Les Mikado de la série 141 R numéros 1 à 1340 sont des locomotive à vapeur unifiées de la SNCF qui furent largement utilisées pour tous services sur l'ensemble du réseau français de 1945 à 1974. Construites en Amérique du Nord, elles sont intimement liées au renouveau du réseau ferré français d'après-guerre et à la fin de la traction à vapeur en France.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Les Mikado de la série 141 R numéros 1 à 1340 sont des locomotive à vapeur unifiées de la SNCF qui furent largement utilisées pour tous services sur l'ensemble du réseau français de 1945 à 1974. Construites en Amérique du Nord, elles sont intimement liées au renouveau du réseau ferré français d'après-guerre et à la fin de la traction à vapeur en France.
  • Паровоз 141 R (прозвище Libération (фр. Освобождение)) — паровоз типа 1-4-1, поставлявшийся североамериканскими заводами с июля 1945 по июль 1947 гг. во Францию. Эксплуатировался на всей сети Национальных французских железных дорог.
  • Die 141R der SNCF (auch als „Mikado“ bezeichnet) ist eine Dampflokomotive mit der Achsfolge 1'D1'. Sie war von 1945 bis 1974 auf dem größten Teil des französischen Streckennetzes im Einsatz.
  • Az SNCF 141 R egy francia 1'D1' h2 jellegű gőzmozdony sorozat volt. 1945 és 1947 között gyártotta a Baldwin Locomotive Works az USA-ban. Összesen 1323 db készült belőle. Az SNCF 1974-ben selejtezte a sorozatot.
  • The SNCF 141 R is a class of 2-8-2 steam locomotives of the Société Nationale des Chemins de fer Français (French State Railways). They were used all over the French rail network from 1945–1974.
  • フランス国鉄141R形蒸気機関車(フランスこくてつ141Rがたじょうききかんしゃ)は第二次世界大戦後に米国で作られたフランス国鉄 (SNCF) の蒸気機関車。第二次大戦後、フランスでは輸送力が逼迫していた。しかし、製造基盤は打撃を受けていた為、米国とカナダから輸入される事になった。設計はアメリカ合衆国鉄道管理局 (USRA) のライトミカド型を基にしたGreen Bay & Western Railroadで良好な実績を挙げていたミカド型をSNCFの規格に合わせた。連結器を欧州型に換え、バッファーをつけ、運転席を左に設置、Nord型煙室扉、キルシャップ排煙装置が備えられた。1945年2月、1~700号機が機関車がアメリカン・ロコモティブ(アルコ)社、ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス社、ライマ・ロコモティブ・ワークス社に発注された。700~1340号機がカナダのモントレー社に発注された。最初の700両は1945年にビッグ3であるボールドウィン、アルコ、ライマの3社に発注された。2段目の640両はカナダのモントリオール・ロコモティブ・ワークスが加わった。これらの2回目に納入された機関車は最初の一団が石炭焚きであったのに対して、予熱された重油を燃焼する構造になっていた。戦後、良質の石炭の供給量は逼迫しており、SNCFは毎年900万トンの石炭を消費していたので重油焚きが強く望まれた。重油を燃料として使用する事は(今とは逆で)石炭を節約し、労働条件を改善するものだった。重油の補給は700kmで従来の400kmから伸びた。機関士は重油焚きの機関車をmazoutières または charbonnières ("coal-scuttles") とニックネームで呼び、同時に乗務員はles goudronneuses ("tar spraying machines") と呼んだ。第二次世界大戦後、アメリカの製造会社は戦時生産により生産力が増大していた。1945年7月から1946年5月までの僅か11ヶ月で最初の700両の141.Rが生産された。生産は9月から1月にかけて最高潮に達して2月、3月から5月にかけて徐々に減少した。平均すると一日あたり3両生産された。一方、(戦後フランスの産業はとても弱体化していたが)フランスでは1948年1月から1952年7月までで4年かけて34両の241Pを生産した。1975年、10月19日、最後のSNCFの141.RであるVénissieux機関区の141.R.1187が特別列車リヨンからヴェネツィアまで運転された。4両のナボネ機関区の機関車は1973年11月から1974年4月までHellenic State鉄道に貸し出された。"141R"の名称は、軸配置が1-4-1(1D1)であることから付けられたものである。"R"は、アメリカから輸入された機関車であることを示す(フランス国鉄の蒸気機関車は、軸配置+アルファベット1文字の形式番号が付けられている)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1061355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 212 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110665000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:affectation
