Agnes Tuckey (née le 8 juillet 1877 à Marylebone, Middlesex, Angleterre et décédée le 13 mai 1972 à Winchester, Hampshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle.Elle a notamment remporté Wimbledon en 1913 en double mixte aux côtés de Hope Crisp. Elle est la mère de Raymond Tuckey et de Kay Maule, également champions de tennis.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Agnes Tuckey (née le 8 juillet 1877 à Marylebone, Middlesex, Angleterre et décédée le 13 mai 1972 à Winchester, Hampshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle.Elle a notamment remporté Wimbledon en 1913 en double mixte aux côtés de Hope Crisp. Elle est la mère de Raymond Tuckey et de Kay Maule, également champions de tennis.
  • Agnes Katherine Raymond Tuckey (née Daniell, 8 July 1877, Marylebone, Middlesex - 13 May 1972, Winchester, Hampshire) was an English tennis player. With Hope Crisp, she was the winner of the first Wimbledon mixed doubles in 1913. In 1906 she married Charles Orpen Tuckey who taught Mathematics at Charterhouse School. They played mixed doubles together. Among their children were Raymond and Kay who played in the Wightman Cup between 1949 and 1951. Agnes, when in her fifties, partnered Raymond in the mixed doubles in 1931 and 1932, the only instance of a parent and child teaming up at the championships.In the 1913 Wimbledon Championships, she won with Crisp the first mixed doubles final at Wimbledon in an unusual fashion - Ethel Thomson Larcombe was struck by a ball in the eye and unable to continue the match. The incident occurred when the second set was 5-3 for Crisp and Tuckey, the first having been won by the opposing pair of James Cecil Parke and Mrs Larcombe. In the 1914 Wimbledon Championships Crisp and Tuckey were the losing semi-finallists.
  • アグネス・タッキー(Agnes Tuckey, 1877年7月8日 - 1972年5月13日)は、イングランド・ミドルセックス州マリルボーン出身の女子テニス選手。1913年のウィンブルドン選手権混合ダブルスでホープ・クリスプ(1884年 - 1950年)とペアを組んで優勝し、混合ダブルス部門の第1回公式競技を制した選手である。息子のレイモンド・タッキーと娘のケイ・タッキーもテニス選手で、とりわけレイモンド(1910年 - 2005年)は1936年のウィンブルドン男子ダブルス優勝者になり、親子2代でウィンブルドンを制した名門テニス一家として知られた。フルネームは Agnes Katharine Raymond Daniell Tuckey (アグネス・キャサリン・レイモンド・ダニエル・タッキー)という。ウィンブルドン選手権の混合ダブルスは1900年から始まったが、1912年までは「選手権非公認競技」(Non-Championship Event)として扱われ、選手権の公式優勝記録に数えられない。1913年から女子ダブルスと混合ダブルスの2部門が選手権公式競技(Full Championship Event)になり、ウィンブルドン選手権の優勝記録表には1913年以後のものが記載されている。アグネス・タッキーは1913年、選手権公式競技になった最初の混合ダブルスで優勝を飾った。タッキーとホープ・クリスプのペアは、決勝でジェームズ・パーク&エセル・トムソン・ラーコム組と対戦し、第1セットを 3-6 で落としたが、第2セットで 5-3 のリードを奪った。第2セット・第9ゲームの途中で、(クリスプ、タッキーのいずれかの)打球が相手組のトムソン・ラーコムの目に当たってしまう。このため相手組は途中棄権を余儀なくされ、クリスプ&タッキー組が優勝した。(このアクシデントにより、1912年の女子シングルス優勝者であったトムソン・ラーコムは、自動的に出場できるシングルスの「オールカマーズ・ファイナル」も断念した。)なお、本書記載の参考文献であるランス・ティンゲイ著『100 Years of Wimbledon』(ウィンブルドンの100年史)では、女子シングルスはベスト8以上、女子ダブルスは準決勝から調べられるが、タッキーの場合は1913年混合ダブルス優勝以外の好成績が見当たらない。1910年6月15日に生まれた息子のレイモンド・タッキーは、やがてイギリスを代表する男子テニス選手の1人に成長した。1931年と1932年の2度、アグネスとレイモンドはウィンブルドン選手権の混合ダブルスで母親と息子のペアを組んだ。レイモンドは1936年のウィンブルドン男子ダブルスでジョージ・パトリック・ヒューズ(1902年 - 1997年)とペアを組んで優勝し、こうしてタッキー家は「親子2代のウィンブルドン制覇」を成し遂げた。子供たちの成功と長寿に恵まれて、アグネス・タッキーは1972年5月13日にイングランド・ハンプシャー州ウィンチェスターで94年の生涯を閉じた。
  • Agnes Katherine Raymond Tuckey (* 8. Juli 1877 in Marylebone, Middlesex, England als Agnes Daniell; † 13. Mai 1972 in Winchester, Hampshire, England) war eine britische Tennisspielerin.1913 gewann sie zusammen mit Hope Crisp den Wettbewerb im Mixed der Wimbledon Championships bei einem Stand von 3:6 und 5:3 nach einer Aufgabe ihrer Gegenspieler Ethel Thomson Larcombe und James Parke. Im Einzel erreichte sie bei den Wimbledon Championships 1908 mit dem Viertelfinale ihr bestes Resultat.Tuckeys Sohn Raymond Tuckey war ebenfalls ein erfolgreicher Tennisspieler. Die beiden bildeten 1931 und 1932 das bis heute einzige Mutter-Sohn-Team, das je im Mixed-Bewerb des Turniers von Wimbledon angetreten ist.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1877-07-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1972-05-13 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:spouseName
  • née Daniell
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1714923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106466028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • V (1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1913-06-23 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1972-05-13 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1877-07-08 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Ethel Thomson Larcombe
  • James Cecil Parke
prop-fr:lieuDeDécès
  • Winchester
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Marylebone
prop-fr:nom
  • Agnes Tuckey
prop-fr:nomD'épouse
  • née Daniell
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Titres
prop-fr:pn
  • Hope Crisp
prop-fr:score
  • 3 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Double
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonMixte
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • The Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Agnes Tuckey (née le 8 juillet 1877 à Marylebone, Middlesex, Angleterre et décédée le 13 mai 1972 à Winchester, Hampshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique du début du XXe siècle.Elle a notamment remporté Wimbledon en 1913 en double mixte aux côtés de Hope Crisp. Elle est la mère de Raymond Tuckey et de Kay Maule, également champions de tennis.
