Angela Buxton épouse Silk (née le 16 août 1934 à Liverpool, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique des années 1950. En 1956, elle s'est imposée en double dames à Roland-Garros puis à Wimbledon, à chaque fois associée à l'Américaine Althea Gibson.La même année, en simple, elle s'est également hissée en finale à Wimbledon, battue par Shirley Fry Irvin.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Angela Buxton épouse Silk (née le 16 août 1934 à Liverpool, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique des années 1950. En 1956, elle s'est imposée en double dames à Roland-Garros puis à Wimbledon, à chaque fois associée à l'Américaine Althea Gibson.La même année, en simple, elle s'est également hissée en finale à Wimbledon, battue par Shirley Fry Irvin.
  • Анджела Бакстон (англ. Angela Buxton; р. 16 августа 1934(19340816), Ливерпуль) — британская теннисистка-любительница. Победительница чемпионата Франции и Уимблдонского турнира 1956 года в женском парном разряде, член Международного зала еврейской спортивной славы с 1981 года.
  • Angela Buxton (born 16 August 1934, in Liverpool, England) is an English tennis player. She won the women's doubles title at both the French Championships and Wimbledon in 1956 with Althea Gibson.
  • Angela Buxton (Liverpool, 16 agosto 1934) è una tennista britannica.
  • Angela Buxton (* 16. August 1934 in Liverpool, Vereinigtes Königreich) ist eine ehemalige britische Tennisspielerin.
  • アンジェラ・バクストン(Angela Buxton, 1934年8月16日 - )は、イングランド・リヴァプール出身の女子テニス選手。1956年のウィンブルドン選手権女子シングルス準優勝者。ダブルスでは1956年の全仏選手権とウィンブルドン選手権で、黒人選手のアリシア・ギブソンと組んで4大大会女子ダブルス2連勝を達成した。シングルス自己最高ランキングは5位(1956年)。彼女は生涯を通じて、ユダヤ人に対する偏見と闘ってきた。バクストンは北ウェールズ地方にある寄宿学校でテニスを始め、10代半ばに母親と2人でロンドンに引っ越したが、ユダヤ人であることからロンドン市内の名門「カンバーランド・テニスクラブ」への入会を拒否された。クラブの入会申込書を書いた時に「あなたには入会資格がありません」と言われ、理由を尋ねた彼女に「あなたはユダヤ人だからです」という答えが返ってきた。バクストンの人種偏見との闘いは、この時から始まる。1952年に母親と2人でアメリカへ行った時、「ロサンゼルス・テニスクラブ」からも全く同じ答えが返ってきた。そのため、彼女は電車でロサンゼルスの公営コートへ練習に行く生活を送った。その技量が晩年のビル・チルデンの目に留まり、バクストンはチルデンが急死するまでの半年間、練習を見てもらうことができた。1953年10月、イスラエルで開かれた「マカベア・ゲームズ」のテニス女子シングルスで優勝し、バクストンのテニス経歴は本格的に開花し始める。同僚選手たちからの孤立感の中で、バクストンは1954年の全仏選手権で初めての好成績を出し、当時の世界1位だったモーリーン・コノリーとの準々決勝まで進出した。翌1955年、彼女はウィンブルドン選手権でベスト8に入る。この年にバクストンは黒人選手のアリシア・ギブソンと出会い、ともに人種偏見と闘う仲間を見いだした。1956年の全仏選手権が始まった時、バクストンとギブソンは2人ともダブルス・パートナーがいなかった。ここで再び会った2人は、初めてダブルスのペアを組むことになる。2人のペアはすぐに息を合わせ、決勝でダーリーン・ハード&ドロシー・ヘッド・ノード(ともにアメリカ)組を 6-8, 8-6, 6-1 で破って初優勝した。シングルスでは、バクストンは準決勝でギブソンに 6-2, 0-6, 4-6 の逆転負けを喫している。続くウィンブルドン選手権で、アンジェラ・バクストンは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝進出を果たす。女子シングルス決勝では、バクストンはシャーリー・フライ(アメリカ)に 3-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。ギブソンと組んだダブルスでは、決勝でオーストラリアペアのフェイ・ミュラー&ダフネ・シーニー組を 6-1, 8-6 で破って優勝する。こうして、バクストンとギブソンは1956年の4大大会女子ダブルスで2連勝を成し遂げた。ウィンブルドン選手権の後、バクストンは当時の女子テニス世界ランキングで「5位」に入った。ところが、バクストンは1956年の後半に深刻な手首の故障を患い、彼女のテニス経歴は短期間であっけなく断たれてしまう。選手引退後、バクストンはテニスに関する3冊のレッスン書を著述し、「イスラエル・テニスセンター」を設立するなど、種々のテニス教育活動に携わってきた。1981年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入り。ウィンブルドン選手権を運営する「オールイングランド・ローンテニスクラブ」は、1956年の女子ダブルス優勝者であるバクストンに対して、50年ほどたつ現在も(いずれかの部門で優勝した選手に与えられる)クラブ会員資格を与えていないという。2004年6月13日付の「ニューヨーク・ポスト」紙のインタビューによれば(本記事の外部リンク参照)、バクストンは「あそこには、今なお根強い反ユダヤ主義が残っているのでしょう」と語っている。2004年、バクストンとギブソンの闘いを詳しく紹介した『The Match: How Two Outsiders -- One Black, the other Jewish -- Forged a Friendship and Made Sports History』(2人の部外者、黒人とユダヤ人が築いた友情とスポーツの歴史の物語)が、出版社のハーパー・コリンズ社から出版された。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1934-08-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/8
