Alexander William Doniphan (9 juillet 1808–8 août 1887) est un avocat, politicien et soldat américain qui s'illustra lors de la Guerre américano-mexicaine.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Alexander William Doniphan (9 juillet 1808–8 août 1887) est un avocat, politicien et soldat américain qui s'illustra lors de la Guerre américano-mexicaine.
  • Alexander William Doniphan (* 9. Juli 1808 im Mason County, Kentucky; † 8. August 1887 in Richmond, Missouri) war ein US-amerikanischer Offizier, Jurist und Politiker.
  • Alexander William Doniphan (July 9, 1808 – August 8, 1887) was a 19th-century American attorney, soldier and politician from Missouri who is best known today as the man who prevented the summary execution of Mormon founder Joseph Smith, Jr. at the close of the 1838 Mormon War in that state. He also achieved renown as a leader of American troops during the Mexican–American War, as the author of a legal code that still forms the basis of New Mexico's Bill of Rights, and as a successful defense attorney in the Missouri towns of Liberty, Richmond and Independence.
  • Alexander William Doniphan (Condado de Mason, Kentucky, 9 de julio de 1808 - Richmond, Misuri, 8 de agosto de 1887), abogado y militar estadounidense.Se graduó en el Augusta College en 1824, fue admitido en la barra de abogados en 1830 e inició su carrera en Lexington, Misuri. Pronto se trasladó hacia el oeste, a Liberty, Misuri y se ganó reputación como uno de los mejores abogados del estado. También sirvió como legislador en 1836, 1840, y 1854, representando al Partido Whig.Aunque sobresaliente en su carrera de abogado, se le recuerda principalmente por su carrera militar. Para 1838 había sido ascendido a General Brigadier en la milicia del estado. Encabezando una gran fuerza de tropas estatales capturó al profeta mormón Joseph Smith y otros líderes y los forzó a dejar el estado de Misuri. Al hacerlo se rehusaba a seguir las órdenes de ejecutar a Smith, y previno que fuerzas "vigilantes" irregulares dañaran a los mormones.Al inicio de la Guerra Mexicano-Norteamericana en 1846, Doniphan entró al Ejército de los Estados Unidos como Coronel del Primer Regimiento de los Voluntarios Montados de Misuri, y sirvió en varias campañas, incluyendo la marcha de Stephen W. Kearny en Santa Fe y una de las expediciones en México. Durante ésta sus hombres ganaron las batallas de El Brazito el 25 de diciembre de 1846 (en las afueras de la actual ciudad de El Paso, Texas) y de Sacramento, permitiendo la captura de Chihuahua. Después de la guerra, fue comisionado por el General Kearny para redactar las leyes conocidas como “Código de Kearny” en inglés y español para los territorios anexados de México.Permaneció moderado durante los eventos que culminaron con la Guerra Civil de los Estados Unidos, se opuso a la secesión y favoreció la neutralidad de Misuri. Como propetario de esclavos, Doniphan abogó por la liberación progresiva de los esclavos sólo cuando quedó claro que el Partido Republicano haría la emancipación inmediata. Aunque se le ofreció un alto mando en el Ejército de la Unión, no tomó parte activa en la Guerra Civil, mudándse a San Luis, Misuri. A finales de la década de 1860 restableció su bufete legal en Richmond, Misuri, donde murió. Está sepultado en el Cementerio Fairview en Liberty, Misuri debajo de un obelisco.Doniphan se casó con Elizabeth Jane Thornton en 1838 y tuvo dos hijos, ninguno de los cuales llegó a los 18 años de edad.
  • アレクサンダー・ウィリアム・ドニファン(Alexander William Doniphan, 1808年7月9日 - 1887年8月8日)は、アメリカ合衆国の弁護士、軍人。ケンタッキー州メイソン郡で生まれる。彼は1824年にオーガスタ・カレッジを卒業し、1830年には法廷弁護士として承認され、レキシントンで開業した。彼はすぐにさらに西のリバティへ引っ越し、ミズーリ州で最高の弁護士の一人という名声を増した。彼はまた、1836年、1840年、そして1854年にも、ホイッグ党の一員として州議会で務めた。弁護士として優れていたのと同時に、彼はとりわけ軍人としての経歴が記憶にとどめられている。1838年までに、彼は州民兵の准将に昇格した。州軍の大軍を導いて、彼はモルモン教の預言者ジョセフ・スミス・ジュニアとその他のリーダーたちを逮捕し、ミズーリ州から強制的に立ち去らせた。その際に、彼はスミスを処刑する命令に従うのを拒否し、自警団の武力がモルモン教徒へ甚大な危害を加えることを防いだ。1846年の米墨戦争の開始の時、ドニファンは、ミズーリ騎馬志願兵(Missouri mounted volunteers)第1連隊の大佐として、米国陸軍に入隊した。サンタフェにおけるスティーブン・W・カーニーの進軍とメキシコへの遠征を含むいくつかの作戦で、栄誉ある任務を果たした。 その遠征で彼の隊は、1846年クリスマスの日のエル・ブラジート(El Brazito、現在のテキサス州エル・パソの外れ)の戦いとサクラメントの戦いで勝利し、メキシコのチワワ州への進撃を可能にした。米墨戦争の後、彼はメキシコから併合された領地のため、英語とスペイン語で組み立てるようカーニー将軍に任命され、カーニー・コードとして知られる民法の規範を作った。彼は南北戦争に導いた出来事に対して中道で、脱退に反対しミズーリ州の中立を支持した。奴隷所有者であるドニファンは、共和党が即座に解放をするだろうことが明白になった後にのみ、奴隷制の緩やかな除去を支持した。北軍は彼に最高指揮官の地位を提供したが、彼は南北戦争で活動はせず、代わりにセントルイスに移動した。1860年代の終わりに、ドニファンはミズーリ州リッチモンドに法律事務所を再び創設し、その場所で死んだ。彼はリバティのフェアヴュー墓地のオベリスク(塔)の下に埋葬されている。ドニファンは1836年、エリザベス・ジェーン・ソーントンと結婚し、二人の子供をもうけたが、どちらも18歳までは生きられなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2797331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 108533246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Alexander William Doniphan (9 juillet 1808–8 août 1887) est un avocat, politicien et soldat américain qui s'illustra lors de la Guerre américano-mexicaine.