  • Toutes régions
prop-fr:alésageCourse
  • Ø597 X 711
prop-fr:année
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1978 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
prop-fr:auteur
  • Bernard Collardey, André Rasserie
  • Jacques Defrance éditeur
prop-fr:auteurs
  • Patrice Bouillin, William Lachenal, André Presle et Denis Vuagnoux
prop-fr:capacitéEnCharbon
  • 11.500000 (xsd:double)
prop-fr:capacitéEnEau
  • 30 (xsd:integer)
prop-fr:capacitéEnFuel
  • 13 (xsd:integer)
prop-fr:commons
  • Category:SNCF 141.R
prop-fr:commonsTitre
  • Les 141 R
prop-fr:concepteur
prop-fr:constructeur
prop-fr:construction
  • de à
prop-fr:cylindres
  • 2 (xsd:integer)
prop-fr:diamètreRouesMotrices
  • 1650 (xsd:integer)
prop-fr:dispositionDesEssieux
  • oOOOOo + T
prop-fr:distribution
  • Walschaerts
prop-fr:désignation
  • 141.0
prop-fr:effectif
  • 1323 (xsd:integer)
prop-fr:exploitant
prop-fr:fr
  • Canadian Locomotive Company
prop-fr:isbn
  • 2902808089 (xsd:double)
prop-fr:lang
  • en
prop-fr:lieu
  • Grenoble
  • Paris
prop-fr:longueur
  • 14.640000 (xsd:double)
prop-fr:longueurTotale
  • 24.130000 (xsd:double)
prop-fr:légende
  • La 141 R 568, de première série, à Gray en 1981.
prop-fr:masseAdhérente
  • 80 (xsd:integer)
prop-fr:masseDuTender
  • 75 (xsd:integer)
prop-fr:masseEnService
  • 116 (xsd:integer)
prop-fr:masseTotale
  • 191 (xsd:integer)
prop-fr:modèle
  • SNCF 141 R
prop-fr:moteur
  • Simple expansion
  • avec surchauffe
prop-fr:n°DeSérie
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:pages
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 144 (xsd:integer)
prop-fr:pression
  • 15.500000 (xsd:double)
prop-fr:productionTotale
  • 1340 (xsd:integer)
prop-fr:préservation
  • 141 (xsd:integer)
prop-fr:publi
  • 1981 (xsd:integer)
prop-fr:puissance
  • 2150.0
  • à 80 km/h
prop-fr:serviceCommercial
  • De 1945 à 1974
prop-fr:surfaceDeLaGrille
  • 5.200000 (xsd:double)
prop-fr:surnom
  • Libération
prop-fr:tender
  • 30.0
prop-fr:titre
  • Le matériel moteur de la SNCF
  • Identification
  • Les dernières locomotives à vapeur d'Europe
  • Les 141 R, ces braves américaines
prop-fr:trad
  • Canadian Locomotive Company
prop-fr:type
prop-fr:unitépression
  • kg/cm²
prop-fr:utilisation
  • Service mixte
prop-fr:vitesse
  • 100 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:écartement
  • 1435 (xsd:integer)
prop-fr:éditeur
  • La Vie du rail
  • P.Bouillin
  • Ed. N.M. La vie du Rail
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Les Mikado de la série 141 R numéros 1 à 1340 sont des locomotive à vapeur unifiées de la SNCF qui furent largement utilisées pour tous services sur l'ensemble du réseau français de 1945 à 1974. Construites en Amérique du Nord, elles sont intimement liées au renouveau du réseau ferré français d'après-guerre et à la fin de la traction à vapeur en France.
