PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Le 400 mètres masculin des Championnats du monde de 2011 a lieu du 28 au 30 août 2011 dans le Stade de Daegu en Corée du Sud.
  • La gara dei 400 metri piani maschili dei Campionati del mondo di atletica leggera 2011 si è svolta le mattine del 27 e 28 agosto e la sera del 30 agosto 2011.
  • 2011年世界陸上競技選手権大会男子400mは大邱スタジアムで8月28日に予選、29日に準決勝、30日に決勝が行なわれた。グレナダのキラニ・ジェームスが44秒60の記録で優勝した。アテネ大会以降、世界選手権の前回大会優勝者は次回大会の出場権を自動的に得る。前回大会優勝者のラショーン・メリットはドーピング違反による1年9ヶ月の出場停止処分が7月に明けてレースに復帰。全米陸上競技連盟は選手に対して選考会となる全米選手権出場を義務付けているが、メリットは6月の全米選手権に出場できなかった。その後メリットは全米陸上競技連盟の特例措置により世界選手権に出場した。メリットは予選3組で2011年世界最高記録となる44秒35を記録した。2010年のIAAFダイヤモンドリーグ400m年間王者のジェレミー・ウォリナーは、左足爪先靭帯断裂のために欠場した。北京パラリンピック男子短距離3種目の金メダリストで両足義足のオスカー・ピストリウスは四肢を失った選手として初めて世界選手権に出場し、5組3位で予選通過、準決勝で組8位46秒19の成績を残した。ピストリウスは2004年アテネパラリンピックで200m金メダリストとなった後に北京オリンピック出場を熱望していたが、IAAFは彼の出場を認めない方針を2007年に決定した。IAAFは彼のカーボン製義足が競技に与える影響についてドイツ体育大学ケルンに分析を依頼、その結果を受けてカーボン製義足が競技会の禁止行為を定めたIAAF競技規約144項の2(機械的助力の使用)に抵触するとした。ピストリウスはスポーツ仲裁裁判所に提訴、2008年5月にスポーツ仲裁裁判所の「IAAFの競技規則に抵触しない」との裁定を勝ち取って大会参加に道が開かれていた。この2011年大会にはピストリウス以外に、視覚障害を持つジェイソン・スミスが男子100mに出場した。
  • Běh na 400 metrů mužů na Mistrovství světa v atletice 2011 se uskutečnil 28., 29. a 30. srpna. Ve finálovém běhu zvítězil devatenáctiletý reprezentant Grenady Kirani James. Závodu se zúčastnil i tělesně postižený atlet Oscar Pistorius.
  • The men's 400 metres at the 2011 World Championships in Athletics was held at the Daegu Stadium on August 28, 29 and 30.Going into the Championships, defending champion LaShawn Merritt was serving a 2-year ban. The ban was still in effect during the USA Outdoor Track and Field Championships, so Merritt was unable to compete. Ordinarily, since 1997, the defending champion is automatically invited to the championships, but the United States stipulates that the champion must compete in the national championships. It took a special decision by USATF to allow Merritt to enter. Merritt had minimal racing opportunities prior to the championships.In qualifying, ordinarily athletes try to use the minimum effort to advance to the next round, but Merritt ran the year's world leading time of 44.35 in heat 3. The media focused on double amputee Oscar Pistorius, who ran 45.39 to qualify into the semi-finals.In the semi finals, Merritt ran a more controlled and relaxed 44.76 in semi 1, while Jermaine Gonzales controlled semi 3 in 44.99 and 18-year-old Kirani James ran an easy 45.20 to take semi 2. Rondell Bartholomew also qualified, placing two athletes from tiny Grenada in the final. Also twins Kévin and Jonathan Borlée placed two athletes from Belgium in the final. While his time from the trials would have made the final, Pistorius ran 46.19 in his semi and did not advance. Kirani James won the final beating LaShawn Merritt on the line with a time of 44.60.
  • Соревнования по бегу на 400 метров у мужчин на чемпионате мира по лёгкой атлетике 2011 года в корейском городе Тэгу прошли 28, 29 и 30 августа.
