Édouard Plantagenêt (25 février 1475, Warwick – 28 novembre 1499, Tower Hill), comte de Salisbury et de Warwick, est un prétendant au trône d'Angleterre durant les règnes de Richard III (1483-1485) et de son successeur, Henri VII (1485-1509).

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Édouard Plantagenêt (25 février 1475, Warwick – 28 novembre 1499, Tower Hill), comte de Salisbury et de Warwick, est un prétendant au trône d'Angleterre durant les règnes de Richard III (1483-1485) et de son successeur, Henri VII (1485-1509).
  • Eduard Plantagenet (Warwick, 25 februari 1474 - Londen, 28 november 1499) was een zoon van George van Clarence en van Isabella Neville, een zuster van de latere koningin Anne Neville.Hij werd graaf van Warwick in 1478, na de terechtstelling van zijn vader wegens verraad. Na de afzetting van zijn neef Eduard V van Engeland als koning, kwamen zijn rechten van troonopvolging op de voorgrond, maar door het proces wegens verraad van zijn vader, werden deze rechten niet erkend. Na de dood van Richard III's zoon Eduard van Middleham werd Eduard eerste troonopvolger, mede door toedoen van zijn tante koningin Anne Neville. Na de dood van Anne Neville, duidde de koning echter een andere troonopvolger aan : John de la Pole, de zoon van zijn zuster Elisabeth. Volgens een aantal historici was Eduard achterlijk en simpel. Na de dood van Richard III werd Eduard gevangengezet en na een ontsnappingspoging onthoofd op de Londense Tower Hill.
  • ウォリック伯エドワード・プランタジネット(Edward Plantagenet, Earl of Warwick, 1475年2月25日 - 1499年11月28日)は、クラレンス公ジョージの息子。クラレンス公の弟イングランド王リチャード3世(1483年 - 1485年)、代わって王位についたヘンリー7世(1485年 - 1509年)の統治下では王位継承権も持っていた。ソールズベリー伯爵夫人マーガレット・ポールの末弟でもある。その名が示す通り、プランタジネット家の男系男子の最後の生き残りであった。1475年2月25日、エドワードは母イザベル・ネヴィル(「キング・メーカー」とも呼ばれたウォリック伯リチャード・ネヴィルの上の娘)の実家で生まれた。彼は父クラレンス公が反逆によって私権を剥奪され、処刑されたすぐ後の1478年にウォリック伯に叙された。1483年に従兄エドワード5世が即位した。本来であればウォリックにはエドワード5世の弟ヨーク公リチャードに次ぐ王位継承権があったはずであったが、クラレンス公が私権剥奪状態であったことを根拠に(国会制定法によって覆すことは可能だったはずであるが)、継承者から除外された。エドワード5世を廃して即位したリチャード3世の一人息子エドワード・オブ・ミドルハムが1484年に急死すると、10歳のウォリックは叔父リチャードの王位継承者に指名された。これは王妃アン・ネヴィル(ウォリックの母方の叔母であり、両親の死後ウォリックと姉マーガレットを養子にしていた)の影響のおかげと言われている。しかし1485年にアン王妃が死ぬとすぐに、リチャード3世は姉エリザベス・オブ・ヨークの息子で既に成人に達しているリンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポールを、ウォリックに代えて王位継承者に指名した。この経緯について、アメリカの歴史家ポール・マーレー・ケンダルは1955年に、「ウォリックは(中略)今で言う『知恵遅れ』の少年だったと思われる」と論じている。また、英国の歴史家ジェレミー・ポッターは1983年にそれまでの歴史家の結論に基づいて、「ウォリックは(中略)単純志向であったかもしれない:後に彼は『ガチョウと鶏を区別することもできない』と言われた。」としている。恐らくリチャードは、息子を亡くして1年も経っていない失意の王妃を喜ばせるために、あくまで一時的な処置としてエドワードを王位継承者に指名したものと思われる。1485年にリチャード3世を倒してテューダー朝のヘンリー7世が即位すると、ウォリックはロンドン塔に投獄された。この時点ではまだヘンリー7世の王権は確固たるものではなく、ヨーク派の後継者として王位継承権を持つウォリックは厳しくマークされたのである。特に、1487年にランバート・シムネルがウォリックの名を騙って反逆を企てると、より厳しく監禁されることとなった。1490年には父親の私権剥奪にもかかわらず、ウォリック伯の称号を許された。ただし、相変わらずロンドン塔に収監された状態である。この状態は1499年に、ヘンリー7世に反旗を翻したパーキン・ウォーベックがロンドン塔に投獄されるまで続く。ウォリックとパーキンは脱獄を謀るが失敗し、両名とも反逆罪として絞首刑に処された。ここに、プランタジネット家の男子は絶え、女子の方も姉のマーガレットが1541年に処刑されたことで完全に断絶した。
  • Edward Plantagenet, auch Edward of York, (* 21. Februar 1474/75 in Warwick Castle; † enthauptet am 28. November 1499 auf dem Tower Hill in London) war 17. Earl of Warwick und 7. Earl of Salisbury. Er war der Sohn von George Plantagenet, 1. Duke of Clarence, (*1449 in Dublin; † ertränkt 1478 im Tower of London) und seiner Frau Isabella Neville (1451-1476), der Tochter des "Königsmachers" Richard Neville, 16. Earl of Warwick. Damit war er Neffe von zweien der drei englischen Könige aus dem Hause York, Eduard IV. und Richard III., und nach dem Tod Richards III. wahrscheinlich letzter männlicher Nachkomme des Hauses Plantagenet.Dem Haus York folgte nach Richards Tod 1485 Heinrich VII. aus dem Haus Tudor auf den englischen Thron. Dieser ließ Edward 1499 hinrichten, da er befürchtete, er könne seinen berechtigten Anspruch auf die englische Krone geltend machen.
