PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Anne d’Este, connue aussi sous le nom de Anna d’Este, née le 16 novembre 1531 à Ferrare, et morte le 17 mai 1607 à Paris, est une princesse franco-italienne.Elle était la fille aînée d’Hercule II d'Este, duc de Ferrare (fils de Lucrèce Borgia), et de la princesse Renée de France (fille du roi Louis XII et d'Anne de Bretagne). Duchesse d’Aumale, puis de Guise, par son premier mariage, elle fut une figure importante de la cour de France pendant les guerres de religion. Elle poursuivit notamment en justice l'amiral de Coligny qu'elle jugeait responsable de l'assassinat de son premier mari. Et après l'assassinat de ses deux fils par le roi Henri III, elle soutint activement la Ligue.
  • Anna d'Este (Ferrara, 16 novembre 1531 – Parigi, 17 maggio 1607) era la figlia primogenita di Renata di Francia (figlia di Luigi XII e Anna di Bretagna) e di Ercole II (figlio di Alfonso I e Lucrezia Borgia), duca di Ferrara. È stata una delle maggiori figure della corte di Francia del regno di Enrico II a quello di Enrico IV. In primo matrimonio fu duchessa d'Aumale, poi di Guisa; in secondo matrimonio fu duchessa di Nemours e del Genevese.
  • Ana d'Este (nascida Anna d'Este; Ferrara, 16 de novembro de 1531 - Paris, 17 de maio de 1607) foi uma princesa importante, com influência considerável na corte da França e uma figura central das Guerras religiosas na França. Em seu primeiro casamento, ela foi duquesa de Aumale, depois de Guise, em seu segundo casamento foi duquesa de Némours e Genevois.
  • Ana de Este (Ferrara, 16 de noviembre de 1531 - París, 17 de mayo de 1607) fue una noble italiana, una de las mayores figuras de la corte de Francia desde el reinado de Enrique II hasta el de Enrique IV.
  • Anna d’Este (auch Anne d’Este; * 16. November 1531 in Ferrara; † 17. Mai 1607 in Paris) war eine italienische Fürstin mit beträchtlichem Einfluss am Hof von Frankreich und eine zentrale Figur der französischen Religionskriege. In erster Ehe war sie Herzogin von Aumale, dann von Guise; in zweiter Ehe Herzogin von Nemours und Genevois.
  • アンナ・デステ(イタリア語:Anna d'Este, 1531年11月16日 - 1607年5月17日)は、ギーズ公フランソワの妃。ユグノー戦争の中心人物。フランス語名アンヌ・デスト(Anne d'Este)。フェラーラ公エルコレ2世・デステと、フランス王女ルネの長女として、フェラーラで生まれた。幼少時より良い教育を受け、音楽、歌唱、舞踏、絵画も学んだ。1548年、ロレーヌ公家につらなるフランソワと結婚した。イタリア出身であることと、フランス王女を母に持つことから、当時の王妃カトリーヌ・ド・メディチの近い存在となった。1550年に義父ギーズ公クロードが亡くなり、義母アントワネット・ド・ブルボンとともに所領の経営に本格的に乗り出す。この間、夫フランソワとの間に7子をもうけた。1563年、フランソワが暗殺される。暗殺の実行者が処罰される間、アンナはユグノーの首領ガスパール・ド・コリニーに猛攻を加えようと手段をこうじた。続く3年間、アンナは王と、自身の嘆願の裁定を握る高等法院から圧力をかけられ続けた。1566年4月、ヌムール公・ジュヌヴォワ公であるジャック・ド・サヴォワ=ヌムールと再婚した。夫の所領であるアヌシーで生活するようになり、サヴォイア公と夫との仲裁者となり、ジャックとの間の息子たちの出世に意欲を燃やすようになる。彼女はフランス宮廷での地位も保持し続けていた。1585年、夫ジャックに先立たれ、アンナは再びパリに出て、セーヌ左岸にある、夫の遺産であるオテル・ド・ヌムールで暮らし始めた。彼女は息子たちとともにカトリック同盟に加わった。先夫との間の子供、ギーズ公アンリがカトリック同盟首領として頭角を現しており、子供のないアンリ3世以後の未来のフランス王候補と呼ばれるようになっていた。1588年12月、アンリ3世はギーズ公アンリとマイエンヌ公シャルル(アンナと先夫フランソワとの間の次男)の暗殺、そしてアンナの投獄を命じた(ギーズ公アンリは暗殺されるが、シャルルは逃れ、翌1589年に軍を率いてパリへ入城した)。解放後、彼女は未来の王母とカトリック同盟から呼ばれていた。ナヴァール王アンリ(後のアンリ4世)がカトリックに改宗し、アンリ3世と同盟を結んだことで情勢は変化した。1589年8月のアンリ3世暗殺後、アンナは息子たちが反逆者として新王に裁かれることを恐れた。1594年にようやく、アンナはパリへ向かってアンリ4世に恭順の意を表した。晩年のアンナは、最高の敬意を払われ、経済的に困ることなく子や孫に囲まれて過ごした。1607年に亡くなったとき、所持金は4000リーヴルを下らなかったという。彼女の内臓と心臓はそれぞれパリとジョアンヴィル(先夫ゆかりの地)へ埋葬された。遺体はアヌシーへ運ばれ、ヌムール公ジャックのそばに埋葬された。