  • Паровоз 141 R (прозвище Libération (фр. Освобождение)) — паровоз типа 1-4-1, поставлявшийся североамериканскими заводами с июля 1945 по июль 1947 гг. во Францию. Эксплуатировался на всей сети Национальных французских железных дорог.
  • Die 141R der SNCF (auch als „Mikado“ bezeichnet) ist eine Dampflokomotive mit der Achsfolge 1'D1'. Sie war von 1945 bis 1974 auf dem größten Teil des französischen Streckennetzes im Einsatz.
  • Az SNCF 141 R egy francia 1'D1' h2 jellegű gőzmozdony sorozat volt. 1945 és 1947 között gyártotta a Baldwin Locomotive Works az USA-ban. Összesen 1323 db készült belőle. Az SNCF 1974-ben selejtezte a sorozatot.
  • The SNCF 141 R is a class of 2-8-2 steam locomotives of the Société Nationale des Chemins de fer Français (French State Railways). They were used all over the French rail network from 1945–1974.
  • フランス国鉄141R形蒸気機関車(フランスこくてつ141Rがたじょうききかんしゃ)は第二次世界大戦後に米国で作られたフランス国鉄 (SNCF) の蒸気機関車。第二次大戦後、フランスでは輸送力が逼迫していた。しかし、製造基盤は打撃を受けていた為、米国とカナダから輸入される事になった。設計はアメリカ合衆国鉄道管理局 (USRA) のライトミカド型を基にしたGreen Bay & Western Railroadで良好な実績を挙げていたミカド型をSNCFの規格に合わせた。連結器を欧州型に換え、バッファーをつけ、運転席を左に設置、Nord型煙室扉、キルシャップ排煙装置が備えられた。1945年2月、1~700号機が機関車がアメリカン・ロコモティブ(アルコ)社、ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス社、ライマ・ロコモティブ・ワークス社に発注された。700~1340号機がカナダのモントレー社に発注された。最初の700両は1945年にビッグ3であるボールドウィン、アルコ、ライマの3社に発注された。2段目の640両はカナダのモントリオール・ロコモティブ・ワークスが加わった。これらの2回目に納入された機関車は最初の一団が石炭焚きであったのに対して、予熱された重油を燃焼する構造になっていた。戦後、良質の石炭の供給量は逼迫しており、SNCFは毎年900万トンの石炭を消費していたので重油焚きが強く望まれた。重油を燃料として使用する事は(今とは逆で)石炭を節約し、労働条件を改善するものだった。重油の補給は700kmで従来の400kmから伸びた。機関士は重油焚きの機関車をmazoutières または charbonnières ("coal-scuttles") とニックネームで呼び、同時に乗務員はles goudronneuses ("tar spraying machines") と呼んだ。第二次世界大戦後、アメリカの製造会社は戦時生産により生産力が増大していた。1945年7月から1946年5月までの僅か11ヶ月で最初の700両の141.Rが生産された。生産は9月から1月にかけて最高潮に達して2月、3月から5月にかけて徐々に減少した。平均すると一日あたり3両生産された。一方、(戦後フランスの産業はとても弱体化していたが)フランスでは1948年1月から1952年7月までで4年かけて34両の241Pを生産した。1975年、10月19日、最後のSNCFの141.RであるVénissieux機関区の141.R.1187が特別列車リヨンからヴェネツィアまで運転された。4両のナボネ機関区の機関車は1973年11月から1974年4月までHellenic State鉄道に貸し出された。"141R"の名称は、軸配置が1-4-1(1D1)であることから付けられたものである。"R"は、アメリカから輸入された機関車であることを示す(フランス国鉄の蒸気機関車は、軸配置+アルファベット1文字の形式番号が付けられている)。
rdfs:label
  • 141 R
  • 141 R
  • SNCF 141 R
  • SNCF 141 R
  • SNCF Class 141R
  • フランス国鉄141R形蒸気機関車
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of