  • アグネス・タッキー(Agnes Tuckey, 1877年7月8日 - 1972年5月13日)は、イングランド・ミドルセックス州マリルボーン出身の女子テニス選手。1913年のウィンブルドン選手権混合ダブルスでホープ・クリスプ(1884年 - 1950年)とペアを組んで優勝し、混合ダブルス部門の第1回公式競技を制した選手である。息子のレイモンド・タッキーと娘のケイ・タッキーもテニス選手で、とりわけレイモンド(1910年 - 2005年)は1936年のウィンブルドン男子ダブルス優勝者になり、親子2代でウィンブルドンを制した名門テニス一家として知られた。フルネームは Agnes Katharine Raymond Daniell Tuckey (アグネス・キャサリン・レイモンド・ダニエル・タッキー)という。ウィンブルドン選手権の混合ダブルスは1900年から始まったが、1912年までは「選手権非公認競技」(Non-Championship Event)として扱われ、選手権の公式優勝記録に数えられない。1913年から女子ダブルスと混合ダブルスの2部門が選手権公式競技(Full Championship Event)になり、ウィンブルドン選手権の優勝記録表には1913年以後のものが記載されている。アグネス・タッキーは1913年、選手権公式競技になった最初の混合ダブルスで優勝を飾った。タッキーとホープ・クリスプのペアは、決勝でジェームズ・パーク&エセル・トムソン・ラーコム組と対戦し、第1セットを 3-6 で落としたが、第2セットで 5-3 のリードを奪った。第2セット・第9ゲームの途中で、(クリスプ、タッキーのいずれかの)打球が相手組のトムソン・ラーコムの目に当たってしまう。このため相手組は途中棄権を余儀なくされ、クリスプ&タッキー組が優勝した。(このアクシデントにより、1912年の女子シングルス優勝者であったトムソン・ラーコムは、自動的に出場できるシングルスの「オールカマーズ・ファイナル」も断念した。)なお、本書記載の参考文献であるランス・ティンゲイ著『100 Years of Wimbledon』(ウィンブルドンの100年史)では、女子シングルスはベスト8以上、女子ダブルスは準決勝から調べられるが、タッキーの場合は1913年混合ダブルス優勝以外の好成績が見当たらない。1910年6月15日に生まれた息子のレイモンド・タッキーは、やがてイギリスを代表する男子テニス選手の1人に成長した。1931年と1932年の2度、アグネスとレイモンドはウィンブルドン選手権の混合ダブルスで母親と息子のペアを組んだ。レイモンドは1936年のウィンブルドン男子ダブルスでジョージ・パトリック・ヒューズ(1902年 - 1997年)とペアを組んで優勝し、こうしてタッキー家は「親子2代のウィンブルドン制覇」を成し遂げた。子供たちの成功と長寿に恵まれて、アグネス・タッキーは1972年5月13日にイングランド・ハンプシャー州ウィンチェスターで94年の生涯を閉じた。
  • Agnes Katherine Raymond Tuckey (* 8. Juli 1877 in Marylebone, Middlesex, England als Agnes Daniell; † 13. Mai 1972 in Winchester, Hampshire, England) war eine britische Tennisspielerin.1913 gewann sie zusammen mit Hope Crisp den Wettbewerb im Mixed der Wimbledon Championships bei einem Stand von 3:6 und 5:3 nach einer Aufgabe ihrer Gegenspieler Ethel Thomson Larcombe und James Parke.
  • Agnes Katherine Raymond Tuckey (née Daniell, 8 July 1877, Marylebone, Middlesex - 13 May 1972, Winchester, Hampshire) was an English tennis player. With Hope Crisp, she was the winner of the first Wimbledon mixed doubles in 1913. In 1906 she married Charles Orpen Tuckey who taught Mathematics at Charterhouse School. They played mixed doubles together. Among their children were Raymond and Kay who played in the Wightman Cup between 1949 and 1951.
rdfs:label
  • Agnes Tuckey
  • Agnes Tuckey
  • Agnes Tuckey
  • アグネス・タッキー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Agnes Tuckey
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:champion of
is foaf:primaryTopic of