  • Anna d'Este ( Ferrara, Ducat de Ferrara 1531 - País, Regne de França 1607 ) fou una membre de la Casa d'Este que tingué una gran influència a la cort francesa i que fou una de les principals figures en les Guerres de religió de França. Pel seu primer matrimoni es convertí en duquessa consort d'Aumâle i Guisa, esdevenint pel seu segon matrimoni duquessa consort de Nemours i del Genevois.
  • Анна Д’Эсте (итал. Anna d'Este; 16 ноября 1531, Феррара — 16 мая 1607, Париж) — дочь феррарского и моденского правителя Эрколе II из рода д’Эсте, в первом замужестве — герцогиня Лотарингская, во втором замужестве — герцогиня Савойская-Немюрская.
  • Anna d'Este (16 November 1531 – 17 May 1607) was an important princess with considerable influence at the court of France and a central figure in the French Wars of Religion. In her first marriage she was Duchess of Aumale, then of Guise, in her second marriage Duchess of Nemours and Genevois.
dbpedia-owl:bnfId
  • 13495813w
dbpedia-owl:sudocId
  • 112184375
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:viafId
  • 14927192
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 555726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109817097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:bnf
  • 13495813 (xsd:integer)
prop-fr:sudoc
  • 112184375 (xsd:integer)
prop-fr:type
  • personne
prop-fr:viaf
  • 14927192 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:worldcatid
  • lccn-no-2007-11624
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Anne d’Este, connue aussi sous le nom de Anna d’Este, née le 16 novembre 1531 à Ferrare, et morte le 17 mai 1607 à Paris, est une princesse franco-italienne.Elle était la fille aînée d’Hercule II d'Este, duc de Ferrare (fils de Lucrèce Borgia), et de la princesse Renée de France (fille du roi Louis XII et d'Anne de Bretagne). Duchesse d’Aumale, puis de Guise, par son premier mariage, elle fut une figure importante de la cour de France pendant les guerres de religion.
  • Anna d'Este (Ferrara, 16 novembre 1531 – Parigi, 17 maggio 1607) era la figlia primogenita di Renata di Francia (figlia di Luigi XII e Anna di Bretagna) e di Ercole II (figlio di Alfonso I e Lucrezia Borgia), duca di Ferrara. È stata una delle maggiori figure della corte di Francia del regno di Enrico II a quello di Enrico IV. In primo matrimonio fu duchessa d'Aumale, poi di Guisa; in secondo matrimonio fu duchessa di Nemours e del Genevese.
  • Ana d'Este (nascida Anna d'Este; Ferrara, 16 de novembro de 1531 - Paris, 17 de maio de 1607) foi uma princesa importante, com influência considerável na corte da França e uma figura central das Guerras religiosas na França. Em seu primeiro casamento, ela foi duquesa de Aumale, depois de Guise, em seu segundo casamento foi duquesa de Némours e Genevois.
  • Ana de Este (Ferrara, 16 de noviembre de 1531 - París, 17 de mayo de 1607) fue una noble italiana, una de las mayores figuras de la corte de Francia desde el reinado de Enrique II hasta el de Enrique IV.
  • Anna d’Este (auch Anne d’Este; * 16. November 1531 in Ferrara; † 17. Mai 1607 in Paris) war eine italienische Fürstin mit beträchtlichem Einfluss am Hof von Frankreich und eine zentrale Figur der französischen Religionskriege. In erster Ehe war sie Herzogin von Aumale, dann von Guise; in zweiter Ehe Herzogin von Nemours und Genevois.
