数学の一分野としての非可換調和解析(ひかかんちょうわかいせき、英: noncommutative harmonic analysis)は、フーリエ解析における結果を可換とは限らない位相群に対するものへ拡張することを研究する。局所コンパクト可換群の調和解析においては、フーリエ級数やフーリエ変換の基本構造などを含む深い理論(ポントリャーギン双対性)が知られているので、非可換調和解析の主要な行動原理としては、それらの理論を任意の局所コンパクト群 G に対する理論へ拡張することを考えるのが普通である。コンパクト群の場合には、1920年代以降ピーター・ワイルの定理により定性的に理解されていて、それは一般に有限群とその指標理論の類似対応物となっている。故に非可換調和解析の主な課題は、G がコンパクトでも可換でもないような局所コンパクト群の場合である。そういった群の中には興味深い例として、多くのリー群および p-進体上の代数群などが含まれる。これらは数理物理学、および当代の数論(特に保型表現論)においても興味深くよく応用される。期待すべきことはフォンノイマンの基本的な仕事の結果として知られる。即ちフォンノイマンは、G のフォンノイマン群環が I-型ならば、G のユニタリ表現としての L2(G) は既約表現の直積分に分解されることを示した。これはつまり、ユニタリ表現の同型類全体の成す集合(に包核位相を入れたユニタリ双対群)で径数付けられることを意味する。プランシュレルの定理の類似は、ユニタリ双対群上の測度であるプランシュレル測度をそれによる直積分をとることと同一視することによって抽象的に与えられる(ポントリャーギン双対性の場合、プランシュレル測度は G の双対群上のあるハール測度に一致するので、従ってその正規化だけが問題である)。一般の局所コンパクト群の場合、あるいは可算離散群の場合でさえも、そのフォンノイマン群環は必ずしも I-型とは限らず、そして G の正則表現が(ユニタリかつ完全可約であったとしても)既約表現の言葉で書けないことが起こり得る。例えば無限対称群がそうで、そのフォンノイマン群環は、超有限 II1-型因子環になる。更なる理論ではプランシュレル測度は離散と連続の部分に分解される。半単純群および可解リー群のクラスに対しては、非常に詳しい理論が得られている。

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学の一分野としての非可換調和解析(ひかかんちょうわかいせき、英: noncommutative harmonic analysis)は、フーリエ解析における結果を可換とは限らない位相群に対するものへ拡張することを研究する。局所コンパクト可換群の調和解析においては、フーリエ級数やフーリエ変換の基本構造などを含む深い理論(ポントリャーギン双対性)が知られているので、非可換調和解析の主要な行動原理としては、それらの理論を任意の局所コンパクト群 G に対する理論へ拡張することを考えるのが普通である。コンパクト群の場合には、1920年代以降ピーター・ワイルの定理により定性的に理解されていて、それは一般に有限群とその指標理論の類似対応物となっている。故に非可換調和解析の主な課題は、G がコンパクトでも可換でもないような局所コンパクト群の場合である。そういった群の中には興味深い例として、多くのリー群および p-進体上の代数群などが含まれる。これらは数理物理学、および当代の数論(特に保型表現論)においても興味深くよく応用される。期待すべきことはフォンノイマンの基本的な仕事の結果として知られる。即ちフォンノイマンは、G のフォンノイマン群環が I-型ならば、G のユニタリ表現としての L2(G) は既約表現の直積分に分解されることを示した。これはつまり、ユニタリ表現の同型類全体の成す集合(に包核位相を入れたユニタリ双対群)で径数付けられることを意味する。プランシュレルの定理の類似は、ユニタリ双対群上の測度であるプランシュレル測度をそれによる直積分をとることと同一視することによって抽象的に与えられる(ポントリャーギン双対性の場合、プランシュレル測度は G の双対群上のあるハール測度に一致するので、従ってその正規化だけが問題である)。一般の局所コンパクト群の場合、あるいは可算離散群の場合でさえも、そのフォンノイマン群環は必ずしも I-型とは限らず、そして G の正則表現が(ユニタリかつ完全可約であったとしても)既約表現の言葉で書けないことが起こり得る。例えば無限対称群がそうで、そのフォンノイマン群環は、超有限 II1-型因子環になる。更なる理論ではプランシュレル測度は離散と連続の部分に分解される。半単純群および可解リー群のクラスに対しては、非常に詳しい理論が得られている。
  • In mathematics, noncommutative harmonic analysis is the field in which results from Fourier analysis are extended to topological groups which are not commutative. Since locally compact abelian groups have a well-understood theory, Pontryagin duality, which includes the basic structures of Fourier series and Fourier transforms, the major business of non-commutative harmonic analysis is usually taken to be the extension of the theory to all groups G that are locally compact. The case of compact groups is understood, qualitatively and after the Peter–Weyl theorem from the 1920s, as being generally analogous to that of finite groups and their character theory.The main task is therefore the case of G which is locally compact, not compact and not commutative. The interesting examples include many Lie groups, and also algebraic groups over p-adic fields. These examples are of interest and frequently applied in mathematical physics, and contemporary number theory, particularly automorphic representations.What to expect is known as the result of basic work of John von Neumann. He showed that if the von Neumann group algebra of G is of type I, then L2(G) as a unitary representation of G is a direct integral of irreducible representations. It