mowbray, octava Duquesa de Norfolk y despues Duquesa de York (n. 10 de diciembre de 1472 – f. 19 de noviembre de 1481) era hija de John Mowbray, cuarto duque de Norfolk e Isabel de Mowbray, duquesa de Norfolk. Fue esposa de Ricardo de Shrewsbury, 1r duque de York, uno de los Príncipes de la Torre.
  • Anne Mowbray, 8. Countess of Norfolk (* 10. Dezember 1472 Framlingham Castle, Suffolk; † 19. November 1481 in Greenwich), später Duchess of York und Norfolk, war die Tochter von John Mowbray, 4. Duke of Norfolk, und dessen Ehefrau Elisabeth Talbot.Anne war das einzige Kind Mowbrays, das bei dessen Tod im Jahre 1476 noch am Leben war. Sie war somit eine wohlhabende Erbin und eine politisch hochwertige Heiratskandidatin. Bereits 1478 wurde eine Heiratsvereinbarung mit dem Haus York abgeschlossen, so dass es im gleichen Jahr am 15. Januar zu einer Heirat mit dem zweitältesten Sohn König Eduards IV., Richard of Shrewsbury, 1. Duke of York, kam. Auch für die damalige Zeit war die Verheiratung einer Fünfjährigen mit einem Vierjährigen anstelle einer politischen Verlobung sehr ungewöhnlich, aber so erlangte Eduard IV. Kontrolle über die großen Besitztümer seiner jungen Schwiegertochter. Annes Kindgatte Richard wurde zusätzlich mit der Würde eines Duke of Norfolk belehnt. So stellte diese sehr frühe Heirat die erhebliche Bedeutung seiner jungen Schwiegertochter heraus. Am 19. November 1481 starb Anne in Greenwich im Alter von knapp 9 Jahren, und mit ihr erlosch die Erblinie der Dukes of Norfolk in Personalunion mit der Familie Mowbray. Sie wurde in der St. Erasmus-Kapelle in der Westminster Abbey in einem Bleisarg begraben.Als Heinrich VII. 1502 eine Erweiterung der Westminster Abtei realisierte und die St. Erasmus-Kapelle der Lady Chapel weichen musste, wurde Annes Sarg in ein Gewölbe unter der Kirche überführt und geriet in Vergessenheit. 1964 stießen Bauarbeiter zufällig auf das Gewölbe. Annes sterbliche Überreste wurden 1965 wissenschaftlich untersucht und die Ergebnisse in verschiedenen Fachzeitschriften, so etwa bezüglich der Zähne unter dem Titel The Teeth of Anne Mowbray, veröffentlicht. Besondere Erwähnung fanden hierbei neben den Zähnen auch Annes rote Haare, die noch in Teilen erkennbar sind, sowie das gut erhaltene Leichentuch. Der Leichnam wurde nach der Untersuchung nahe seiner ursprünglichen Grabstätte erneut beigesetzt.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5505095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107494766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Anne de Mowbray, 8e comtesse de Norfolk, puis duchesse de York et duchesse de Norfolk, née le 10 décembre 1472 à Suffolk et morte le 19 novembre 1481, à l'âge de huit ans, à Greenwich, est une noble britannique, épouse de Richard de Shrewsbury, premier duc d'York.
  • アン・ド・モウブレー(Anne de Mowbray, 8th Countess of Norfolk, 1472年12月10日 フラムリンガム城 - 1481年11月19日 グリニッジ)は、薔薇戦争時代のイングランドの貴族女性。第8代ノーフォーク伯爵夫人(女伯)。エドワード4世王の次男リチャード・オブ・シュルーズベリーとの結婚により、ヨーク公爵夫人およびノーフォーク公爵夫人となった。第4代ノーフォーク公爵ジョン・モウブレーと、その妻で初代シュルーズベリー伯爵ジョン・タルボットの娘であるエリザベス・タルボット(1442年頃 - 1506年頃)の間の唯一の子供として生まれた。1476年に父が死ぬと、モウブレー家の裕福な財産を相続した。爵位に関してはノーフォーク公爵位を継ぐことは出来なかったものの、ノーフォーク伯爵位および2つの男爵位を受け継いだ。1478年1月15にウェストミンスター寺院の聖スティーヴン礼拝堂において、エドワード4世の次男ヨーク公リチャードと結婚した。新婦は5歳、新郎は4歳と非常に幼い年齢での結婚となった。リチャードはアンとの結婚に伴いモウブレー家の名跡を継いだものと見なされ、1481年にノーフォーク公爵に叙せられた。しかしアンはその年のうちに8歳で亡くなった。リチャードもまた1483年に兄エドワード5世とともにロンドン塔に監禁され、薔薇戦争末期の王位継承をめぐる陰謀に巻き込まれて消息不明となった。アンの死後、彼女の遺産の相続人となるはずだったのは、玄祖父トマス・モウブレーの外孫にあたるウィリアム・バークリー卿ないしジョン・ハワード卿だった。しかし1483年1月に議会を通過した法律により、アンの遺産は夫のリチャードとその子孫に帰属し、リチャードが子孫を残せない場合はエドワード4世王の別の子孫に渡ると定められた。この措置はリチャード3世の支持者だったハワード卿に対する懲罰的な意味を持っていたと思われる。ハワード卿はリチャード3世の戴冠後にノーフォーク公爵位を授けられ、モウブレー家の所領の半分を獲得した。ヨーク公爵夫人アンはウェストミンスター寺院の聖イラズマス礼拝堂に、鉛製の棺に納められて安置された。アンの棺は1502年、イラズマス礼拝堂がヘンリー7世礼拝堂建設のために取り壊された際、クララ会女子修道院の地下納体堂に移され、その後は行方知れずになっていた。1964年12月、アンの棺の置かれた地下納体堂はロンドン北東部ステップニーでの建設工事中に偶然掘り返された。アンの遺骸は科学的調査ののち、1965年5月にウェストミンスター寺院に再び安置された。調査によると、頭蓋骨の赤毛や遺体を包む経帷子が残っていたという。
  • Anne de Mowbray, 8th Countess of Norfolk, later Duchess of York and Duchess of Norfolk (10 December 1472 – 19 November (?) 1481) was the child bride of Richard of Shrewsbury, 1st Duke of York, one of the Princes in the Tower. She died at the age of eight.
  • Ana de Mowbray, octava Duquesa de Norfolk y despues Duquesa de York (n. 10 de diciembre de 1472 – f. 19 de noviembre de 1481) era hija de John Mowbray, cuarto duque de Norfolk e Isabel de Mowbray, duquesa de Norfolk. Fue esposa de Ricardo de Shrewsbury, 1r duque de York, uno de los Príncipes de la Torre.
  • Anne Mowbray, 8. Countess of Norfolk (* 10. Dezember 1472 Framlingham Castle, Suffolk; † 19. November 1481 in Greenwich), später Duchess of York und Norfolk, war die Tochter von John Mowbray, 4. Duke of Norfolk, und dessen Ehefrau Elisabeth Talbot.Anne war das einzige Kind Mowbrays, das bei dessen Tod im Jahre 1476 noch am Leben war. Sie war somit eine wohlhabende Erbin und eine politisch hochwertige Heiratskandidatin.
rdfs:label
  • Anne de Mowbray
  • Ana de Mowbray
  • Anne Mowbray, 8. Countess of Norfolk
  • Anne de Mowbray, 8th Countess of Norfolk
  • アン・モウブレー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of