  • アンナ・デステ(イタリア語:Anna d'Este, 1531年11月16日 - 1607年5月17日)は、ギーズ公フランソワの妃。ユグノー戦争の中心人物。フランス語名アンヌ・デスト(Anne d'Este)。フェラーラ公エルコレ2世・デステと、フランス王女ルネの長女として、フェラーラで生まれた。幼少時より良い教育を受け、音楽、歌唱、舞踏、絵画も学んだ。1548年、ロレーヌ公家につらなるフランソワと結婚した。イタリア出身であることと、フランス王女を母に持つことから、当時の王妃カトリーヌ・ド・メディチの近い存在となった。1550年に義父ギーズ公クロードが亡くなり、義母アントワネット・ド・ブルボンとともに所領の経営に本格的に乗り出す。この間、夫フランソワとの間に7子をもうけた。1563年、フランソワが暗殺される。暗殺の実行者が処罰される間、アンナはユグノーの首領ガスパール・ド・コリニーに猛攻を加えようと手段をこうじた。続く3年間、アンナは王と、自身の嘆願の裁定を握る高等法院から圧力をかけられ続けた。1566年4月、ヌムール公・ジュヌヴォワ公であるジャック・ド・サヴォワ=ヌムールと再婚した。夫の所領であるアヌシーで生活するようになり、サヴォイア公と夫との仲裁者となり、ジャックとの間の息子たちの出世に意欲を燃やすようになる。彼女はフランス宮廷での地位も保持し続けていた。1585年、夫ジャックに先立たれ、アンナは再びパリに出て、セーヌ左岸にある、夫の遺産であるオテル・ド・ヌムールで暮らし始めた。彼女は息子たちとともにカトリック同盟に加わった。先夫との間の子供、ギーズ公アンリがカトリック同盟首領として頭角を現しており、子供のないアンリ3世以後の未来のフランス王候補と呼ばれるようになっていた。1588年12月、アンリ3世はギーズ公アンリとマイエンヌ公シャルル(アンナと先夫フランソワとの間の次男)の暗殺、そしてアンナの投獄を命じた(ギーズ公アンリは暗殺されるが、シャルルは逃れ、翌1589年に軍を率いてパリへ入城した)。解放後、彼女は未来の王母とカトリック同盟から呼ばれていた。ナヴァール王アンリ(後のアンリ4世)がカトリックに改宗し、アンリ3世と同盟を結んだことで情勢は変化した。1589年8月のアンリ3世暗殺後、アンナは息子たちが反逆者として新王に裁かれることを恐れた。1594年にようやく、アンナはパリへ向かってアンリ4世に恭順の意を表した。晩年のアンナは、最高の敬意を払われ、経済的に困ることなく子や孫に囲まれて過ごした。1607年に亡くなったとき、所持金は4000リーヴルを下らなかったという。彼女の内臓と心臓はそれぞれパリとジョアンヴィル(先夫ゆかりの地)へ埋葬された。遺体はアヌシーへ運ばれ、ヌムール公ジャックのそばに埋葬された。
  • Anna d'Este ( Ferrara, Ducat de Ferrara 1531 - País, Regne de França 1607 ) fou una membre de la Casa d'Este que tingué una gran influència a la cort francesa i que fou una de les principals figures en les Guerres de religió de França. Pel seu primer matrimoni es convertí en duquessa consort d'Aumâle i Guisa, esdevenint pel seu segon matrimoni duquessa consort de Nemours i del Genevois.
  • Анна Д’Эсте (итал. Anna d'Este; 16 ноября 1531, Феррара — 16 мая 1607, Париж) — дочь феррарского и моденского правителя Эрколе II из рода д’Эсте, в первом замужестве — герцогиня Лотарингская, во втором замужестве — герцогиня Савойская-Немюрская.
  • Anna d'Este (16 November 1531 – 17 May 1607) was an important princess with considerable influence at the court of France and a central figure in the French Wars of Religion. In her first marriage she was Duchess of Aumale, then of Guise, in her second marriage Duchess of Nemours and Genevois.
rdfs:label
  • Anne d'Este
  • Ana d'Este
  • Ana de Este
  • Anna d'Este
  • Anna d'Este
  • Anna d'Este
  • Anna d’Este
  • Анна д’Эсте
  • アンナ・デステ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of