is parametrized therefore by the unitary dual, the set of isomorphism classes of such representations, which is given the hull-kernel topology. The analogue of the Plancherel theorem is abstractly given by identifying a measure on the unitary dual, the Plancherel measure, with respect to which the direct integral is taken. (For Pontryagin duality the Plancherel measure is some Haar measure on the dual group to G, the only issue therefore being its normalization.) For general locally compact groups, or even countable discrete groups, the von Neumann group algebra need not be of type I and the regular representation of G cannot be written in terms of irreducible representations, even though it is unitary and completely reducible. An example where this happens is the infinite symmetric group, where the von Neumann group algebra is the hyperfinite type II1 factor. The further theory divides up the Plancherel measure into a discrete and a continuous part. For semisimple groups, and classes of solvable Lie groups, a very detailed theory is available.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7181005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 80517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 104880097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:année
  • 1939 (xsd:integer)
  • 1940 (xsd:integer)
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1964 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1966 (xsd:integer)
  • 1967 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1970 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1976 (xsd:integer)
  • 1977 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 1984 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1986 (xsd:integer)
  • 1988 (xsd:integer)
  • 1991 (xsd:integer)
  • 1994 (xsd:integer)
  • 2001 (xsd:integer)
  • 2003 (xsd:integer)
  • 2011 (xsd:integer)
prop-fr:auteur
prop-fr:fr
  • Fritz Peter
  • Hervé Jacquet
  • Francis Joseph Murray
  • Alexandre Kirillov
  • Bertram Kostant
  • Friedrich Mautner
  • Irving Segal
  • Leon Ehrenpreis
  • Louis Auslander
  • Valentine Bargmann
  • Wilfried Schmid
  • convergence compacte
  • espace de Schwartz-Harish-Chandra
  • fonctions sphériques
  • groupes adéliques
  • mesure de Plancherel
  • opérateurs de Hilbert-Schmidt
  • sous-groupe de Cartan
  • série discrète
  • série principale
prop-fr:isbn
  • 387069356 (xsd:integer)
  • 387907823 (xsd:integer)
  • 387942254 (xsd:integer)
  • 387961984 (xsd:integer)
  • 521341566 (xsd:integer)
  • 691057567 (xsd:integer)
  • 821814095 (xsd:integer)
  • 821814354 (xsd:integer)
  • 821815237 (xsd:integer)
  • 821849859 (xsd:integer)
  • 849307481 (xsd:integer)
  • 2225764611 (xsd:double)
  • 3540081356 (xsd:double)
  • 3540353313 (xsd:double)
  • 3540438416 (xsd:double)
  • 3642662455 (xsd:double)
prop-fr:lang
  • de
  • en
prop-fr:langue
  • en
  • en
prop-fr:lienAuteur
  • Pierre Cartier
prop-fr:nom
  • Bourbaki
  • Dieudonné
  • Godement
  • Herb
  • Lang
  • Schmid
  • Taylor
  • Weil
  • Cartier
  • Doran
  • Borel
  • Bruhat
  • Segal
  • Tate
  • Dixmier
  • Weyl
  • Atiyah
  • Mackey
  • Pontryagin
  • Casselman
  • Spice
  • Harish-Chandra
  • Kirillov
  • Mostow
  • Chirikjian
  • Kyatkin
  • Malzan
  • Mautner
  • Sally Jr.