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Silk
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1338455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109610896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • F (1)
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1955-06-06 (xsd:date)
  • 1955-09-25 (xsd:date)
  • 1956-05-15 (xsd:date)
  • 1956-06-25 (xsd:date)
  • 1956-07-08 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1934-08-16 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Daphne Seeney
  • Darlene Hard
  • Dorothy Head
  • Fay Muller
  • Birgit Gullbrandsson
  • Shirley Bloomer
  • Barbara Bradley
  • Alva Bjoerk
  • Solveig Gustafsson
prop-fr:nom
  • Angela Buxton
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Silk
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Althea Gibson
  • Angela Mortimer
  • Darlene Hard
  • Pat Hird
  • Milly Vagn-Nielsen
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • V
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 3 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre
  • Dur
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
  • Internationaux d'Italie
  • Open de Suède
  • Internationaux de France de tennis
  • Pacific Coast Championships
  • Tournoi de tennis de Beckenham
prop-fr:v
  • Mary Bevis Hawton
  • Shirley Fry
  • Thelma Coyne Long
  • Hazel Redick-Smith
  • Dora Kilian
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • F
prop-fr:édition
  • Internationaux d'Italie
  • Pacific Coast Championships
  • The Championships
  • Internationaux de France
  • Kent Championships
  • Swedish Hard Court
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Angela Buxton épouse Silk (née le 16 août 1934 à Liverpool, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique des années 1950. En 1956, elle s'est imposée en double dames à Roland-Garros puis à Wimbledon, à chaque fois associée à l'Américaine Althea Gibson.La même année, en simple, elle s'est également hissée en finale à Wimbledon, battue par Shirley Fry Irvin.
  • Анджела Бакстон (англ. Angela Buxton; р. 16 августа 1934(19340816), Ливерпуль) — британская теннисистка-любительница. Победительница чемпионата Франции и Уимблдонского турнира 1956 года в женском парном разряде, член Международного зала еврейской спортивной славы с 1981 года.
  • Angela Buxton (born 16 August 1934, in Liverpool, England) is an English tennis player. She won the women's doubles title at both the French Championships and Wimbledon in 1956 with Althea Gibson.
  • Angela Buxton (Liverpool, 16 agosto 1934) è una tennista britannica.
  • Angela Buxton (* 16. August 1934 in Liverpool, Vereinigtes Königreich) ist eine ehemalige britische Tennisspielerin.