  • Alexander William Doniphan (* 9. Juli 1808 im Mason County, Kentucky; † 8. August 1887 in Richmond, Missouri) war ein US-amerikanischer Offizier, Jurist und Politiker.
  • アレクサンダー・ウィリアム・ドニファン(Alexander William Doniphan, 1808年7月9日 - 1887年8月8日)は、アメリカ合衆国の弁護士、軍人。ケンタッキー州メイソン郡で生まれる。彼は1824年にオーガスタ・カレッジを卒業し、1830年には法廷弁護士として承認され、レキシントンで開業した。彼はすぐにさらに西のリバティへ引っ越し、ミズーリ州で最高の弁護士の一人という名声を増した。彼はまた、1836年、1840年、そして1854年にも、ホイッグ党の一員として州議会で務めた。弁護士として優れていたのと同時に、彼はとりわけ軍人としての経歴が記憶にとどめられている。1838年までに、彼は州民兵の准将に昇格した。州軍の大軍を導いて、彼はモルモン教の預言者ジョセフ・スミス・ジュニアとその他のリーダーたちを逮捕し、ミズーリ州から強制的に立ち去らせた。その際に、彼はスミスを処刑する命令に従うのを拒否し、自警団の武力がモルモン教徒へ甚大な危害を加えることを防いだ。1846年の米墨戦争の開始の時、ドニファンは、ミズーリ騎馬志願兵(Missouri mounted volunteers)第1連隊の大佐として、米国陸軍に入隊した。サンタフェにおけるスティーブン・W・カーニーの進軍とメキシコへの遠征を含むいくつかの作戦で、栄誉ある任務を果たした。 その遠征で彼の隊は、1846年クリスマスの日のエル・ブラジート(El Brazito、現在のテキサス州エル・パソの外れ)の戦いとサクラメントの戦いで勝利し、メキシコのチワワ州への進撃を可能にした。米墨戦争の後、彼はメキシコから併合された領地のため、英語とスペイン語で組み立てるようカーニー将軍に任命され、カーニー・コードとして知られる民法の規範を作った。彼は南北戦争に導いた出来事に対して中道で、脱退に反対しミズーリ州の中立を支持した。奴隷所有者であるドニファンは、共和党が即座に解放をするだろうことが明白になった後にのみ、奴隷制の緩やかな除去を支持した。北軍は彼に最高指揮官の地位を提供したが、彼は南北戦争で活動はせず、代わりにセントルイスに移動した。1860年代の終わりに、ドニファンはミズーリ州リッチモンドに法律事務所を再び創設し、その場所で死んだ。彼はリバティのフェアヴュー墓地のオベリスク(塔)の下に埋葬されている。ドニファンは1836年、エリザベス・ジェーン・ソーントンと結婚し、二人の子供をもうけたが、どちらも18歳までは生きられなかった。
  • Alexander William Doniphan (Condado de Mason, Kentucky, 9 de julio de 1808 - Richmond, Misuri, 8 de agosto de 1887), abogado y militar estadounidense.Se graduó en el Augusta College en 1824, fue admitido en la barra de abogados en 1830 e inició su carrera en Lexington, Misuri. Pronto se trasladó hacia el oeste, a Liberty, Misuri y se ganó reputación como uno de los mejores abogados del estado.
  • Alexander William Doniphan (July 9, 1808 – August 8, 1887) was a 19th-century American attorney, soldier and politician from Missouri who is best known today as the man who prevented the summary execution of Mormon founder Joseph Smith, Jr. at the close of the 1838 Mormon War in that state.
rdfs:label
  • Alexander William Doniphan
  • Alexander William Doniphan
  • Alexander William Doniphan
  • Alexander William Doniphan
  • アレクサンダー・ウィリアム・ドニファン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of