  • Varadarajan
  • Waldspurger
prop-fr:numéro
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 471 (xsd:integer)
prop-fr:passage
  • 1 (xsd:integer)
  • 43 (xsd:integer)
  • 104 (xsd:integer)
  • 235 (xsd:integer)
  • 241 (xsd:integer)
  • 272 (xsd:integer)
  • 305 (xsd:integer)
  • 353 (xsd:integer)
  • 371 (xsd:integer)
  • 385 (xsd:integer)
  • 529 (xsd:integer)
prop-fr:prénom
  • Pierre
  • Alexandre
  • André
  • Armand
  • François
  • Hermann
  • Jacques
  • Jean
  • Jerry
  • Michael
  • N.
  • Roger
  • Serge
  • Paul J.
  • Robert S.
  • George D.
  • Loren
  • Wilfried
  • G.W.
  • Gregory S.
  • J.L.
  • Rebecca A.
  • I.E.
  • Lev
  • Alexander B.
  • F.I.
  • John Torrence
  • Veeravalli S.
  • Willian Allen
prop-fr:périodique
  • Annals of Mathematics
  • Bull. Amer. Math. Soc.
  • Séminaire Bourbaki
  • Ann. of Math.
  • Invent. Math.
  • Acta Math.
  • Bulletin de la S.M.F.
  • Bull. of the Amer. Math. Soc.
  • Collected Papers, Springer
  • Funct. Anal.
  • Int. J. of Theoretical Physics
  • Journal of the Inst. of Math. Jussieu
  • Transactions of the Mathematical American Soc.
  • Algebraic number theory, London: Academic Press. Cassels, J. W. S.; Fröhlich, Albrecht, eds.
prop-fr:responsabilité
  • éditeur
prop-fr:titre
  • Algebraic Number Theory
  • Les algèbres d'opérateurs dans l'espace hilbertien
  • Les C*-algèbres et leurs représentations
  • Automorphic Forms, Representations, and L-functions
  • Éléments de mathématique, Groupes et algèbres de Lie - Chapitre 9
  • Analyse mathématique IV - Intégration et théorie spectrale, analyse harmonique, le jardin des délices modulaires
  • Algebraic Groups and Discontinuous Subgroups
  • Basic Number Theory
  • Discrete series for semi-simple Lie groups. I, II
  • Elements of the theory of representations
  • Functions on locally compact groups
  • Harish-Chandra and His Work
  • Harmonic Analysis on Reductive, p-adic Groups
  • Harmonic Analysis on Semisimple Lie groups
  • Harmonic analysis on real reductive groups
  • Non-commutative Harmonic Analysis
  • Note on the Fourier Inversion Formula on Groups
  • Quantum Mechanics Presented as Harmonic Analysis
  • The Classical Groups
  • The Plancherel formula for reductive p-adic groups
  • Topological Groups
  • Unitary representations of locally compact groups
  • A geometric construction of the discrete series for semisimple Lie groups
  • Éléments de mathématique, Théories spectrales - Chapitres 1 et 2
  • An Introduction to Harmonic Analysis on Semisimple Lie Groups
  • Lectures on Lie groups and representations of locally compact groups
  • Fourier analysis in number fields and Hecke's zeta functions
  • Harmonic Analysis on real reductive groups, I, II, III
  • L'Intégration dans les Groupes Topologiques et ses Applications
  • La formule de Plancherel pour les groupes p-adiques d'après Harish-Chandra
  • Les représentations des groupes réductifs p-adiques et leurs caractères
  • Éléments d'analyse, tome 2, 5 et 6