  • アンジェラ・バクストン(Angela Buxton, 1934年8月16日 - )は、イングランド・リヴァプール出身の女子テニス選手。1956年のウィンブルドン選手権女子シングルス準優勝者。ダブルスでは1956年の全仏選手権とウィンブルドン選手権で、黒人選手のアリシア・ギブソンと組んで4大大会女子ダブルス2連勝を達成した。シングルス自己最高ランキングは5位(1956年)。彼女は生涯を通じて、ユダヤ人に対する偏見と闘ってきた。バクストンは北ウェールズ地方にある寄宿学校でテニスを始め、10代半ばに母親と2人でロンドンに引っ越したが、ユダヤ人であることからロンドン市内の名門「カンバーランド・テニスクラブ」への入会を拒否された。クラブの入会申込書を書いた時に「あなたには入会資格がありません」と言われ、理由を尋ねた彼女に「あなたはユダヤ人だからです」という答えが返ってきた。バクストンの人種偏見との闘いは、この時から始まる。1952年に母親と2人でアメリカへ行った時、「ロサンゼルス・テニスクラブ」からも全く同じ答えが返ってきた。そのため、彼女は電車でロサンゼルスの公営コートへ練習に行く生活を送った。その技量が晩年のビル・チルデンの目に留まり、バクストンはチルデンが急死するまでの半年間、練習を見てもらうことができた。1953年10月、イスラエルで開かれた「マカベア・ゲームズ」のテニス女子シングルスで優勝し、バクストンのテニス経歴は本格的に開花し始める。同僚選手たちからの孤立感の中で、バクストンは1954年の全仏選手権で初めての好成績を出し、当時の世界1位だったモーリーン・コノリーとの準々決勝まで進出した。翌1955年、彼女はウィンブルドン選手権でベスト8に入る。この年にバクストンは黒人選手のアリシア・ギブソンと出会い、ともに人種偏見と闘う仲間を見いだした。1956年の全仏選手権が始まった時、バクストンとギブソンは2人ともダブルス・パートナーがいなかった。ここで再び会った2人は、初めてダブルスのペアを組むことになる。2人のペアはすぐに息を合わせ、決勝でダーリーン・ハード&ドロシー・ヘッド・ノード(ともにアメリカ)組を 6-8, 8-6, 6-1 で破って初優勝した。シングルスでは、バクストンは準決勝でギブソンに 6-2, 0-6, 4-6 の逆転負けを喫している。続くウィンブルドン選手権で、アンジェラ・バクストンは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝進出を果たす。女子シングルス決勝では、バクストンはシャーリー・フライ(アメリカ)に 3-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。ギブソンと組んだダブルスでは、決勝でオーストラリアペアのフェイ・ミュラー&ダフネ・シーニー組を 6-1, 8-6 で破って優勝する。こうして、バクストンとギブソンは1956年の4大大会女子ダブルスで2連勝を成し遂げた。ウィンブルドン選手権の後、バクストンは当時の女子テニス世界ランキングで「5位」に入った。ところが、バクストンは1956年の後半に深刻な手首の故障を患い、彼女のテニス経歴は短期間であっけなく断たれてしまう。選手引退後、バクストンはテニスに関する3冊のレッスン書を著述し、「イスラエル・テニスセンター」を設立するなど、種々のテニス教育活動に携わってきた。1981年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入り。ウィンブルドン選手権を運営する「オールイングランド・ローンテニスクラブ」は、1956年の女子ダブルス優勝者であるバクストンに対して、50年ほどたつ現在も(いずれかの部門で優勝した選手に与えられる)クラブ会員資格を与えていないという。2004年6月13日付の「ニューヨーク・ポスト」紙のインタビューによれば(本記事の外部リンク参照)、バクストンは「あそこには、今なお根強い反ユダヤ主義が残っているのでしょう」と語っている。2004年、バクストンとギブソンの闘いを詳しく紹介した『The Match: How Two Outsiders -- One Black, the other Jewish -- Forged a Friendship and Made Sports History』(2人の部外者、黒人とユダヤ人が築いた友情とスポーツの歴史の物語)が、出版社のハーパー・コリンズ社から出版された。
rdfs:label
  • Angela Buxton
  • Angela Buxton
  • Angela Buxton
  • Angela Buxton
  • Бакстон, Анджела
  • アンジェラ・バクストン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Angela Buxton
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of