La 5e cérémonie des Houston Film Critics Society Awards, décernés par la Houston Film Critics Society, a eu lieu le 7 janvier 2012, et a récompensé les films réalisés en 2011.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • La 5e cérémonie des Houston Film Critics Society Awards, décernés par la Houston Film Critics Society, a eu lieu le 7 janvier 2012, et a récompensé les films réalisés en 2011.
  • The 5th Houston Film Critics Society Awards were announced on December 14, 2011. These awards for "extraordinary accomplishment in film" are presented annually by the Houston Film Critics Society (HFCS) based in Houston, Texas. The organization, founded in 2007, includes 26 film critics for print, radio, television, and internet publications in the greater Houston area. The awards are co-sponsored by the Houston Film Commission, WorldFest, and the Houston Cinema Arts Society.The nominations for the 2011 awards were announced on December 10, 2011. Eligible films do not need to have played or opened in a Houston movie theater prior to the nomination deadline, merely made available to the HFCS membership at a screening or on DVD. Along with the usual 13 "best of" category awards, this year also continued the category for "Worst Movies of the Year" and introduced a new category for "Best Texas Independent Film". The Artist led the field with seven nominations, including the Best Picture, Actor, Direction, Screenplay, Cinematography, Original Score, and Foreign Language categories. The Descendants and The Help each received five nominations.The Descendants was the HFCS's most awarded film of 2011 taking top honors in the Best Picture, Best Supporting Actress (Shailene Woodley), and Best Screenplay (Alexander Payne, Nat Faxon, Jim Rash) categories. Drive was the only other film to garner multiple awards, winning both Best Director (Nicolas Winding Refn) and Supporting Actor (Albert Brooks) prizes.The other acting honors went to Tilda Swinton as Best Actress for We Need to Talk About Kevin and Michael Fassbender as Best Actor for Shame. The other individual awards included Best Original Score to Ludovic Bource for The Artist and Best Cinematography to Emmanuel Lubezki for The Tree of Life.The remaining category honors went to Rango as Best Animated Film, Project Nim as Best Documentary, and South Korea's I Saw the Devil as Best Foreign Language Film. "Life's A Happy Song" by Bret McKenzie from The Muppets was named the Best Original Song. The HFCS's second annual award for "Worst Picture" was given to Your Highness starring Natalie Portman.In addition to the category awards, the HFCS announced that 2011's Lifetime Achievement Award will honor actor Jeff Bridges and the 2011 Humanitarian Award honors Houston socialite Joanne King Herring. She was selected for "her work in Afghanistan, as noted in the film Charlie Wilson's War". (Julia Roberts portrayed Herring in the 2007 film.) The HFCS awards for Outstanding Achievement in Cinema were presented to Hunter Todd and Mary Lampe. A special Technical Achievement honor was announced for Rise of the Planet of the Apes.
  • 第5回ヒューストン映画批評家協会賞は、2011年12月14日に発表された。これはテキサス州ヒューストンを拠点に置くヒューストン映画批評家協会(HFCS)によって贈られる賞である。協会は2007年にヒューストンを拠点とする新聞、ラジオ、テレビの映画批評家26名によって設立された。ヒューストン・フィルム・コミッション、ヒューストン国際映画祭、ヒューストン映画芸術協会により共同開催されている。2011年の候補は2011年12月10日に発表された。対象作品は、スクリーニングか、またはDVDでHFCSの会員が観賞したもので、ヒューストンの映画館で上映している必要は無い。毎年13の「ベスト」部門に加え、最低作品賞が設置されており、そして今年「テキサス・インディペンデント賞」が新設された。最多候補は、作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・作曲賞・外国語映画賞の7部門の『アーティスト』である。次いで5部門候補の『ファミリー・ツリー』と『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』である。2011年に最多受賞となったのは『ファミリー・ツリー』であり、作品賞、助演女優賞(シェイリーン・ウッドリー)、脚本賞(アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ)の3部門を受賞した。次いで、『ドライヴ』が監督賞(ニコラス・ウィンディング・レフン)と助演男優賞(アルバート・ブルックス)の2部門を受賞した。他の演技部門では、『少年は残酷な弓を射る』のティルダ・スウィントンが主演女優賞、『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6718145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 96320133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:charte
  • cinéma
prop-fr:date
  • 2012-01-07 (xsd:date)
prop-fr:lieu
  • Houston,
prop-fr:organiséPar
  • la Houston Film Critics Society
prop-fr:précédent
prop-fr:récompense
prop-fr:siteWeb
prop-fr:suivant
prop-fr:titre
  • cérémonie des Houston Film Critics Society Awards
prop-fr:titreRécompense
  • Film le plus nommé
  • Film le plus récompensé
  • Meilleur film
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • La 5e cérémonie des Houston Film Critics Society Awards, décernés par la Houston Film Critics Society, a eu lieu le 7 janvier 2012, et a récompensé les films réalisés en 2011.
  • 第5回ヒューストン映画批評家協会賞は、2011年12月14日に発表された。これはテキサス州ヒューストンを拠点に置くヒューストン映画批評家協会(HFCS)によって贈られる賞である。協会は2007年にヒューストンを拠点とする新聞、ラジオ、テレビの映画批評家26名によって設立された。ヒューストン・フィルム・コミッション、ヒューストン国際映画祭、ヒューストン映画芸術協会により共同開催されている。2011年の候補は2011年12月10日に発表された。対象作品は、スクリーニングか、またはDVDでHFCSの会員が観賞したもので、ヒューストンの映画館で上映している必要は無い。毎年13の「ベスト」部門に加え、最低作品賞が設置されており、そして今年「テキサス・インディペンデント賞」が新設された。最多候補は、作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞・撮影賞・作曲賞・外国語映画賞の7部門の『アーティスト』である。次いで5部門候補の『ファミリー・ツリー』と『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』である。2011年に最多受賞となったのは『ファミリー・ツリー』であり、作品賞、助演女優賞(シェイリーン・ウッドリー)、脚本賞(アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ)の3部門を受賞した。次いで、『ドライヴ』が監督賞(ニコラス・ウィンディング・レフン)と助演男優賞(アルバート・ブルックス)の2部門を受賞した。他の演技部門では、『少年は残酷な弓を射る』のティルダ・スウィントンが主演女優賞、『SHAME -シェイム-』のマイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞した。
  • The 5th Houston Film Critics Society Awards were announced on December 14, 2011. These awards for "extraordinary accomplishment in film" are presented annually by the Houston Film Critics Society (HFCS) based in Houston, Texas. The organization, founded in 2007, includes 26 film critics for print, radio, television, and internet publications in the greater Houston area.
rdfs:label
  • 5e cérémonie des Houston Film Critics Society Awards
  • Houston Film Critics Society Awards 2011
  • 第5回ヒューストン映画批評家協会賞
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:précédent of
is prop-fr:suivant of
is foaf:primaryTopic of