  • An extension of Plancherel's formula to separable unimodular groups
  • Engineering Applications of Noncommutative Harmonic Analysis
  • Distributions sur un groupe localement compact et applications à l'étude des représentations des groupes p-adiques
prop-fr:trad
  • Adelic algebraic group
  • Fritz Peter
  • Hervé Jacquet
  • Francis Joseph Murray
  • Alexandre Kirillov
  • Bertram Kostant
  • Cartan subgroup
  • Compact convergence
  • Discrete series representation
  • Friedrich Mautner
  • Harish-Chandra's Schwartz space
  • Hilbert–Schmidt operator
  • Irving Segal
  • Leon Ehrenpreis
  • Louis Auslander
  • Plancherel measure
  • Principal series representation
  • Valentine Bargmann
  • Wilfried Schmid
  • Zonal spherical function
prop-fr:url
prop-fr:volume
  • 2 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 42 (xsd:integer)
  • 51 (xsd:integer)
  • 52 (xsd:integer)
  • 56 (xsd:integer)
  • 76 (xsd:integer)
  • 78 (xsd:integer)
  • 89 (xsd:integer)
  • 113 (xsd:integer)
  • IV
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:éditeur
  • CRC Press
  • Cambridge University Press
  • Gauthier-Villars
  • Hermann
  • Masson
  • Princeton University Press
  • Springer
  • Springer Verlag
  • American Mathematical Society
  • Tata Institute of Fundamental Research, Bombay
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学の一分野としての非可換調和解析(ひかかんちょうわかいせき、英: noncommutative harmonic analysis)は、フーリエ解析における結果を可換とは限らない位相群に対するものへ拡張することを研究する。局所コンパクト可換群の調和解析においては、フーリエ級数やフーリエ変換の基本構造などを含む深い理論(ポントリャーギン双対性)が知られているので、非可換調和解析の主要な行動原理としては、それらの理論を任意の局所コンパクト群 G に対する理論へ拡張することを考えるのが普通である。コンパクト群の場合には、1920年代以降ピーター・ワイルの定理により定性的に理解されていて、それは一般に有限群とその指標理論の類似対応物となっている。故に非可換調和解析の主な課題は、G がコンパクトでも可換でもないような局所コンパクト群の場合である。そういった群の中には興味深い例として、多くのリー群および p-進体上の代数群などが含まれる。これらは数理物理学、および当代の数論(特に保型表現論)においても興味深くよく応用される。期待すべきことはフォンノイマンの基本的な仕事の結果として知られる。即ちフォンノイマンは、G のフォンノイマン群環が I-型ならば、G のユニタリ表現としての L2(G) は既約表現の直積分に分解されることを示した。これはつまり、ユニタリ表現の同型類全体の成す集合(に包核位相を入れたユニタリ双対群)で径数付けられることを意味する。プランシュレルの定理の類似は、ユニタリ双対群上の測度であるプランシュレル測度をそれによる直積分をとることと同一視することによって抽象的に与えられる(ポントリャーギン双対性の場合、プランシュレル測度は G の双対群上のあるハール測度に一致するので、従ってその正規化だけが問題である)。一般の局所コンパクト群の場合、あるいは可算離散群の場合でさえも、そのフォンノイマン群環は必ずしも I-型とは限らず、そして G の正則表現が(ユニタリかつ完全可約であったとしても)既約表現の言葉で書けないことが起こり得る。例えば無限対称群がそうで、そのフォンノイマン群環は、超有限 II1-型因子環になる。更なる理論ではプランシュレル測度は離散と連続の部分に分解される。半単純群および可解リー群のクラスに対しては、非常に詳しい理論が得られている。
  • In mathematics, noncommutative harmonic analysis is the field in which results from Fourier analysis are extended to topological groups which are not commutative. Since locally compact abelian groups have a well-understood theory, Pontryagin duality, which includes the basic structures of Fourier series and Fourier transforms, the major business of non-commutative harmonic analysis is usually taken to be the extension of the theory to all groups G that are locally compact.
rdfs:label
  • Analyse harmonique non commutative
  • Noncommutative harmonic analysis
  • 非可換調和解析
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of