  • Bieg na 400 metrów mężczyzn – jedna z konkurencji rozgrywanych podczas lekkoatletycznych mistrzostw świata na Daegu Stadium w Taegu. Obrońcą tytułu mistrzowskiego z 2009 roku jest Amerykanin LaShawn Merritt.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5531201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 98581371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Le 400 mètres masculin des Championnats du monde de 2011 a lieu du 28 au 30 août 2011 dans le Stade de Daegu en Corée du Sud.
  • La gara dei 400 metri piani maschili dei Campionati del mondo di atletica leggera 2011 si è svolta le mattine del 27 e 28 agosto e la sera del 30 agosto 2011.
  • 2011年世界陸上競技選手権大会男子400mは大邱スタジアムで8月28日に予選、29日に準決勝、30日に決勝が行なわれた。グレナダのキラニ・ジェームスが44秒60の記録で優勝した。アテネ大会以降、世界選手権の前回大会優勝者は次回大会の出場権を自動的に得る。前回大会優勝者のラショーン・メリットはドーピング違反による1年9ヶ月の出場停止処分が7月に明けてレースに復帰。全米陸上競技連盟は選手に対して選考会となる全米選手権出場を義務付けているが、メリットは6月の全米選手権に出場できなかった。その後メリットは全米陸上競技連盟の特例措置により世界選手権に出場した。メリットは予選3組で2011年世界最高記録となる44秒35を記録した。2010年のIAAFダイヤモンドリーグ400m年間王者のジェレミー・ウォリナーは、左足爪先靭帯断裂のために欠場した。北京パラリンピック男子短距離3種目の金メダリストで両足義足のオスカー・ピストリウスは四肢を失った選手として初めて世界選手権に出場し、5組3位で予選通過、準決勝で組8位46秒19の成績を残した。ピストリウスは2004年アテネパラリンピックで200m金メダリストとなった後に北京オリンピック出場を熱望していたが、IAAFは彼の出場を認めない方針を2007年に決定した。IAAFは彼のカーボン製義足が競技に与える影響についてドイツ体育大学ケルンに分析を依頼、その結果を受けてカーボン製義足が競技会の禁止行為を定めたIAAF競技規約144項の2(機械的助力の使用)に抵触するとした。ピストリウスはスポーツ仲裁裁判所に提訴、2008年5月にスポーツ仲裁裁判所の「IAAFの競技規則に抵触しない」との裁定を勝ち取って大会参加に道が開かれていた。この2011年大会にはピストリウス以外に、視覚障害を持つジェイソン・スミスが男子100mに出場した。
  • Běh na 400 metrů mužů na Mistrovství světa v atletice 2011 se uskutečnil 28., 29. a 30. srpna. Ve finálovém běhu zvítězil devatenáctiletý reprezentant Grenady Kirani James. Závodu se zúčastnil i tělesně postižený atlet Oscar Pistorius.
  • Соревнования по бегу на 400 метров у мужчин на чемпионате мира по лёгкой атлетике 2011 года в корейском городе Тэгу прошли 28, 29 и 30 августа.
  • Bieg na 400 metrów mężczyzn – jedna z konkurencji rozgrywanych podczas lekkoatletycznych mistrzostw świata na Daegu Stadium w Taegu. Obrońcą tytułu mistrzowskiego z 2009 roku jest Amerykanin LaShawn Merritt.
  • The men's 400 metres at the 2011 World Championships in Athletics was held at the Daegu Stadium on August 28, 29 and 30.Going into the Championships, defending champion LaShawn Merritt was serving a 2-year ban. The ban was still in effect during the USA Outdoor Track and Field Championships, so Merritt was unable to compete.
rdfs:label
  • 400 m hommes aux championnats du monde d'athlétisme 2011
  • Campionati del mondo di atletica leggera 2011 - 400 metri piani maschili
  • Mistrzostwa Świata w Lekkoatletyce 2011 - bieg na 400 m mężczyzn
  • Чемпионат мира по лёгкой атлетике 2011 — бег на 400 метров (мужчины)
  • Mistrovství světa v atletice 2011 - Muži 400 metrů
  • 2011 World Championships in Athletics – Men's 400 metres
  • 2011年世界陸上競技選手権大会・男子400m
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:previousEvent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of