  • Эдвард Плантагенет, 17-й граф Уорик (25 февраля 1475 — 28 ноября 1499) — единственный сын Джорджа Плантагенета, 1-го герцога Кларенса и Изабеллы Невилл, младший брат блаженной Маргарет Поул, графини Солсбери. Возможный претендент на трон Англии в период правления королей Ричарда III и Генриха VII. Он был последним законным представителем дома Йорков по мужской линии, а после его смерти угасла династия Плантагенетов в мужском поколении.
  • Edoardo di York (1475 – 1499) è stato un principe inglese e diciassettesimo conte di Warwick.
  • Edward Plantagenet, 17th Earl of Warwick (25 February 1475 – 28 November 1499) was the son of George Plantagenet, 1st Duke of Clarence, and a potential claimant to the English throne during the reigns of both Richard III (1483–1485) and his successor, Henry VII (1485–1509). He was also a younger brother of Margaret Pole, 8th Countess of Salisbury.
  • Eduardo Plantagenet (n. Warwick, 25 de febrero de 1475 - 28 de noviembre de 1499) fue el tercer hijo de Jorge de Clarence, hermano del rey Eduardo IV y de su esposa Isabel Neville hija de Ricardo Neville, conde de Salisbury -apodado el Hacedor de Reyes. Fue un demandante potencial al trono Inglés durante los reinados de su tío Ricardo III (1483-1485) y su sucesor, Enrique VII (1485-1509).
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1178875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107494961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Édouard Plantagenêt (25 février 1475, Warwick – 28 novembre 1499, Tower Hill), comte de Salisbury et de Warwick, est un prétendant au trône d'Angleterre durant les règnes de Richard III (1483-1485) et de son successeur, Henri VII (1485-1509).
  • ウォリック伯エドワード・プランタジネット(Edward Plantagenet, Earl of Warwick, 1475年2月25日 - 1499年11月28日)は、クラレンス公ジョージの息子。クラレンス公の弟イングランド王リチャード3世(1483年 - 1485年)、代わって王位についたヘンリー7世(1485年 - 1509年)の統治下では王位継承権も持っていた。ソールズベリー伯爵夫人マーガレット・ポールの末弟でもある。その名が示す通り、プランタジネット家の男系男子の最後の生き残りであった。1475年2月25日、エドワードは母イザベル・ネヴィル(「キング・メーカー」とも呼ばれたウォリック伯リチャード・ネヴィルの上の娘)の実家で生まれた。彼は父クラレンス公が反逆によって私権を剥奪され、処刑されたすぐ後の1478年にウォリック伯に叙された。1483年に従兄エドワード5世が即位した。本来であればウォリックにはエドワード5世の弟ヨーク公リチャードに次ぐ王位継承権があったはずであったが、クラレンス公が私権剥奪状態であったことを根拠に(国会制定法によって覆すことは可能だったはずであるが)、継承者から除外された。エドワード5世を廃して即位したリチャード3世の一人息子エドワード・オブ・ミドルハムが1484年に急死すると、10歳のウォリックは叔父リチャードの王位継承者に指名された。これは王妃アン・ネヴィル(ウォリックの母方の叔母であり、両親の死後ウォリックと姉マーガレットを養子にしていた)の影響のおかげと言われている。しかし1485年にアン王妃が死ぬとすぐに、リチャード3世は姉エリザベス・オブ・ヨークの息子で既に成人に達しているリンカーン伯ジョン・ドゥ・ラ・ポールを、ウォリックに代えて王位継承者に指名した。この経緯について、アメリカの歴史家ポール・マーレー・ケンダルは1955年に、「ウォリックは(中略)今で言う『知恵遅れ』の少年だったと思われる」と論じている。また、英国の歴史家ジェレミー・ポッターは1983年にそれまでの歴史家の結論に基づいて、「ウォリックは(中略)単純志向であったかもしれない:後に彼は『ガチョウと鶏を区別することもできない』と言われた。」としている。恐らくリチャードは、息子を亡くして1年も経っていない失意の王妃を喜ばせるために、あくまで一時的な処置としてエドワードを王位継承者に指名したものと思われる。1485年にリチャード3世を倒してテューダー朝のヘンリー7世が即位すると、ウォリックはロンドン塔に投獄された。この時点ではまだヘンリー7世の王権は確固たるものではなく、ヨーク派の後継者として王位継承権を持つウォリックは厳しくマークされたのである。特に、1487年にランバート・シムネルがウォリックの名を騙って反逆を企てると、より厳しく監禁されることとなった。1490年には父親の私権剥奪にもかかわらず、ウォリック伯の称号を許された。ただし、相変わらずロンドン塔に収監された状態である。この状態は1499年に、ヘンリー7世に反旗を翻したパーキン・ウォーベックがロンドン塔に投獄されるまで続く。ウォリックとパーキンは脱獄を謀るが失敗し、両名とも反逆罪として絞首刑に処された。ここに、プランタジネット家の男子は絶え、女子の方も姉のマーガレットが1541年に処刑されたことで完全に断絶した。
  • Эдвард Плантагенет, 17-й граф Уорик (25 февраля 1475 — 28 ноября 1499) — единственный сын Джорджа Плантагенета, 1-го герцога Кларенса и Изабеллы Невилл, младший брат блаженной Маргарет Поул, графини Солсбери. Возможный претендент на трон Англии в период правления королей Ричарда III и Генриха VII. Он был последним законным представителем дома Йорков по мужской линии, а после его смерти угасла династия Плантагенетов в мужском поколении.
  • Edoardo di York (1475 – 1499) è stato un principe inglese e diciassettesimo conte di Warwick.
  • Edward Plantagenet, 17th Earl of Warwick (25 February 1475 – 28 November 1499) was the son of George Plantagenet, 1st Duke of Clarence, and a potential claimant to the English throne during the reigns of both Richard III (1483–1485) and his successor, Henry VII (1485–1509). He was also a younger brother of Margaret Pole, 8th Countess of Salisbury.
  • Eduardo Plantagenet (n. Warwick, 25 de febrero de 1475 - 28 de noviembre de 1499) fue el tercer hijo de Jorge de Clarence, hermano del rey Eduardo IV y de su esposa Isabel Neville hija de Ricardo Neville, conde de Salisbury -apodado el Hacedor de Reyes. Fue un demandante potencial al trono Inglés durante los reinados de su tío Ricardo III (1483-1485) y su sucesor, Enrique VII (1485-1509).
  • Eduard Plantagenet (Warwick, 25 februari 1474 - Londen, 28 november 1499) was een zoon van George van Clarence en van Isabella Neville, een zuster van de latere koningin Anne Neville.Hij werd graaf van Warwick in 1478, na de terechtstelling van zijn vader wegens verraad. Na de afzetting van zijn neef Eduard V van Engeland als koning, kwamen zijn rechten van troonopvolging op de voorgrond, maar door het proces wegens verraad van zijn vader, werden deze rechten niet erkend.
  • Edward Plantagenet, auch Edward of York, (* 21. Februar 1474/75 in Warwick Castle; † enthauptet am 28. November 1499 auf dem Tower Hill in London) war 17. Earl of Warwick und 7. Earl of Salisbury. Er war der Sohn von George Plantagenet, 1. Duke of Clarence, (*1449 in Dublin; † ertränkt 1478 im Tower of London) und seiner Frau Isabella Neville (1451-1476), der Tochter des "Königsmachers" Richard Neville, 16. Earl of Warwick.
rdfs:label
  • Édouard Plantagenêt (1475-1499)
  • Эдуард Плантагенет, 17-й граф Уорик
  • エドワード・プランタジネット (ウォリック伯)
  • Edoardo di York (1475-1499)
  • Eduard Plantagenet
  • Eduardo Plantagenet
  • Edward Plantagenet, 17. Earl of Warwick
  • Edward Plantagenet, 17th Earl of Warwick
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of